« この秋も いよいよ持って エピローグ 冬の足音 静かに来たる。 | トップページ | 安達太良が 雪を冠りて 冬支度 凛としてまた 美しきかな »

2007年11月21日 (水)

山恋し 雪を冠りし 山脈を ビルに登りて 眺めてもなお・・・ 

晩秋の余韻を感じつつ、その儚さに人生を感じ、その余韻に浸っていたかったこの頃だったがそれは、あっけなく終焉を迎え、冬という厳しい現実が急に目の前に広がった。昨年の今日は、休日で確か裏磐梯の檜原湖にサイクリングに行ったはずだった。今年は早い、確実に、冬が早い・・・ もう少し秋を楽しめるか、と思っていたので突然の変化に戸惑う自分がいた。自転車で遊ぶ事が出来なくなるのか、と暫し落ち込み。たまたま、副業?も少々忙しく、気分も乗らず、疲労も溜まり、ブログもおろそかになってしまった。書きはじめると、いつの間にか寝てしまっていたりで進まなかった。遊びに行けず、取り立てて書く内容も見当たらず、少し休憩してしまった。すまんこってす。

 さて、山が恋しいのである。自分でも年だな〜 と思うのだが、時の流れるままに流されるしかない。僕もそのうち 「中高年からの低山ガイドブックなどというものを買って来ちゃったりするのだろうな〜、、ってなんかもう既に買いに行きたかったりするのだが。
 ここ数日で日本列島は急激に、早足で冬に突入した。未練がましい性格の僕はもう少し、もう少しだけ、と晩秋の余韻を愉しみたかったのだが、自然は寡黙に、事務的に冬へとなだれ込んで行った。僕の未練など気にも止めてもらえないのである。
未練がましい僕はと言うと、山を見たくて、息子と一緒にノッポビル、「 ビッグアイ 」の展望フロアに行ってみた。夕方ということと、月曜日は 郡山市ふれあい科学館 スペースパーク   ( 最上階にある宇宙パビリオンで、巨大な円形のプラネタリウムなどがあり、地方都市にしてはハードウェア、プログラムともに 中々充実した内容。ちなみにプラネタリウムは、世界一高い場所にあるものとしてギネスに認定されている郡山市自慢の一品        http://www.spacepark.city.koriyama.fukushima.jp/   )  が休館日のため、人影もまばらでカップルが二組だけ。僕と息子は夕焼けに染まるロマンチックなカップルとはまったく異質の雰囲気で、写真撮影開始。


P1090186

郡山のランドマーク、”ビッグアイ” 通称 ノッポビル 上の方にある”まん丸”が スペースパーク。

P1090196

あいにく 安達太良山は雲の中。冬型の気圧配置は、西の山々をこうして包み隠してしまう。

P1090204

夕景 秋の日はつるべ落とし、、、あっという間に暗闇が広がる。

P1090205

姿を見せていてくれた 那須連山。

P1090217

福島空港にアプローチ中の航空機( 中央右の光 )と福島空港(中央左の光 )

P1090224

空港を超ズーム撮影。緑色の灯火は 空港灯台で緑と白が交互点滅する。

P1090230

雲が切れた、、、少しだけ顔を出してくれた 安積山(額取山)、大将旗山、御霊櫃峠、 安積山も以前祐太郎と登った事がある山。


P1090214

ビッグアイの足元 整備され綺麗になった郡山駅前の夕景。なんでも駅前の広場としては、日本一の広さだとか、、、


ビッグアイ、仕事で時折訪れる。時間があると必ず、展望フロアに登る事にしている、別に決めているわけではないが自然と足が向く。高所恐怖症なのだが、足場がしっかりしている高所は大好きである。
ビッグアイからの展望は素晴らしいものがある、さすがに福島県内で一番の高層ビルであるだけはある。南北に大きなガラス面で構成されているので、最高の眺めが広がる。安達太良山、那須連峰、阿武隈山地、そして郡山市街地がミニチュアのように足元に広がる。しかし、僕個人としては、西側にももっと大きな展望窓があれば、、、と思うわけであり。ちょっと見えずらい・・・・・ ちなみに福島市にあるコラッセ福島は、西に広がる吾妻連峰を望むため西側展望になっているらしいのだが、、、( この辺りはリンクさせていただいている  kojiさんの " 休日は風を切って ” http://blog.goo.ne.jp/koji5678/e/2071e4af1ed159de5f4911c058cdf457 にコラッセ福島のレポートがあるのでぜひぜひ 覗いてほしいものである。)  

そして、ふれあい科学館 スペースパーク。ここにはまだ足を踏み入れていない。ちかいうちにぜひとも行ってみたいと思ってる。振り返ってみれば、プラネタリウムには、子供の頃に行ったきりだ。 
 冬は寒く、自転車もなかなかしんどくいやな季節だが、星空が最高に美しい季節でもある。
 若い頃はよく 浄土平付近や母成グリーンライン、布引高原などに星空観察デートなどに行ったものであった。(真冬の天体観測はかなり寒いのだが、、、) 今夏はペルセウス座流星群を観た事だし、☆、いいんじゃないかと思い直しているこの頃である。   今年の冬はちょっと宇宙に想いをよせて、プラネタリウムで楽しんでみたい。星空について勉強出来るし、たぶんもっと興味が湧くだろうし、、、なによりあったかいし、、、  やっぱし年だなあ〜。


P1090244


P1090246


街は ジングルベルの季節。忘年会、クリスマスパーティー、大晦日 ああ、一年の短さよ・・・

|

« この秋も いよいよ持って エピローグ 冬の足音 静かに来たる。 | トップページ | 安達太良が 雪を冠りて 冬支度 凛としてまた 美しきかな »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

ビッグアイ、ぜひ行ってみてください。眺めはいいですよ〜!スペースパークは僕も行ったことがないんですが、息子は何度か行ったことがあり、迫力がある!! と言ってます。僕も近いうちに行きますよ〜。
空港、、、見えるんですよ!結構遠くからも見えるもので、安子ケ島付近のR49付近からも見えるのです。(夜に限られますが)ちなみに空港からビッグアイも見えま〜す。

投稿: マットシ | 2007年11月22日 (木) 07時32分

わたしは郡山市の目と鼻の先にすんでいるのに、まだビッグアイに行ったことがないんです。そのうち、プラネタリウムへも行って見なくちゃと思いながら、もう何年も経ってしまいました。
高いところは滅法好きです。ぜひ今度伺ってみたいと思います。福島空港が見えるというのはチョット驚きです。

投稿: koji | 2007年11月21日 (水) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この秋も いよいよ持って エピローグ 冬の足音 静かに来たる。 | トップページ | 安達太良が 雪を冠りて 冬支度 凛としてまた 美しきかな »