« 秋雨が、空気を冷やし、夏遠く、日本が揺れて、心むなしや。 | トップページ | 人生の 至高の時は こんな時 ビール片手に 紡ぐ時間よ。 »

2007年9月14日 (金)

空高く、スカイラインに、登り往く、浄土平で、僕肥える秋。

 今日は、またまた休み。( しかし 3連休は全くない!! ) 自転車に乗らなきゃ!! 天気は上々〜 
ブログアップが遅れてすみませ〜ン!! 昨夜は疲れたのか、祐太郎と一緒に思わず ZZZ・・・


 さて話を戻そう。奥が会社に出かけてから、一度会社に行って 一仕事   と思ったが、、、 やめーッ   今日出来る事は明日でもできるう〜。 でも結局、家を出たのは 11時くらいになってしまった。さてさて、どこへ行こうか ?
毋成グリーンラインを通り、( 通行料無料 )裏磐梯へ。 スカイバレーもいいけど、他の峠も登りたいな、、、 思い切って 福島県屈指の山岳有料道路、、「 磐梯吾妻スカイライン 」 よしっ!! がんばろ!!

毋成を越えて、沼尻温泉を通り、115号線に出て土湯方面に10㌔ほど走ると、スカイラインの入り口だ。 


P1060281


P1060287

スカイライン入り口には、今問題になっている、”土湯ドライブイン跡” が 廃墟となっている。 むかしはすごく混んでたんだけどな〜。時代の変遷に埋もれてしまった・・・・・


P1060285

廃墟と言えば、ここも有名、すこし戻ったところにある数々の恐怖伝説? よく分からないが。 がある、” 横向ロッヂ ” 夜はコワイ。   写真左側の建物。いわゆる” おばけやしき ”   でも建物にスプレー落書きするおばかが集まるから ” おばかやしき ”!! 

ふりかえると、高校3年の秋、S郎と一緒にこの横向ロッヂまで自転車で登ってきた。ちょうど、この横向で天候悪化のため、スカイライン行きを断念し、毋成を通って帰った失敗ツーリングの苦い思い出がある。 僕とS郎の間では、スカイラインをスカって、毋成を帰ったから、””  スカボナ  ”” と呼んでいた。 まあ、このときはもちろん、郡山から自転車だったのだが、今回は ファンカ の力を借りてはいるが、まあ、僕的には リベンジ という事になる。よーし 頑張っちゃおう!! と気概も新たに・・・

スカイラインは 有料道路である。 あ〜 有料道路を自転車で走るのも 高校生の時以来だなあ〜。なんか、自転車で料金所に並ぶ感覚が すごく懐かしい。「 こんにちは〜 」 料金所のおじさんとの挨拶も笑顔が出る。通行料金は 150円 普通自動車の1/10である。 おじさんもにっこにこ! の笑顔。 「自転車、頑張ってますね〜、、そういえば、30分くらい前に夫婦か カップルかな、男女2人が登って行ったよ 」 との事。 あ〜 ロードバイクかな? 上で会えたらお話出来るかな? と思いつつ、また帰りによりま〜す!! 

P1060291
 
笑顔がすばらしい、料金所のおじさん。 自転車って人の笑顔が見られる乗り物であるなあ。 いいっ!


さっ ! スズメバチ 赤い彗星が果たせなかった、浄土平をめざせ!! 距離は 14㌔ほどとのこと。
スカイバレーは 休暇村から 16.5㌔ だから 比べても以外に短い。 はじめてのコースだし、眺めがいいので、写真を撮りながらのんびりペースで行こう。料金所からは本当に緩やかな登り。勾配の無さにちょっと拍子抜け。しかし、走り始めた場所の標高が結構高いから、こんなものか。最初はまだ 脚に血が入らない。我慢我慢 で登りを続ける。しかし、眺めが最高だ。天気もいいから、久々に気分が高揚!! 

聴いちゃいけない 掟破りのi-Pod からは、世界遺産のテーマが聴こえてくる。眺めと音楽が完全一致。まるで 世界遺産のテレビを自分の目で見てるような感覚。( 僕の目は近眼で ハイビジョンにはほど遠いが、、、笑 )

P1060290
日本の道 100選にも選ばれている。

P1060292

裏磐梯を一望。手前のこんもり山は 高森山。すばらしい眺望だー!

