« 第2回スカイバレーヒルクライム大会 PART 1 | トップページ | むかえ坂 強者どもが夢の跡 夏秋 (かしゅう)混じりて いとさみし。 »

2007年9月 3日 (月)

第2回スカイバレーヒルクライム大会 PART2

男子ロードBが スタートしたあと、ついにMTBクラスがスタートする番だ。不思議にまったく緊張していない。それって、あんまし やる気がないってことなのか?? 自問自答・・・      ??  いやいや すこしでも タイムをあげたかったし、順位はまあ、、、 あんまし考えていなかった  、、、かな。 めざせ完走 ♪♪


P1000318

スタート地点へ。   緊張感無しの僕は 写真撮影。 

  

カウントダウン、、、 5,4,3,2,1 BAーーーNN!!!☆  各車一斉に スタート。  あちこちから カチッ カチッ と クリートのセットされる音が聞こえる。 僕は、右足のクリートをセットするのに 少し手間取る、、がすぐにセットオン。 MTBは出走が41台 との事。集団での走行はなかなか 体験出来ない。はっきりいって、去年のこの大会以来だ。 ツール ド フランスの解説でよく 耳にする空気抵抗の軽減 えーと なんと言ったか、、、忘れた、 が まあいいや 話を続けよう。前回はそんな事を考える余裕なかったし、スタート後 すぐに坂道だったからもあり、まったく感じなかったが、今回はスタート後、しばらく平坦路 たまに下りもあるコースゆえ、しばらく集団走行が続く。するとどうだろう、30㌔くらいで 前の選手に近づくと風切り音が変わった。おお〜 これがあの  ○○○、、、なのか!!  あっ 今思い出した!! ドラフティング。 そうそう たしか そうだった。 んん ドラフティング効果が感じられた。

道はくねくね いつもの湖岸道路。 抜きつ 抜かれつが続く。なんとか 集団から離されないようにペダルを廻す。ゆるい登り、ん〜 また ふとももがーっ なんでこんなに早く乳酸たまるのだ!!! 脚がしびれるように痛い。引き離されないようにダンシング、そしてすぐにシフトダウン&シッティング。軽いギアで回転数をかせいでスピードを維持する。というかそれしか出来ない。 スタートから5㌔を過ぎ、早稲沢が近づいてきた頃、僕の前の 集団との差が広がる。まずい!! 引き離されるーっと思ったが まあ、ここでもがいても 間違いなく早稲沢以降の本格的登りのステージでへたってしまうだろう。 諦めがいい僕の前から集団の姿は消えて行った。

早稲沢が見えてきた。さあ!! こっからが登り本番だ。脚よ 痛くならないでがんばってくれよ、、、 と祈りつつスカイバレー小椋商店前へ 前を行く選手とペースを合わせて 坂道に突入する。 
  

P1000319

スカイバレー小椋商店前。 ここから 本格的なクライムがはじまる。前を抜かないと、、、、、 ガンバ!


集団がばらけ、速い選手たちは先に行ってしまった。やはり、とっても着いて行けたものではない。まあ、とにかくペダルを廻し続けよう。決して止まらずに行こう。おのずと結果は着いて来るものだ。
 規則正しく ハッハッハッ  の呼吸。緩く 長い ストレートの登り。 後ろにどれだけの 選手がいるのか、気になるところであったが、振り返るとおそらく ペースが乱れるような気がするのでただ ひたすら登る事とする。 前の選手を抜いて、なお その前を追う。時々、後ろを走っていた選手に抜かれたのだが、台数はよく覚えていない。抜かれたのは 合計5台くらいだったか?  長いストレートが終わり、いよいよコーナーが続く峠区間へ。 この頃になると、先に出発したロードや MTB女子がちらほらと 現れる。 彼等をパスしつつさらに登る。100㍍くらい先に MTBの選手が見えてきた。平坦路で僕をちぎったグループにいた選手と思われる。スタートしてから 10㌔くらいのこの辺りは 勾配もきつく、スカバレの中でももっともキツい区間である。この辺りの路肩にはバテテ休んでいる選手も現れだした。 みなさん ガンバですよ〜 と心の中でつぶやきつつ、その脇を通過。 ブログのために写真を撮りたかったが、さすがに登りに集中しないと、後ろに抜かれそうな気がして写真断念、、、 まあ、これが当たり前なのだが。
 

