« 秋空に 抱かれ走る こどもたち その頑張りに もらう感動。  | トップページ | 寒空が 本格的に やって来た 落ちてくれるな 庭の落ち葉よ。 »

2007年11月 8日 (木)

晩秋だ! 最後のチャンス 逃すまい いざ!安達太良へ 相棒連れて!!!

今日は振替の休み。さてさて、天気もいいしどこへ行こうか! 前日から色々考えてた、、、秋元湖へ行き、中津川林道をスズメバチで散策するか、ギンヤンマで檜原湖一周するか、スカイラインを登るか、最後の山岳有料 ゴールドラインを登ってみるか、色々考えても結論が出ず、今朝になって、やっと決まった!!
かねてから、計画していた安達太良登山 With スズメバチ。調べてみたら、安達太良高原スキー場のゴンドラ運行が今週末まで なので、今日がラストチャンス。しかし、いろいろあって出発したのは、午前11時過ぎになってしまった。食糧と飲料を買い、急ぎ安達太良山を目指す。


P1070765

あの山頂が今日の目的地。

P1070766

岳温泉をぬけて、、、 子供の頃は毎年、祖母といとこたちと泊りに来ていた・・・


P1070775

奥岳への道すがら。紅葉も終わりを告げようとしている。

P1070776

道には落ち葉が、、、冬の足音。

P1070777

本日の出発点 安達太良高原スキー場に到着。


今回は、安達太良山へのアプローチの中で一番楽なルートで向かう。安達太良高原スキー場のゴンドラに乗り、薬師ヶ岳まで一気に登りそこから登山開始。このルートであれば、山頂までの距離が2.4㌔。登山道もある程度整備されているので、軽装での登山者も多い。


P1070786

スズメバチもゴンドラに乗って・・・

P1070787

さあ! 安達太良の峰を目指して。 


スズメバチと一緒に来たが、勿論登山道ではライドできない。ただ、ひたすらに押し、持ち上げ、抱えて、
引き上げ、、、 かなり辛いのであるが、僕は以外に好きである。 以前、銚子が滝や、御霊櫃峠からの縦走、不動ヶ滝への散策など、登山道を押し歩いた。ほとんどサドルに股がることはないのに、何が愉しいんだか、、、って思われるかもしれないが、これが結構愉しいのだ。狭いルートをどうやってバイクを通すか、常に考えながら歩かねばならない。通常の登山よりも もうヒト捻りバイクのことを考えてあげなければならないのだ。そして思った通りに行くと、ちょっと嬉しい。そしてすぐに次のセクションが待っている。押し歩きであるが、やっていることはオフロードライドそのままなのである。力が欲しいが、腹筋 背筋を使い、運動にもなる。ただ登山するよりも負荷がかかって、おもしろいのだ。勿論、達成感もひとしおである!!ちょっとしたアドベンチャーだしね。 ただ一つ、欠点はあほらしく思われるのか、一緒に行く人がいない。     笑


P1070793

頑張って登るのだ。 すれ違う登山者みんなが感心してくれる。っていうか呆れているのか、、、 でもみんなの笑顔が見れる!! これがいい。


P1070794

晩秋の天狗岩


 
P1070797

ただひたすらに、、、こんなのが続くのだ。 やっぱし物好きじゃないと行かないかあ〜。

P1070798

出来るだけ、地面にはインパクトを与えないように、、、

P1070802

ガレ場を いかにしてうまく通過するかが愉しいのである。


P1070805

望遠レンズで福島市を望む。

P1070815

滑落しないように、慎重に慎重に・・・

P1070817

笹森山のTVアンテナ群。なんとなく 好きな風景で、いつかは行ってみたいと思っている。


森林限界を越え、視界がひらける。気分がいい。 しかし今回は時間があまりないので休憩はほとんど取っていない。不思議とのどの渇きもあまり感じないので、無給水で行く。あまりいいことではないのであるが、、、 標高の分、気温が下がって来ているが、体は熱く、寒さは感じない。そうこうしていると、前方に見えて来た!! スズメバチよ! あれが安達太良だ。

P1070822

中央に見える ぼっこりが 安達太良山頂。近づいて来た〜!!


P1070824

こんな景色にスズメバチと一緒にいられることに 幸せ を感じるのだ。


P1070828

頂上はもうすぐそこだ!

今日はほとんど人がいない。下の方では何組かの山頂までは登山をしない人たちとすれ違ったが、ここまで来ると誰の姿も見ない。ちょっと孤独だが、孤独が好きな僕的にはこれもまた、いい!!  と思っていたら、一人、登山者が僕を抜いて行った。自転車がないと早いなあ〜 と思いながら押していると、また下から女性が登って来た。僕はペースが遅いから、脇に寄って道を譲ると、「 いやあ〜 自転車あ〜 すごいねー。」と 二言三言のコミュニケーション。女性はかなり山慣れしている感じ、ツアーなので時間がないと言いながらきびすを返し、急いで下って行った。すごい早さだった。
登り始めて、約1時間半。ついに頂上到着!!!!!  やったーっ  !!!!!!!!!! なのである!


