« 久々に 空港に寄り 飛行機を 眺めてみたら 憧れ強く。 | トップページ | 過去のアルバムより、、、 ホノルルの 自転車事情 うらやまし いつか日本も!! むむ、、、無理かなあ〜 »

2007年12月11日 (火)

みちのくの 自転車文化 担う道 ビデオ撮りつつ 祝!?初パンク。

みちのく自転車道、ぼくが走ったのは、そう、小学生の頃であった。その頃はサイクリングロードと呼んでいた。自転車が好きな子供だった僕は、自転車の専用道路を走ると、なにか自転車がだいぶ偉くなったような気がして、ちょっと興奮気味に走り回っていたのを記憶している。
 
地方の街中という土地柄で生まれ育った僕は、小さな頃から乗り物が好きで、物心がついた頃には股がって、足で地面を蹴って進む車の乗用玩具にさっそうと乗り込み、街の目抜き通りである、うすい通りの真ん中を堂々と走り回り、後ろから車が来てクラクションを鳴らされると、決まってこう怒鳴っていたそうだ、「 ばっきゃろ〜!! てめいらだけのみちじゃあねえんだじょ〜 」
最悪な子供であった・・・ 自転車に乗っても、車に対してコンプレックスがあったのであろうか、車より速く走る事をいつも心がけていた。なるべく車道を走り、危険な所は歩道を走った。この点は、現在の観点から見れば正解だったようである。もっともこの頃はそんな自転車はほとんどいなかったのだが、、、  笑  
 
こんな子供であったので、車に遠慮せずに走れるサイクリングロードを初めて走った時は、えらく興奮したのも無理はなかった。当初は全国に広がっているらしいなどという噂を信じていたので、この道で東京にも、青森にでも行けると思っていた。あるとき、思い切って福島まで行こうと計画を立てて、一人ででかけた。自分がすごくえらく思えた。しかし、道は途切れた。道は福島までどころか、隣町の手前で終わっていた。すごくがっかりしながら帰ってきた記憶をおぼろげながら憶えている。心の中の世界の広がりがしぼんでしまった。


あれから、30年、ふたたびその道にやってきた。ブログを通じて知り合えた、kojiさんの影響を受け、走ってみる事にした。今回はギンヤンマで走ってみた。ついでなので久々にまめかむ君を同行させ、オンボード映像を撮りながら走ってみた。北と南、どちらにしようか迷ったが、今回は南に。出かけたのが、1時半すぎだったので、時間があんまりなかった。まあ、そこそこ走れればいいや、と須賀川までペダルをこいだ。昔はもっと道が広く感じたものだったが、ひどく狭く感じた。ちょうど小学校を久々に訪ねた時に感じる教室の狭さや、机の小さな事に驚いた。それに似ているのかもしれない。でものんびりと川の流れを見ながら、行き過ぎる新幹線のスピードに感心しながら、空気を心地よくきって進むのがとってもよかった。


Dsc02303

Dsc02305

Dsc02307


こんな場所にまめカム君を設置してビデオを撮ってみた。なかなかの臨場感である。


Dsc02312


ハンドルに付けて空を撮る。

Dsc02314


ハンドルからの前方視界。


Dsc02317


夕方は犬の散歩中の人が多い。後ろから声をかけてすすむ。犬に襲われないか、通り過ぎる際にちょっと緊張。通過する際だけでいいから、できればリードを短めに持ってほしいのだが、、、。


P1000615

夕暮れ近し 今日の空。

須賀川までのプチツーリングを終え、息子を迎えに行かなければならないので家路を急ぐ。
自転車道とわかれ、国道をこぐ。高校生を軽々と車道から抜かして、順調に自宅にむかっていた、それは突然やってきた。前輪に鈍く、しかし鋭い衝撃が走った! なにか角が尖った石ころかなにかに思いっきり乗り上げた感じ。そして続けざまにリアもそれに乗り上げた。  嫌な感じ。不気味な予感。ほどなく前輪に違和感が、、、案の定 パ ン ク。今日はパンク修理キットを持参していない。仕方なく徒歩で自宅までの2キロを押し歩き。今まで抜いてきた高校生に抜かれた、この屈辱。あ〜あ ^^"

P1000602_2

久々の自転車道。自転車が偉くなったとは思わなかったが、地球温暖化の事を考えれば、やはり自転車は偉いのである。そんな思いを改めて感じた初冬のみちのく自転車であった。
こんどはパンク修理キットを持って北を目指してみよう!