しばらくすると、前方に黄色いジャージの選手を発見。200㍍くらい先であろうか。この選手をベンチマークにし、僕は彼を勝手に マイヨ ジョーヌ とみなし、追走開始。マイヨまでの間に 2、3人の選手がいる。
ペースをあげる事はきついが、ダンシング出来るところは ダンシング!! でも 長くは続かない。 ここが決定的にだめだなあ〜。シッティングのペースも遅いのだから、これでは話にならない。 トップの選手達はすごいんだろうな〜 などとぼんやり 考えながらペダリングを続ける。ロードバイクは軽いから 全然ちがうんだろうな〜 とか、、、  

マイヨまでの距離は微妙に縮まっているようには感じるが、なかなか 近づく といった感じはない。 途中でTREKのロードバイクが休んでいた。結構 本格的な感じがする選手だったので、なんとなく嬉しく思う。いやらしいと思うが、そういう選手を抜けるのは レースだから、、、嬉しいのである。 何人の選手を抜いたか分からないが、去年より多いのは確かである。 などと 思っていたら、後ろから迫るペダリングの音。 ありゃりゃ さっきの TREKだ。 あっというまに 僕の脇を通過して行った。  「 あ〜  休んで体力回復したんだ〜 」   がっかり、、、


マイヨを追って、東スリ鉢山七曲がり地点を通過。 間にいた選手をパスする事は出来たが、やはりマイヨは遠い。ここまでくれば ゴールは近い。ヘアピンカーブをダンシング!!  そしてヘバって シッティング。サイクルコンピュータ  ( 略して サイコン。 僕が住んでいるのは 菜根。  なんちって、、、すみません。)を見る。距離は15㌔を越した。コース上のスタッフからも 「 もう 少しですよー!! がんばって〜 」の声が飛ぶ。 なんとか マイヨに追いつこう!! ゆるい登りでダンシング。脚に乳酸いっぱい つらいつらい!!  すこしづつ距離が縮まっている。道は緩い勾配が続き、空が近い場所まで上がってきた。この先は勾配はゆるい。フロントのギアをミディアムにチェンジする。乳酸でいっぱいの脚をがんばって廻す。スピードがあがる、、が、みんな考える事は一緒。マイヨもスピードアップ。Rの大きいS字カーブを駆け上がる。カーブを抜けると、直線になり、勾配はちょっときつくなる。 この直線をクリア出来れば後はほとんど平坦になる。
最後の勾配、、、きつかった。   結局 マイヨとの距離は縮まったが、パスには至らず、、、、、  

白布峠頂上付近 ゴール地点  周囲のスタッフからの応援の声を受けながら 最後のダッシュで ゴーオール イン!!!!!!!!!  ピッ というタイム計測の音と共に スカイバレーヒルクライム大会  が終わった。 終わってしまった。  スズメバチよ、ありがとう。またここまで連れてきてくれて。


P1000324

霧がけぶる白布峠駐車場。 すごい混雑である。おそらく 1年で一番賑わっている様。


P1000321

僕の疲労を表現しているように倒れている  ” スズメバチ ”


次々にゴールして来る選手達、みんな 頑張った。 完走おめでとう!!! 

P1000328


P1000329


P1000326

スタッフ、警察関係、お世話になりました。


P1000325

これは 無線車。これで休暇村の本部と無線でやりとりをするそうだ。 すごい!


