« 第2回スカイバレーヒルクライム大会 PART2 | トップページ | 気が抜けて、力が抜けて、なにをか言わん、遅い自己への遠い希望よ »

2007年9月 4日 (火)

むかえ坂 強者どもが夢の跡 夏秋 (かしゅう)混じりて いとさみし。

昨日、第2回 スカイバレーヒルクライム大会が終わった・・・   今日は 脚の疲労も多少はあるものの、せっかくの休日。 二日酔いに むかえ酒 というものがあるが、僕の今日は むかえ坂 とでも言っておこう。
”奥 ” のお手伝い( 掃除機かけ)とかをして、 彼女の出勤を見届けると、いそいそとお出かけ。向かうは
裏磐梯。スカイバレーを今日も登っちゃる!! ためである。
郡山は朝からどんよりの空模様。しかし予報では最高気温 30度、久しぶりの真夏日とのこと。本当かな? と思いながらR49を”ファンカ” はひた走る。中山宿の峠を越えると空は明るくなり、猪苗代 上戸浜付近から空は晴れ渡り、ムーンルーフからは夏の日差しが差し込んでくる。うっひゃあ〜 最高!!! 裏磐梯へ急げ急げ〜!! はやく乗りたい スズメバチ。
11時30分頃、休暇村に到着。そこには、当たり前かもしれないが、すっかりと静まり返り、普段の静寂に包まれた裏磐梯があるわけで、昨日の ”夢”のような思い出を胸に、スズメバチにまたがり いざいかん!!

 P1000316_2

きのうは 東都バスも輸送任務に駆り出されていたが・・・


P1000697

今日は 数人のお客を乗せ、静かに運行中だった・・・


P1000535

すっかりきれいに かたずけられた 休暇村多目的広場。そこにあるのは蝉の鳴き声と秋の虫の鳴き声だけ・・・  


雲は 力はないが、入道くん 久々の登場である。空気が澄んで最高の自転車日和。 昨日と同じ、スカイバレーへ。今日は言うなれば、リハビリ。 のんびりゆったり登って行こう。写真を撮りながらのポタリング。
それでは、本日の”スカバレ” を どうぞご堪能あれ。


P1000541

ドロドロドロ〜 と野太い排気音を響かせ ボンネットバス ”森のくまさん号”が出発。 さて僕も出発しよう!

P1000546

 早稲沢集落。

P1000547


P1000549

いざ 登らん 白布峠へ。

P1000553


最初のストレートな登り。あたりはススキがいっぱい。


P1000555

ちょっと弱った ギンヤンマが スズメバチにて休憩をとる。命が燃え尽きようとしているんだなあ・・・


P1000557

ひたすら 登るのは昨日と同じ。しかし 今日は暑い。夏が戻ってきた!!        嬉

P1000569


裏磐梯 遠景 すばらしい眺め。疲れた体が癒される。


P1000575

ただ ひたすらに・・・ 空にむかって。


P1000577

振り返れば


P1000583

確実に 高く高く。

P1000587

桧原湖遠景。


P1000584

P1000590

虫たちからも 季節の移ろいが感じられる。春は ブヨがまわりを飛び交うが、今はトンボが飛び交っている


P1000620

磐梯山に 入道雲がかかるが、ススキとトンボが・・・ 夏 秋 混在。

P1000613

入道雲と絹層雲 空にも 夏 秋 混在 入れ替わりの季節。

P1000599

頂上ちかくの ブナたちが最後の緑を輝かせていた。まるで星々が最後に最大の輝きを放つように。


P1000610

ゴールは間近。 わきたつ雲がほんとうに白い。

P1000636


P1000631


P1000626


P1000619

P1000645

P1000642

頂上 到着!! 静寂。トンボがものすごい数だ。

P1000323

昨日の頂上。ヒルクライマーがものすごい数だ。  

P1000656

西吾妻から 白くわきたつ雲。夏の終わりの 最後の夏雲。


  
P1000662


さて、ぼちぼち 下ろうか。

P1000671

山形側には 夏雲が。


P1000670

福島側には秋の雲。


P1000672

景色に見とれ名残惜しさいっぱい。また来るよ! 

 P1000674

無事下山、、、早稲沢へ 到着。 毎年お世話になる お母さん。今年も高原大根買いに寄ってみた。
お母さん、実は昨日のレースでトウモロコシを会場で売っていたんだそうである。 気がつかんかった〜
参加者に配られた 3本のトウモロコシは お母さんが作ったそうだ。ありがとう!!

P1000675

焼きトウモロコシを 2本も御馳走になってしまった。 これ!! 最高にうまい!!!! 
10月になると” 山なめこ ”の季節、絶対に来ないといけない。味噌汁に入れるとたまらないうまさ。


P1000692

大根とトウモロコシを買い、休暇村を目指す。檜原湖の湖面が美しい。


休暇村 多目的広場に無事到着。 夏と秋を感じられた一日。大好きな裏磐梯がさらに好きになった気がする。今度は家族と、仲間たちと来たいなあ。冬が来る前に。


P1000694

だれもいない 休暇村広場。  なんとも言えず 寂しかった。 


P1000667


 ”寂しきは 強者どもの夢の跡 また登りたし 空晴れの西吾妻山”

|

« 第2回スカイバレーヒルクライム大会 PART2 | トップページ | 気が抜けて、力が抜けて、なにをか言わん、遅い自己への遠い希望よ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第2回スカイバレーヒルクライム大会 PART2 | トップページ | 気が抜けて、力が抜けて、なにをか言わん、遅い自己への遠い希望よ »