 

|

« 久々に 空港に寄り 飛行機を 眺めてみたら 憧れ強く。 | トップページ | 過去のアルバムより、、、 ホノルルの 自転車事情 うらやまし いつか日本も!! むむ、、、無理かなあ〜 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ぐ〜Dogさんへ
まったく JAFは! 自転車も救済すべきだよな〜。マジに思う。しかし、ライターは、使わんよ〜。へんなプレッシャーかけられると、思わず火であぶりたくなるのでやめろよ〜お!

投稿: マットシ | 2007年12月16日 (日) 01時02分

イャ〜

出掛ける時は忘れずに!

JAFのカードと短縮番号…自転車では無理…かな(爆)
その後、お迎えが無ければ、久しぶりのパンクに感動!な、はず

ライターも…ナイッスか?
内輪ギャグで…
m(__)m

投稿: グーDog | 2007年12月15日 (土) 21時19分

HIDEさんへ
コメントありがとうございます。そ〜ですか、会社でパンク、、、それも帰宅の際とは、辛いですね。がっかりですよね〜。僕も今回久しぶりに経験し、スペアタイヤやチューブの大切さを痛感しました。まだ、サドルバッグ買ってないので、購入したいと思います。パンク修理も練習しないと行けませんね。いろいろとスキルアップが求められ、楽しいですね。、、、。頑張らないと、、、

投稿: マットシ | 2007年12月12日 (水) 22時28分

アオンタさんへ
バージョンアップ、おめでとう!!そうだね〜、どっか行かないといかんね。この季節は辛いけど、馴れれば大丈夫。雪中ツーリングも面白いし、海の方(いわき)なんかもいいかもしれないね。みちのく自転車道もいいしね。とにかく、楽しまないとね。自転車で・・・

投稿: マットシ | 2007年12月12日 (水) 22時21分

そうですよね~ パンクは、焦りますよ。
私は、夕方、会社の駐輪場で、パンクしているのをみて、がっかりました。
友人に家まで、送ってもらい、そこから、パンク修理。
初めてなのでうまくいかずに、ヨシダサイクルに持ち込みました~
KOJIさんのように、パンク修理がすぐできるのは、すごいですよね~

ENDLESS HIDE
http://blog.livedoor.jp/team_endless/

投稿: hide | 2007年12月12日 (水) 12時50分

久々登場のアオンタです。
ずいぶんとご無沙汰してすみません。
僕のF1スペシャも少しグレードアップしたので、今度ご一緒しましょう。
宜しくお願いします。

投稿: アオンタ | 2007年12月12日 (水) 02時31分

みちのく自転車道が自分の中のイメージとギャップがあったというところがリアルでいいですね。子供は小さいですから、その目からみたみちのく自転車道は広く感じたのでしょうね。特に郡山市内は犬を連れた人が多いので気を使います。それにリードから外して散歩をしている人もいます。一度犬に追いかけられたことがあります。飼い主の見ている前で蹴る訳にもいきませんから、陰に行ってボコボコにしました。(ウソです。そうしたいぐらいでした。ハハハ)こちらは、その犬がどういう性格の犬なのか分からないのですから、飼い主の方々にはそこんところをよろしくお願いしないと思うんです。
それから、最後にパンクの憂き目にあってしまったというのは、まことにお気の毒さまでした。

投稿: koji | 2007年12月11日 (火) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々に 空港に寄り 飛行機を 眺めてみたら 憧れ強く。 | トップページ | 過去のアルバムより、、、 ホノルルの 自転車事情 うらやまし いつか日本も!! むむ、、、無理かなあ〜 »