« 山恋し 雪を冠りし 山脈を ビルに登りて 眺めてもなお・・・  | トップページ | わが庭も 紅色づいて 葉が舞うて 旗もたなびき 冬も間近し。 »

2007年11月21日 (水)

安達太良が 雪を冠りて 冬支度 凛としてまた 美しきかな

仕事で 本宮市に出かけた。安達太良山の姿を見るのが楽しみである。僕は郡山から見た 安達太良山の姿よりも 本宮や二本松から見た姿の方が好きである。郡山から見た場合、和尚山と安達太良本峰の双耳峰に見える。しかし、実際は連峰であり、北に長く連なっている山塊である。郡山からではこのどっしりと構えた安達太良山の姿を見ることは出来ない。本宮市や、二本松市から見ると美しいその様がよく見えるので、嬉しい。 今日は白く薄化粧した安達太良の写真を撮ってみた。

P1090249_2


郡山市から見た安達太良山、 左側が和尚山 右側が安達太良山。画面中央に西吾妻山系が見える。


P1090250

こちらは、郡山市から見た 磐梯山である。奥羽山脈の端っこ、川桁山などの山塊の向こうに頭だけを見せてくれる。


P1090252

本宮市から見た 安達太良山。郡山から見たそれと違い、連峰という言葉がよく似合う姿。

P1090261

安達太良山の別名 ”乳首山” まさに・・・

P1090268


安達太良山の 露払い!? お膝元にちょこんと鎮座する 名倉山と大名倉山。鉄塔を抱えているのが名倉山、後方の高い山が 大名倉山。車で登ることが出来、郡山の夜景を見る穴場でもある。


冬型の気圧配置だが、まだ雲は流れ込んで来ていないので冬晴れ。もう秋晴れではないのだ。空気が澄んでいるので、かなり遠くまで望むことが出来る。本宮市の東にはなんと富士山が見えるという、日山がある。この山は富士山が見える北限と言われている。晴天の冬の朝がチャンスらしいから、一度チャレンジしてみたい。朝寝坊の僕にはキツいが・・・

夕方、再度本宮を訪れる。が寒冷前線がやって来ており、安達太良山はあいにくの雲中である。空には寒々しい色の雲がはためいている。


P1090272

雲の中は、時雨れているのか、雪なのか・・・。すっぽりと寒冷前線の雲に覆われた安達太良山。


P1090274

寒々しい雲が低空でベターッと張り付く。残照が当たり、赤く色づくのだが、それが逆に寒々しい。

P1090283

冬の夕日。夏の夕日と比べて寂しく感じるのは僕の気のせいなのか?

時間がない中、写真だけをささっと撮影した。帰る間際にちょっといいものが見れた。この季節にしばしば見られる現象、太陽柱という。空気中に六角形をした氷晶がある時に太陽が日の出か日の入りを迎えるとそれが垂直に反射して見られるらしい。たまに地元の新聞に記事が載っている。

P1090291_2

分かるだろうか、真ん中に光の柱が垂直に伸びている。これが太陽柱。

P1090292

拡大写真。


虹を見ると幸せが訪れる とは ハワイの伝説だが、太陽柱を見たら、幸せになれるのであろうか??

P1090288

日に日に寒くなって来ているが、寒波が弛めばまだ秋の気配が、そんな日には自転車に乗ろう。

|

« 山恋し 雪を冠りし 山脈を ビルに登りて 眺めてもなお・・・  | トップページ | わが庭も 紅色づいて 葉が舞うて 旗もたなびき 冬も間近し。 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

てるてるぼうずさんへ
えーっ?コールマンが輸入され始めた頃なんて言うと、すごい前ですね。でも分かりました。てるさんは僕の義兄とほぼ同年代、義兄もアウトドアマンで僕の師匠だったんです。おそらく彼とすごくうまがあったのは、、、 
確かに今はすご〜くアウトドア関係の商品が氾濫してますけど、その昔は・・・ ご苦労が偲ばれますが、でも昔の方がすべてにおいて、ものの価値が高かったですよね。実際、高かったですけど、、、 でもなんかそれ以上の価値が味わえた気がします。今はなんでもすごく便利で、安くて、それが当たり前で、購入しても感動が薄いですよね。僕も中学生の時に買った、小川テントのドームテント、スペーサーっていう名前のテント、ほんとにほんとに嬉しくて、なんと!今も持ってます。さすがにあちこちに小さな穴がありますが、(防水性能が××)でも晴れてる時なら使用可能です!! いろんな思い出がつまってるので捨てられません。まあ、使用もしないのですが、、、笑 ストーブとかもまだ、実家にありますね〜。古ーいのが。固形燃料でプレヒートとかするやつ。すごく面倒だったですけど、それが当たり前だったので何とも思わなかったし、逆にうまくできた時の感動が大きかったのを憶えてます。 100円でとんでもないものまで売ってる現在は、なんか間違ってる感じがします。恩恵には授かってますので偉そうなことは言えないのですが・・・
”Always三丁目の夕日”の続編が出ましたね、大人気だそうです。昔の不便さの中にもみんながもとめているあったかい何かがあったのですね。今の広い便利なテントよりも昔のテントの方が居心地がいいかもしれません。