 
P1000347

中央のマドンのおとうさん、58才 新潟からの参加だそうだ。 ジェントルでスポーツマンでかっこよかった。こういう年の取り方をしたいなあ。


駐車場で、ドリンクと水のサービスをうける。まわりでは、完走をたたえあったり、走りについて熱く語っていたり、、、 愉しそうだ。チームで出場したら 愉しいのだろうな〜 と 一人 孤独を楽しむ。上の写真のマドンのおとうさんと 談笑。 


30分ほどで 下山開始、 台数が多いので2グループに分けて下山。 僕は第1グループで下山することに。


 
P1000350

P1000364


P1000357


P1000363

P1000362

  1グループ200台くらいで下山。事故なく無事到着できた。 何よりである。


P1000419


休暇村にもどり、まずは豚汁サービスへ。 これが楽しみだったのだ。 

P1000459

地元の方々の協力。 これって 本当にあったかくって ありがたい。

 

閉会式、各クラスの 上位選手の表彰が行われた。  タイムが  36分とか 37分とか、、、すごすぎる、、、 
式では 各クラス別の表彰、、、そしてお楽しみ抽選会などが行われ、熱かった選手達をクールダウンするかのように おだやかに 時間が過ぎて行った。

P1000476

アスリートクラスの上位選手たち、、、、 雲上人たちよ    何食べてんですか?


P1000464


おわってしまった、、、 僕の夏の大きな思い出。 秋の気配がまた 濃厚になった裏磐梯であった。
また、来年も参加させてもらいます。練習しなければいけないな・・・・・ 減量? んー それは難しい。

選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。 また 来年 この 素晴らしい大地 裏磐梯で会いましょう・・・
スタッフの皆さん、ありがとうございました。今年の本当に愉しく裏磐梯を肌で感じられました。裏磐梯から自転車が 文化として発信されますよう・・・また来年もよろしくお願いします。


|

« 第2回スカイバレーヒルクライム大会 PART 1 | トップページ | むかえ坂 強者どもが夢の跡 夏秋 (かしゅう)混じりて いとさみし。 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ゆ〜ちゃん、コメ サンキューです! 痛いとこ つくね〜。まったくなんで痩せんのか””?? はっきり言って、それは食べるからだね・・・・・ まあ、通勤にも自転車を使えたりしたらいいんだけどね。仕事柄、難しいし。もっと乗る時間を増やせばいいんだけど・・・ まあ、そのうちなんとかなるべー  って

そのうち そのうち と言って 日が暮れる。   相田みつおより
・・・・・   
今日出来る事は、明日も出来る。              マットシ語録より

んー これじゃなかなか 痩せんな。


祭り 遊び来なよ=    9/27〜29までだよ。

投稿: マットシ | 2007年9月10日 (月) 09時21分

拝見させていただきました。すごいね!何で自転車あんなに
乗ってんのに痩せないかな~!?あっ筋肉か!!
まっ良い趣味ですな。                          お祭り楽しみだね。子供連れて行きます。していつなんだっけ?

投稿: ゆ~ | 2007年9月10日 (月) 09時00分

こんばんは、 ぐーDOGさん。いやはやおもしろかったよ〜。
もちろん それなりにつかれたけど 充実した1日だったよ。
今度、一度登ってみようよ!! 景色もすばらしいし、なんか肌で感じられる 裏磐梯って感じ・・・ いいよ〜。
何はともあれ 遊びに来ナサーイ。

投稿: マットシ | 2007年9月 4日 (火) 02時43分

お疲れ様でした(^^)

サポート部隊が無しだったのですね!!
申し訳有りませんでした(泣)

来年はチームとしてFULLサポート体制かな??
BIKEも入荷済みだし…(爆)

お話を聞きにお家に伺いますので…宜しくダス。

でも…一度スカイバレーを一緒に走りたいですね(^^)

投稿: ぐーDOG | 2007年9月 4日 (火) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第2回スカイバレーヒルクライム大会 PART 1 | トップページ | むかえ坂 強者どもが夢の跡 夏秋 (かしゅう)混じりて いとさみし。 »