« 快晴の ジャパンカップ 観戦し 世界速度に ボトルくださ〜い  PART2 | トップページ | 秋空に 抱かれ走る こどもたち その頑張りに もらう感動。  »

2007年11月 1日 (木)

秋元を 見下ろす道に 挑みけり 山の色づき 今日が最高!!!

ジャパンカップの翌日も休みである。うーん 昨日の興奮未だ覚めやらず、、、てな感じ。いやあ〜 よかった〜、、、、、、 ってさあ、のんびりしてられない。秋の気配が濃厚な裏磐梯に行かねばならぬ。もったいない、今の季節は自転車で走るためにあるのである、と言っても過言ではないほど、、、 こんな日に家にいるなんてあ〜 もったいな〜い もったいない。 さてさて、どこに行こうかな!? 檜原湖は廻ったし、スカバレも登ったし、今日は最近走っていないところを目指そう。というわけで 高校時代に登ったきりの道、レークラインを走ることにした。

午後1時すぎに現地に到着。さあ、がんばって登ろうか、今日のお供も ”ギンヤンマ”。 ファンカをどこに置こうか迷ったが、許可をもらって料金所のそばに駐車。レークラインは本当に久々、自転車で走るのは高校生の時以来である。


 P1070573

紅葉真っ盛り!! 最高のコンディション、 さあ、頑張って登ろうぞ!!


裏磐梯レークラインは 秋元湖の北に位置する 観光有料道路で、距離は全長約11㌔。裏磐梯の剣が峰付近から、国道115号線に抜ける、風光明媚な道である。檜原湖 小野川湖 秋元湖  3湖を見下ろすことが出来る、3湖パラダイスも観光名所だし、中津川の真上にあるレストハウスからは、遊歩道が整備されており中津川へ降りることも出来る。僕たちは秋元湖からMTBで来るけど。それにしても紅葉が素晴らしい。昨日の宇都宮も綺麗だったけど、やっぱしここ裏磐梯もいいね〜! ワッセワッセと登りながらも、写真撮影のため停まっちゃ、撮り 停まっちゃ、撮り のポタリング。あ〜それでもしんどい坂。中々手強いレークラインなのである。


 
P1070567

涼風峠付近から 小野川湖を望む。 峠の名前が素晴らしくいい。


P1070575

黄 に染まる。 紅もいいが、黄もまたいいものである。

P1070578

デコ平方面の紅葉。このたおやかな稜線が好きである。


料金所から走リ出すと、結構辛く登りがつづく。アップをかねて、軽いギアで廻して行く。足に血が廻らないのですぐに 乳酸でいっぱいいっぱい、、、辛い。ペースを落としてとにかく頑張る。ヘロヘロになりながら、写真撮影のため停車。あ”ーじんどい〜。まあ、マイペースで登りましょ。しかしすごい車の台数である、紅葉真っ盛りなのだ、今が旬の裏磐梯である。

P1070579

僕の大好きな裏安達太良が見えて来た〜、って言うことは 下は秋元湖である。

P1070583

おっ!! 見えて来た見えて来た、秋元湖。ぼくのフェイバリットスペース。

P1070601

錦色に染まっている。この辺は全山紅葉、素晴らしい眺め。

P1070596

今度の休みはカヌーもいいなあ〜。 スズメバチもつれて、、、

P1070604

南西側には 見慣れた磐梯山の姿。 僕にとっては、ほっとする景色である。 すきなんだなー裏磐梯。


写真撮影したい場所は、皆同じ。混んでしまい、順番待ち、場所取り合戦。自転車で来てる僕、なんか観光客の中だと ”浮きまくり” と言った感じ。 なんだって自転車だよ、あの人、、、 みたいな視線が刺さる気がする。ふと思うのだが、いわゆる、ハイカーには種類があって、自然をこよなく愛すタイプと、とりあえず綺麗だから来てみたタイプ。前者は結構フレンドリーで向こうから話しかけてくれたりするのだが、後者は、こちらから挨拶しても無視されたりすることもしばしば。こういう輩がきっとゴミを捨ててく奴らなのだ!! センスよく生きましょうね、みなさん。

P1070595

以前来たとき気に入った、一本の紅。今年もきれいに色付いていてくれた。

秋元湖を望むところまで登ってくると、あとは比較的なだらかな道がつづく。ギンヤンマ快走である。
とりあえず、気に入ったポイントで写真を撮りながらの の〜んびりサイクリング。風が気持ちいい。
そして今日の空、、、 なかなかだった。