P1070829

頑張った僕なのである。  達成感が血液中に充満している!!


P1070830

たたずむスズメバチ    山頂にて、、、、

P1070833

山頂から 超望遠にて郡山市の駅前周辺を撮影。ビッグアイが見える。


山頂で神奈川から来られた登山者の方と暫し、お話を・・・・・。  その後、その方は下山。 他には誰もいないので、山頂ひとりじめ。こんなシチュエーションは滅多にない! ということで、山頂から沼の平方面へ、縦走路をサイクリング。    誰もいない安達太良山頂を自転車で走る、、、 、、、最高のサイクリング。


Dsc02060

沼の平付近にたたずむ スズメバチ。シュール、こんな写真が大好きなわけで、、、撮る、、撮りまくり。


 
Dsc02062

念願の 安達太良登山 スズメバチにここから見る秋元湖を見せたくて、、、、、

Dsc02067

秋元湖に ズームイン!!  秋元湖と檜原湖が見えた。 
追記 気がつきました、実は檜原湖と秋元湖の間に、ちらっと 小野川湖が写っていま〜す。安達太良山も三湖パラダイスですね!

Dsc02057

秋元湖 と 上に見えるのが 檜原湖 である。 


P1030934

ちなみに秋元湖から今いる場所を見ると、、、 


Dsc02064

MTBはこんな景色が本当に似合う。 


Dsc02069

秋晴れ 晩秋の鉄山。

Dsc02055

安達太良から南方向 和尚山を望み、生きてることに感謝。

Dsc02071

気がつくと、時間は午後3時を過ぎている。ゴンドラの営業時間は4時30分までなので、急いで下山。
しかし、山登りは下りが肝心。事故は下りで多発するからだ。スズメバチを連れての場合も下りは非常に危険なので慎重に下る。僕の場合は必ず、自分に声を出して言い聞かせながら下ることにしている。声を出すと、注意力が高まり集中出来るのだ。ゴンドラに間に合わなかったら大変なので、焦るのだが、大丈夫だから、急がないで、、、 と自分で自分に話しかけながら、、、下る。

午後4時12分 無事にゴンドラ乗り場へ到着。安堵である。

Dsc02073

係の方に聞いたところ、今年は自転車で来た人が一人いたと言う。しかし、ダウンヒルして行ったようで、登山自転車は僕だけだったらしい。


麓にはちょうど、辺りが夕焼けに染まる頃に到着。


Dsc02099

葉を落とすカラマツ林と、夕日に染まる晩秋の雲。 寂寞。


Dsc02091

たっぷりと遊ばせてもらった一日であった。 さあ、いつものようにファンカで家路につく。

 


Dsc02113

晩秋の 安達太良夕景。 今年もいっぱい素敵な姿を見せてくれてありがとう。今度来るのは来年かな。

Dsc02128

毎年そうなのだが、この季節は自然が切なくも、美しく、とても複雑な気分になる。 帰りのファンカでは、お気に入りのジャズを聴きながら、寂しく 侘しく 儚い気持ちをなぐさめた。 


Dsc02122


晩秋、命が燃え尽きる、そんな季節。人間も自然の一部だとすれば、僕の心の中でも、何かが燃え尽きるのだろうか。 だから秋は寂しい季節なのか。


|

« 秋空に 抱かれ走る こどもたち その頑張りに もらう感動。  | トップページ | 寒空が 本格的に やって来た 落ちてくれるな 庭の落ち葉よ。 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ma-さんへ
こんばんは、いつもいつもお世話になりま〜す。
岳温泉から登ったのですか!? すごいですね〜。家の親父もよく言ってますよ、昔は岳温泉から登ったものだと・・・
そうですね、岳温泉からレースをしたら面白いでしょうけど、登山道で競争したら、怪我人がきっと続出でしょうね。 危険
危険>>>  あはは。
久しぶりに山登りましたが、いいですね〜。これからもちょくちょく スズメバチと登るつもりです。

投稿: マットシ | 2007年11月10日 (土) 00時00分

HIDEさんへ
こんばんは、おほめいただきありがとうございます。でもチーム活動していらっしゃるHIDEさんたちこそ 素晴らしいじゃあないですか!なかなか そんな仲間たちといっしょに遊ぶことは容易じゃあないですよ〜。人数がたくさんだと、みんなをまとめるのにいろいろ大変な事もあるでしょうし、それを乗り越えての、気の置けない仲間たちとの遊び、それって最高ですよ!!みんないい方々なんでしょうね。 これからも楽しいENDRESSさんを拝見出来る事が楽しみにしてま〜す。