P1060297

最初はなだらかだったが、徐々に勾配は急になってきた。


しかし、久々に登ってみたが、眺めがいい、写真を撮る場所がたくさんありすぎて、止まっては撮り、走っては止まり、また撮る、、、の繰り返し。それもあって、脚にストレスがたまらず、非常に楽に走れる。勾配の緩さもあるが、のんびりポタリング。ん〜いいものである。 これなら、うちの ” 奥 ”も祐太郎も頑張れば浄土平まで行けるのではないだろうか?   yさん、syuちゃん Goodogさんもいかが? 今度登ってみる? オススメのコースである、これからの季節とっても素敵な一日が過ごせること請け合い!!
 周辺の植物を見てみると、高山性の植物が多い。樹木もスギ科の物が多く、森林限界に近い雰囲気である。ちょうど、乗鞍を頂上に向かっているときの雰囲気に似ている。時折、道の脇にとっても綺麗な水場もある。水場はスカイラインには何カ所もあった。今回は飲まなかったが、次回は飲んでみよう!! 旨そうだったなあ。
 それから自転車で登っていると、いい物、それは音!!! 水場から聞こえる流れの音。これはとても清らかに、美しき音に聞こえる。喉が渇いているから、なおさらなのだろう。車やオートバイでは聞こえて来ないかすかな美しい音、とてもいいものである。これからの季節は賑やかな蝉の声が聞こえなくなり、秋の虫達のオーケストラが聞こえてくる・・・・・ そしてそれが終わると、風にざわめく落葉前の葉っぱたちのセレナーデ・・・・・ そして落葉。今度は道路を転がる落葉たちのレクイエム。 音、匂い、気温、湿度、空気感、色々感じられる、いや感じたいものである。それらを叶えてくれる乗り物は 自転車だけ。


P1060299

空気感、、、つたわるかな?

今回は本当に、のんびり走っているので、心地いい、スカイバレーだと 1 の1でわっせわっせ と廻しているが、今回は1の3か 2の3くらいでものんびり廻せる。気温も低くなってきたので、ヘルメットのバイザーから汗がほとばしる事は、ついぞなかった。 景色は裏磐梯、そして 安達太良連峰を一望、、、 場所によっては スカイバレー方面の西吾妻も眺められる。西吾妻を見ると、「 あ〜あの下にスカイバレーがあるんだなー」 ってなぜか感傷的な気分。もともとスカイバレーが大好きだったので、浮気してるような!?
妙な罪悪感のような なんとなく変な感じ。 


P1060388

西吾妻山、スカバレよ すまんすまん!! またお前にも会いに行くかんな・・・ などと思いつつシャッターを切った。 


P1060319

標高1400m通過、時計のアルティメーターをリセット。


P1060309

ふりかえれば、今登ってきた道はこんな感じに眼下に見える。 ガンバってんなあ〜 俺・・・


P1060321

磐梯山と 遥か彼方の 猪苗代湖、見えるかな?

P1060320

見えないとおっしゃる 諸兄のために 望遠レンズで覗いてみたら・・・ 

P1060348

安達太良連峰である。山塊っていう言葉がぴったり。素晴らしい山である。


安達太良連峰、、、郡山から見る山容とはまるっきり違う。ここから眺めれば、なんかミニチュアチックでもある。安達太良は連峰であるから当たり前なのだが、本当に多面的。場所を変えれば色々な表情に会える山。なんかいいな〜。 こんな景色を眺めながら走ると不思議と疲れない。
 わっせわっせ っていう感じではなく、えい こお〜ら〜!! えい こお〜ら〜 ってな感じで自分を癒しながら登って行くと、、、


P1060350

空に ひとすじの コントレート ( 飛行機雲 )    しびれそうである。 僕は実はヒコーキマニア・・・そのはなしはそのうち また。


の〜んびり と走っていたら、、、 眼下にこんな風景も,,, ズームイン!!

P1060323

レークラインに続く道。大倉川を渡っているところだと思われる。


そしていよいよ、、、 

P1060356

彼方に 褐色の山肌が・・・ おーっ あれはもしや!!

P1060363

あ〜っ あれは〜!!! やっぱし!!

P1060365

うっひょおー っ ほっほっほーい!!

P1060354

気持ち 高揚しっぱなし

P1060367

わきたつ雲に迎えられ。

P1060372

ついに!!

P1060382

浄土平に!!

P1060376

とおーちゃあーくうー !!! ばんざーい ばんざーい ばんざーい  !!


着きました。感激のゴール 本当に両手をあげながら、走っていた。 バカみたいだったけど・・・  でもいい!
バカでもいいのだ!! うんっ そんな感激って大事だと思う、僕は今年で40歳・・・!! スズメバチよ!ありがとう。

P1060378

偉大なる スズメバチを仰ぎ見て。 う〜む シブいカットじゃな。

P1060383

そして、レストハウスで一休み。名物のピーチ バニラの MIXソフトを購入!!  むかって 右側が見本。左側が本物!! お= 見本より大きい〜 珍しい現象。おねえさんが サービスしてんのよ!! うちは! って ありがとう! 嬉しい! でも 太ってしまうのか またしても ・・・ うんにゃ いいのだ! これでいいのだ!! 食欲の秋なのだ!! 僕 肥えるのだ。

時間の関係で 吾妻小富士の登頂は断念したが、次回はそれも 登りたいなあ〜 もちろん スズメバチもつれて・・・


P1060389


下山。20分ほどで” ファンカ ” の元に。


いそいそと 郡山へ帰る準備。 あ〜 充実、こんな休日が 大好きである。 ど〜ですか、みなさんも 自転車 乗りませんか??
帰りに横向温泉で MTB 2台が止まっていて、傍らにカップル or 夫婦 の姿が、、、 あれ? すれ違わなかったな〜  止まろ〜カナ〜とおもいつつ ついつい 通過。しかし、数㌔走ったところで やっぱし お話ししたいな〜 って気持ちが押さえきれず、、、 戻る。 ・・・ しかし  戻ってみたら ・・・ いなかった・・・・ 残念!!
思った時に 即行動しなきゃ だめだなあ。 反省である。

P1060390

帰りの 毋成峠より 安達太良遠景 。今日も一日 ありがとう!! 