P1070589

こんな スジ雲もあった。

P1070598

しわしわ雲。

P1070626

こんなのが好きだなあ〜。


さてさて、道はほどなくして 下りになる。下るとなると速い、僕なのだ。でもまだギンヤンマの特性が分かりきれていないので 慎重に 慎重に、、、

P1070606

こんな道を快走。ほんとうに気持ちいい。下りの心地いい緊張感とあいまって 生きてる!! って感じ。

P1070608

安達太良も近くなって来た。

P1070617


中津川に到着。ここは紅葉のポイントとして、名高い場所。観光客びしばし多い。


P1070610

橋の上から下を覗き込むと。  絶景

P1070613

黄 がまぶしい。

P1070614

秋元湖側を望むと、中津川林道が見える。今夏もスズメバチで走った。 今もまたベストシーズン、しかし、熊注意!!笛などを持参されたし、、、


 
P1070621

P1070622


P1070625

P1070627


中津川を越えると道は下りになる。樹木もこちら側は カラマツが多い。黄色のカラマツ林の中をくだる。
下っていると、ブリティッシュグリーンのロードスターに追いついた。紅葉のカラマツ林の中をオープンで入っている姿が美しい。年をとったら オープンに乗りたいなあ、とあらためて思う。

P1070631

カラマツ林とギンヤンマ。

P1070637_2

ほどなくすると、道は平坦になり、あっけなくレークラインは終わりを迎える。終点は秋元湖の東端。

P1070638

秋元湖の東端である。ドライブインがあったのだが、移転していて、建物がまた廃墟に。

P1070639

ここの2階からの眺めは秋元湖が望めて最高だったのになあ〜 もったいない。きちんとした立て替えが出来れば再生の道があると思うのであるが、、、 あっ!! ここに僕が喫茶店を開こうかな。   宝くじで3億円が当たったら、、、


さて、帰りであるが、レークラインを降り、名家というところまで R115を下り、R459を登って行くという方法があるが、距離があるので、今回は時間の関係で、再度レークラインを戻ることにした。今快走して来た下りの道が 帰りは当然 登り。わっせわっせ とペダルを廻す。しんどいが、頑張るのみ。じゃないと帰れないので、、、当たり前だが。


P1070640

カラマツ林と吾妻。 冬近し、もうすぐあの山が白く輝きだす・・・

Image091
レークライン料金所

Image092

デジカメのバッテリーがきれたので 急遽 携帯で撮影。また自転車だから出会えた笑顔。

Image093

自転車は 90円。


無事にレークラインを登り、そして下りきり、料金所に到着。最高の紅葉が見れた。料金所のおじさんも昨日今日の二日間が最高だね、と話してくれた。ただ霜が降りたので、落葉が始まったとのことであった。、確かに走っていると、ハラハラと葉が落ちてくる様を何度となく見た。まもなく 木々達は葉を落とし、観光客は去り、山に静寂がやってくる。

Image094


帰りに歩いているお坊さんにあった。実は来る時に猪苗代の街を抜けたところで見かけていたのだが、ここまで来られたのだ、と感心しきり。差し入れを持っていった。まだお若いお坊様であった。身上を尋ねさせてもらうと、なんと横浜から山形の真室川まで行くのだと言われた。驚きである。なんでもいままで横浜の本山で修行をしていて、その修行が終わったので真室川のご実家であるお寺に帰るのだそうである。お話を聞いて驚いたが、それよりも彼が見せてくれた笑顔がさわやかで、とても癒された。御仏にお仕えする御身としてほんとうにふさわしいのであろうなあ、と感動した。今の世、いろんな部分で人臣が狂っているから、世直しが必要だと思う。この若い御坊様には、その力が秘められていると思った。どうか一人でも多くの窮人を救っていただける、そんなお坊様になってください。

P1070581

久々のレークライン。とっても爽快であった。年を取ったのは、どうしようもないが、自転車を通して、若い頃の自分の感覚に触れることが出来る。少しでも若かった頃の感性を感じながら生きて行きたい。


|

« 快晴の ジャパンカップ 観戦し 世界速度に ボトルくださ〜い  PART2 | トップページ | 秋空に 抱かれ走る こどもたち その頑張りに もらう感動。  »

自転車」カテゴリの記事

コメント

HIDEさんへ
いよいよ、明日ですね!! ぜひとも頑張って来て下さいね〜!
いいなあ〜 愉しいんだろうな〜、、、出たいな〜 終わった後の打ち上げ最高だろうな〜、、、お酒が美味しそう。 僕の場合、それが一番だったりして、、、笑
腰、無理せずに走って下さい。ロードバイクの方々に甘えていいのでは、、、なんて。とにかく愉しく愉快に思いっきりやっちゃって来て下さ〜い。 ご報告楽しみにしています。

投稿: マットシ | 2007年11月 3日 (土) 21時29分

明日、無謀にも、SUGO 4耐出場してきます。

先日の、ギックリ腰は、いまも、少し痛いですが、4人で走るので、なんとかなるかな?