投稿: マットシ | 2007年11月 9日 (金) 23時53分

てるてる坊主さんへ
へえ〜!!  さすがはてるさん、いろんなアホな事(失礼〜)してきたのですね。でもそのアホが楽しいんですよね。アホとかバカとか言われる、でもいいんですよね〜。てるさんはそこんとこ、絶妙に解ってらっしゃると思います。
しかし、真冬に餅つきとか、磐梯山の秋刀魚とか、武勇伝 武勇伝 ♪ ですね。普通じゃあり得ないですよ〜。さすがです。♪っていえば、JAZZはいいですよね〜。僕は直感で聴いてるのでアーティストとかあんまし詳しくはないですけど。秋はJAZZ特にいい!!! コーヒーが本当に美味しいですよね。
 しかし、ほんとうですね。かなり同類項ですね。僕なんかまだまだ足下にはおよびませんが、、、 お祭りも含めて、これからもよろしくお願いしま〜す。

投稿: マットシ | 2007年11月 9日 (金) 23時45分

こんばんは。いつも、お世話になります。
私も岳温泉から、歩きで山頂まで登ったことあります。
なんで自動車で上れんのに。ここから?って文句言いながら、頑張ってゴンドラ乗り場に到着し、まさかのスルーした時は切れそうでした!しかし、苦労したから山頂での達成感が増す訳ですが。
自転車付きとは、凄過ぎです!!トライアスロンより辛そう。
岳温泉からゴンドラまでヒルクラして、自転車持って頂上まで歩きで競ったら、本当の超人がだれか解るかも?しかし、参加者は。。。


投稿: ma- | 2007年11月 9日 (金) 22時27分

すごいですね~
山頂まで行ったんですか??
しかし、いつみても、写真が綺麗で、しかも、かっこいい文章ばかりです。
我々のは、いつみても、爆笑軍団 あっはっは~
でも、良いですかね~

ENDLESS HIDE
http://blog.livedoor.jp/team_endless/

投稿: hide | 2007年11月 9日 (金) 12時34分

いつもながら感心させられます。
なんとなく自分の若い頃を思い出します。
というより趣味が似すぎで、ぼくも自転車登山をした事があります
今みたいにMTBが無く、スポーツ自転車のような3段位
ギアがついてたかなあ。
結構頑張って登った記憶があります
他、磐梯山へ七輪持って頂上で秋刀魚焼き
冬の安達太良で正月餅をつくべと臼と杵を担ぎ上げたり
けっこうあほなことやってました。
お蔭で後遺症が・・・・・・
音楽もジャズはいいですよね。
コーヒ=片手に聴いたものです。
そこにきて祭りでしょう。
同人類がもう一人いた。

投稿: てるてるぼうず | 2007年11月 9日 (金) 09時24分

ピナ男さんへ
おはようございます、写真気に入っていただけたでしょうか? ありがとうございます。そうですよね、安達太良の山頂って、いい景色ですよね〜。それでもって、人が全くいなかったですので、最高のシチュエーションでした。
以前からスズメバチと登ることを目標にしていたのですが、念願が叶い僕も嬉しいです。安達太良はゴンドラがあるので、かなり楽ですから来年は時間を取って、縦走!? 考えてみます。

投稿: マットシ | 2007年11月 9日 (金) 01時17分

kojiさんへ
こんばんは、お酒を呑みに行っていて、今帰宅しました。
いやいや、すみません”” なんかすごいコメントありがとうございます。どうなんでしょう? アホな物好きなだけですので・・・
でも 景色はいいですよねー!! まあ、楽しかったですよ〜。それが一番ですかね。ぜひ 今度頑張ってみて下さい。以外に楽ですし、帰りはもっと楽ですよ。要注意ですけどね。
山頂に自転車で立ったのは僕が最初か、まだ解りませんが!!?? でも 人が誰もいなくて、本当に気持ちよかったです。

投稿: マットシ | 2007年11月 9日 (金) 01時11分

マットシさん いやー 正直 驚きました。写真の美しさ MTBと風景のマッチング ひょっとして商品カタログの写真に使用させてくれと某メーカーから依頼があるかも知れませんよ。安達太良登山に自転車・・・しかも超望遠&カメラ・・・ うーん参りました。

投稿: ピナ男 | 2007年11月 8日 (木) 22時19分

“mattoshiさん”いつもながらの圧巻レポート楽しく拝見しました。今日は天気がよくてほんとうに良かったですね。自転車で山頂に立たれたかたは“mattoshiさん”が最初ではないでしょうか。前人未到の・・・なんだか実はとてつもなく凄いことを、いともあっさりとされてしまったということではないでしょうか。自転車に乗れないことが分かっていますから誰も持っては行かないでしょうね。やはり、“mattoshiさん”が最初です。ということは山頂で自転車に乗ったなんていうのも、勿論“mattoshiさん”が最初なわけです。スゴイゾ!これは!!

投稿: koji | 2007年11月 8日 (木) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋空に 抱かれ走る こどもたち その頑張りに もらう感動。  | トップページ | 寒空が 本格的に やって来た 落ちてくれるな 庭の落ち葉よ。 »