P1060391

お疲れさま!! 本日の勲章。 いえいえ こちらこそ ありがとうございました。


あらためて 裏磐梯の素晴らしい 一面に触れ、高校3年生の時に果たせなかった事を成し遂げ?? 充実した 秋の入り口だった。 またのぼるぞ〜 今度は レークラインもいいな〜!!


追記//  昨晩 書き上げようと思っていたのに つい寝てしまい、アップが遅くなってしまった。すんません。
やはり 年なのか 疲れていたのか??  ちょっぴり 哀しい秋の夜。

|

« 秋雨が、空気を冷やし、夏遠く、日本が揺れて、心むなしや。 | トップページ | 人生の 至高の時は こんな時 ビール片手に 紡ぐ時間よ。 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

460くん お祝いのコメント、サンキュー!! 本当に写真とか、見てると、君の寒さに震えた顔、、、思い出してみると ついこの間のような、はるか彼方の昔のような、、、不思議な感覚。あのときの ボンカレーの自販機、いまでも電源入っていたらな〜って思うよ。  笑 
自転車に乗って、確実に言えるのは、自転車がなんか愛おしい? みたいな感じ。走り終えたときの、あ〜 ありがとう っていう感じが、モーターサイクルよりちょっと 奥深い気がする。達成感の重さの違いだと思うけどさ。460なら憶えてるんじゃないかな!?あんな細いフレームにシンプルなメカニズム。心もとないタイヤ。でも立派に走ってくれる。しかも自分と本当に一体になって・・・ モーターサイクルに乗ってしまったら、自転車に乗って峠の下りを飛ばしていたのが信じられなかったけど、、、今は信じながら乗ってるよ。 
人間の一生は一度だけ。スカイライン、いつか一緒に走って、本当の意味での 敗者復活走したいなー、 物置のバイクを太陽の下に連れ出してやれよ。きっと、バイクも喜ぶし、青春にもう一回、出会えると思うよ。その後は ”に、たろう”で 打ち上げやってさ!! 楽しいぜーっ絶対!!! 腹回りのためにもさ、、、待っっちょるきに!!

投稿: マットシ | 2007年9月20日 (木) 21時17分

いゃ~懐かしいね。"スカボナ"。
いま思い出しても本当にヒドイ天候だったことを記憶してるよ・・・。
すっご~く寒い上に、冷たい土砂降りの雨で足の筋肉も硬直してしまい、上り坂で全然前に進まなくってさ・・・。たしか、横向温泉まで登ったときオレがヘタレて断念したんだっけ? (っつーか、専らいつもヘタレるのはオレのほうが先だったけど・・・。)
とにかく、悲願だったスカイラインに登れんだから『おめでとう!』

このブログ見たあと、その時の自転車まだ手元にあることを思い出したんで、昨夜物置の奥から引き出してみたら、タイヤとかゴム類が経年劣化でカ~チカチィ~のぉ~ボ~ロボロ。それにハンドルに巻く布テープも握っただけでズルっとズル剥けだし、リムもスポークがダ~ルダルでグゥ~ニャグニャ・・・。
(どうだ、懐かしいだろ。何言ってんだか分んない『擬音』での解説!)
まぁ~もっとも、もう20年動かしてないからこうもなるわな・・・。でも、それよりも劣化していたのは、自分の身体のようだゾイ! この22年くらいの間に、特に腹周りなんかすっかり 『オジ酸化』 してました。

ん~、どうやらギャグのセンスは昔っから劣化してたみたいだなぁ・・・。

投稿: 460kobayashi | 2007年9月19日 (水) 16時03分

mくん、こんばんは〜 まずは今日は 有難うございました!!
さてさて、そうですよね!! 自転車、いいですよね。この世の乗りもの の中で、人間の力だけで進むのは、自転車だけだそうです。乗れば乗るほどなんか 違う世界が見える気がします。なんて 僕も大して乗れてませんがね・・・
 物置のロードバイク もったいないですよ〜。是非治して少しづつでも 乗りませんか? ハルと数分走れるなんて、立派なもんです。 使う筋肉違うので、走るより脚への負担 少ないですしね。 裏磐梯にハルと一緒に走りに行ってはいかがです?

投稿: マットシ | 2007年9月15日 (土) 23時17分

んーいいですね。自転車!
辛い道も目的地に付くと達成感とうれしさで満たされますよね。
車では絶対に味わえないものがありますね。
私のロードは5年以上も物置です。。。
タイヤも劣化し乗れませんし、ギヤも故障のままです。
故障の前に、犬と数分走っただけで筋肉痛になる私には、とても自転車は無理ですが。

投稿: ma-&yu- | 2007年9月15日 (土) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋雨が、空気を冷やし、夏遠く、日本が揺れて、心むなしや。 | トップページ | 人生の 至高の時は こんな時 ビール片手に 紡ぐ時間よ。 »