私は、クロスバイク TREK7.3FXですが、他の3人は、ロードなので、がんばってくれるでしょう?

ENDLESS HIDE
http://blog.livedoor.jp/team_endless

投稿: HIDE | 2007年11月 3日 (土) 14時59分

kojiさんへ
こんばんは〜!! え〜!? スケボーで通ったのですか??? すごいですね〜 考えつかなかったなあ〜、リスクはあるかもしれないけど、すんごく楽しかったのでは!? まあ、堅く言うと、あれもこれもダメ、、、になりますが、僕は多少のリスクが無ければ、楽しくない というか、リスクがあるから楽しい、、、のかもしれませんよね〜、若いときはなおさらに、、、。
カヌー、、、いいですよ〜。ほんとにいいです!!。水面からの紅葉の眺め、最高なんですよ ! 自慢みたいになってしまいますが、でもいいんです。 すみません””   紅葉も最高ですし、
春の山桜もいいです!! いつか、機会があったら、秋元湖で一緒に遊びたいですね〜  自転車も、カヌーも持ち寄って・・・

投稿: マットシ | 2007年11月 1日 (木) 21時08分

ピナ男さんへ
こんばんは、いつもありがとうございます!! お褒めの言葉を頂いて、光栄至極です。まだまだ、未熟ですので、色々と教えていただきたいですよ〜。  裏磐梯、行って来られるのですね、うんうんいいですよね! 僕はほんと!われらの福島県の宝だと思ってます。 みんなで誇りをもって守って行きたいですよね。なんて一寸堅かったですね    ^^; 
楽しむ、 愉しむ、 そして自然に感謝する、そんな気持ちを持って遊びたいです。それが遊ばせてもらった恩返しのような気がします。 ぜひぜひ 楽しんで来て下さ〜い!!!
その模様の アップ、、まってま〜す!

投稿: マットシ | 2007年11月 1日 (木) 20時57分

ピナ男さんへ
こんばんは、いつもありがとうございます!! お褒めの言葉を頂いて、光栄至極です。まだまだ、未熟ですので、色々と教えていただきたいですよ〜。  裏磐梯、行って来られるのですね、うんうんいいですよね! 僕はほんと!われらの福島県の宝だと思ってます。 みんなで誇りをもって守って行きたいですよね。なんて一寸堅かったですね    ^^; 
楽しむ、 愉しむ、 そして自然に感謝する、そんな気持ちを持って遊びたいです。それが遊ばせてもらった恩返しのような気がします。 ぜひぜひ 楽しんで来て下さ〜い!!!
その模様の アップ、、まってm

投稿: マットシ | 2007年11月 1日 (木) 20時56分

HIDEさんへ
こんばんは〜 コメ 有難うございました。え〜、そうですか、車で通られました〜、いい道ですよね。ここも。僕は秋元湖が大大大好きなので、秋元湖を上から見られるこの道も好きです。 が、夏にキャンプをすると、峠族のタイヤのスキール音がうるさいので、、、、 困。 でも僕だって、昔は峠に走りに行っていたので、、、言えませんが>>>  汗 
ほんとに 裏磐梯の紅葉はいいですよね〜。 90円、取られますが、まあいいかなって感じです。でも自動車の930円はう〜ん ちょっと高いですかね〜。

投稿: マットシ | 2007年11月 1日 (木) 20時45分

とてもいい感じですね。しかしながら、レークラインを一往復されたとは、なんと痛快・豪快なんでしょう。わたしもこないだ車で通過しました。そしてそのとき、昔スケボーでここの一部を走ったことがあったなあ、なんて思い出しました。考えただけで危ないことです。
話は変わって、秋元湖畔の紅葉は盛りのようですね。過去に秋元湖畔を自転車で走って素晴らしい紅葉にめぐり会えたことがあります。いいですよねえ。“マットシさん”はそこにカヌーを浮かべて沖から湖畔を見ることも出来るんですよね。素晴らしいでしょうね。

投稿: koji | 2007年11月 1日 (木) 20時34分

しかし大作ですね。3湖レポート 人物の表情も自然だし 風景写真の色もきれい。文章はうまい。来週 平日の休みがとれたので
私も裏磐梯遊びに行ってきます。

投稿: ピナ男 | 2007年11月 1日 (木) 20時13分

私も日曜日に、車でしたがmレークラインを通りました~

紅葉綺麗ですよね。

しかし、自転車も90円取られんですね?

ENDLESS HIDE
http://blog.livedoor.jp/team_endless/

投稿: hide | 2007年11月 1日 (木) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 快晴の ジャパンカップ 観戦し 世界速度に ボトルくださ〜い  PART2 | トップページ | 秋空に 抱かれ走る こどもたち その頑張りに もらう感動。  »