« 彼女のオートバイ、彼女のセーター。 | トップページ | 梅雨明け万歳で奥会津 »

2007年7月28日 (土)

スカイバレー 雨のち霧にて ゴール霧中!

 昨日まで 良かった天気が崩れた・・・ 今日は休みなのに、 今まで晴れていたのに・・・・・。

さて、朝から 雨  である。 僕はかなり怒り心頭である。冒頭にも述べたが、昨日までは天気だったのに、
本当に狙い済ましたように 休みに限って 雨。かなりのいきおいで降っている。今日も自転車はお預けなのか???  いやいや、雨が降ったって 乗れるよな!!  そうだっ もういいっ!! ぬれたっていい!! 裏磐梯に行こう!!  いそいそと準備開始、着替えとタオルを多めに持って いざ 出発。

今日は スカイバレー ヒルクライム大会の今年のコースを走る事とした。以前から走りたくて 疼いていたコースだ。スタート場所が手前に移動され、裏磐梯国民休暇村の多目的広場よりスタート。距離が約6.5㌔伸びて 16.5㌔になった。 僕はまだ そのコースは走っていないので、 どこまで行けるか試走をしたかった。



”スカヒル2007”のコース地図。


裏磐梯の天気は 小雨。 しかし空は西から明るくなってきている。 午後1時03分 誰もいない休暇村をスタート。 本日のドリンクはトモエ乳業のホワイトマスカットジュース!。氷をいっぱいに入れたボトル2本に注いでシュッパーツ!!

P1050131
  裏磐梯国民休暇村をスタート

休暇村からスタートすると、左に檜原湖を望む湖岸道路を走る。軽いアップダウンを繰り返し、適度なRのコーナーを駆け抜ける。小雨が降っていたが、周りを囲む雑木林の葉っぱ達が上空に張り出し、天然の雨傘となってくれているのであまり濡れないですんでいる。見上げると空は西からどんどんと明るくなっているように思える。 アップダウンの続く道を時速30㌔前後で走る。結構疲れる・・・


P1050128
気持ちがいい早稲沢までの道。


大丈夫なのであろうか、早稲沢までの道で足が疲れてきた。こんなんで、スカイバレーをノンストップで登れるのか、心配になってきた。 でも考えてみたら、ウォーミングアップをほとんどしていないから、脚が廻らないのは当たり前である。気持ちを切り替えて、早稲沢までをウォーミングアップ区間と考え、のんびりと漕ぐ。 10分ほどで 早稲沢の直線に出た。長い直線である。 さあ! ここからだあ〜!! 気合いを入れる。


P1050123

湖岸を少し離れ、早稲沢への直線、若干の下りで集落に入って行く。


さあさあ、登りだ、ヒルクライムだ!! きついぞ〜  


P1050120
早稲沢の集落からすぐに 登り始める。ここは集落をぬけるところあたり。


道はまっすぐにすすむ。ゆるやかな長〜い登りが続く。脚が出来上がっていないとキツい区間でもある。
呼吸が荒くなって来る。今回は少しでもタイムも縮めたいのでがんばって踏んでく。僕のダメな所はダンシング( 立ちこぎ ) が苦手な所、スピードが保てない。脚力不足・・・・・あ〜。

P1050119

徐々に勾配もキツくなって来る。スカイバレー まだ 序の口。


ひたすらペダリングを続ける。 意識的に脚を廻す。踏むだけではなく、引き上げる。がんばるぞ〜。
きつい勾配は楽に行こう と自分に言い聞かせる。とにかくずぇーったいに止まらないように!!!  汗がほとばしる。喉がカラカラだ。 ボトルを手に取り ホワイトマスカットジュースを喉に流し込む。 冷えてて旨いっ。 第1のコーナーを抜ける。あ〜絶望的に 登り坂が目の前にまた現れる。


P1050114

緩やかなコーナーを抜ける。


P1050113

当然 まだまだ登る。  ハッハッハッ、、、、 と自分の息使いと車輪の廻る音だけ。


 こんな感じで道は登り続ける。

P1050112

P1050111

P1050110

P1050106


P1050104

コーナーが続き、標高はぐんぐん上がる。僕のテンションも上がって行く。ヘアピンを駆け上がる(ゆっくりと) すると・・・

P1050102

さらなる キツさ。  ヨッシャーっ!! のぞむところだ!!!   わっせわっせ、、、、


P1050101

ひたすらひたすら こんな感じ。 しかし景色は素晴らしいのであって、、、 ふと 振り返れば。


P1050098

おおーっ 檜原湖と早稲沢が あんなに下に見えるではないか〜、 んでも まだまだ。

P1050093

ヘアピンコーナーの

P1050095

連続が続く。 ライン取りが重要である。

P1050086

空にむかって登って行く感じ。 きついけど 気持ちいい。

P1050084

こんな感じ  いい感じ。

P1050077

ハッハッハッハッ いやーきついね〜  

P1050076

いつの間にか天気が回復してきた。雲がドラマティックでいい。


P1050075

まだまだ 、、、、、でも 空が確実に近くなってきた。


P1050072

P1050067

雲が眼下に。 ”わたあめ” みたいに 可愛い雲だった。

P1050064

頑張る 僕なのだ。 


P1050057

シートが合わないのだ、お尻が痛い!!


P1050056

霧が出てきた。


P1050050

ゴールは近い!! がんばってます。
空からグォーってスザマしい爆音が!! ひぇ〜 雷か って思ったら、またしてもジェット戦闘機・・・
あの音は んー また ファントムか。 いい加減にしてくれ。 またびびって止まってしまいそうになったじゃないか!!!  怒


P1050048

最後の登りが続く、、これがけっこう大変。勾配は緩いんだが。

P1050047

かなり ヘロヘロ 、、、、、もうちょいだ〜!!

P1050044

これが 正真正銘最後の登り。 登りきると、、、


P1050043

下って 左側にゴールのパーキングが見えて来る〜 最後に漕ぎまくって 時速50㌔ 達成!!


P1050042

ゴールに佇む。ちかりた〜。 


P1050031

所要時間 1時間13分。  遅い・・・

P1050033

距離

P1050034

最後の下りで記録した最高速度


あ〜 なんとか ノンストップで登って来れた。 脚はそれ也にすこ〜し 進化したかな? しかし タイムが伸びない。 本番頑張って 少しでも早くなれますように。
ちなみに 今回の写真だが、実は下る際に 再現用に撮影したもので、実際に登っている時に撮ったものではないので、どうかご了承いただきたい。 

さあ、ヒルクライム大会まで あとひと月ちょっと。 練習 しなきゃいかんな〜。 まだまだだ〜!!


P1050041

ゴールは霧の中 ゴール霧中 。 あれ?・・・・・


さてさて下山である。
P1050117

下りで一生懸命スピード出した・・・ 

P1050132
ファンカーゴの元に 無事とうちゃーく。 記念写真。

P1050130

次の休み、晴れるといいな〜 っと願うのであった。 檜原湖とスズメバチ。

|

« 彼女のオートバイ、彼女のセーター。 | トップページ | 梅雨明け万歳で奥会津 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 彼女のオートバイ、彼女のセーター。 | トップページ | 梅雨明け万歳で奥会津 »