投稿: マットシ | 2007年11月23日 (金) 23時21分

秋元湖に山小屋風な喫茶店良いですねえ。
僕も若い頃そんな夢を描いた事がありました。
あの頃は、まだロングハウスなんかは映画の世界でしかなく
ある外国(カナダ)のアウトドア関係の本に紹介はあったんですが
どうやって仕入れたら良いのかどうやって組むのか。
そんな時代で、今みたいに身近に出来る状態でなかったので
夢の夢でした。
カヌーもほとんど手作りでした。
横文字の設計図を見ながら作ったものです。
その後に、コールマンが出始め
コールマンだってメイドインUSAどうやって使うんだ
おい、この説明カヌー同様書訳せでした。
つぎからつぎと素晴しいものが紹介されて
その頃はもう電池切れです。

投稿: てるてるぼうず | 2007年11月23日 (金) 22時21分

てるてるぼうずさんへ
こんにちは〜!! いやあ〜 同類項だなんて恐れ入ります。まだまだ未熟もんで、、、お恥ずかしいかぎりです。
しかし、ロマンチストですね〜、てるさんも。まったくもっておっしゃるようなシチュエーション、素晴らしいですね。秋元湖にそんな山小屋喫茶店を開きたいです。そんな夢が実現できるかどうか!!?? 長い目で見ていってやってくださ〜い。これからもよろしくおねがいいたします。

投稿: マットシ | 2007年11月23日 (金) 10時19分

同類項さん今晩は。
山男とは、とかくロマンチストです。
写真といい文といい僕も一時それなりに・・・・・
たまにはへたな挿絵風な絵を書いてみたり
つくづく自分の若い頃にそっくりです。
できる事なら、山小屋風な部屋で、薪ストーブで暖をとり
好きな音楽を聴きながらコーヒーでも
ときにはちょっとウイスキーを、できれば明かりはランプで
なんていいですよねえ。
今はもうそんなパワーがありませんが、
毎日マットシさんのブログを楽しみにして拝見しています。

投稿: てるてるぼうず | 2007年11月22日 (木) 23時37分

HIDEさんへ
サイクルモード、すんごく楽しそうですね〜。でも大金持っていきたいですね。って即売もしてるんでしょうか?
宝くじ当たったら、自転車屋さんで100万くらいもって買い物してみたいですね。んで全部使っちゃうのです。なんでも、ヒルトン姉妹は買い物すんのに、一度に何百万も使うのだそうですね。すごっ、、、
雪、いやですね。山だけ降ってればいいのに・・・ジテツウの天敵。圧雪になれば、MTBは結構面白いですが、びちゃびちゃドロドロ道路は最悪ですよね〜。あーやだやだ。

投稿: マットシ | 2007年11月22日 (木) 22時08分

綺麗な空だな~
良い写真ですね。

今日は、朝から雪で、結局は、ジテツウは、無理でした~
サイクルモード更新中!
私の、買いモードは、あがっていますが、貯まらないと

ENDLESS HIDE
http://blog.livedoor.jp/team_endless/

投稿: HIDE | 2007年11月22日 (木) 17時14分

連続コメ、ありがとうございます。そうですよね、ふるさとの見慣れた山容って人生において重要なアイテム!?ですよね。本宮や二本松から仰ぎ見る安達太良山は智恵子の見ていた安達太良ですよね。ほんとうの空。若いときに一時、関東平野にいた時がありましたが、山が遠く、ほとんど見えませんでした。あの時は正直、精神的にきつかったです。山が近くにある光景で育った僕には、山が見えない光景は精神的にナーバスになるほどでした。
太陽柱、この時期に見えやすいみたいですので、夕焼けを凝視してみてください。きっと幸せが・・・ もうすぐ年末ジャンボも発売ですね〜。

投稿: マットシ | 2007年11月22日 (木) 07時43分

山も見る方向によってその姿を変えます。それぞれ住んでいる場所からの見慣れた山の姿は特別な思い入れがあると思います。本宮市からの写真にある安達太良の、“コウモリが羽を広げた”ような姿が、本宮市に住むわたしの安達太良なんです。それから“太陽柱”というのは知りませんでした。虹のたもとにはお宝があるといいますが、太陽柱の根元にもお宝があって、それを自分のものに出来たらいいですよね。(ヨクバリ!)

投稿: koji | 2007年11月21日 (水) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山恋し 雪を冠りし 山脈を ビルに登りて 眺めてもなお・・・  | トップページ | わが庭も 紅色づいて 葉が舞うて 旗もたなびき 冬も間近し。 »