« みちのくの 自転車文化 担う道 ビデオ撮りつつ 祝!?初パンク。 | トップページ | 自転車を  車にのせて  山へ行く  どんな車が  いいのかな? »

2007年12月16日 (日)

過去のアルバムより、、、 ホノルルの 自転車事情 うらやまし いつか日本も!! むむ、、、無理かなあ〜

以前、少し触れたが、今日は数年前にホノルルを訪れた時の事をちょっと紹介してみたいと思う。

ホノルルと言えば、自転車乗りが真っ先に思い浮かべるのは、”ホノルルセンチュリーライド”
であろう。ハワイの素晴らしい景観の中を自転車で思い思いに駆け抜ける。距離は最高で160㌔を走破する。
http://www.jal.co.jp/hawaii/event/cr_top.html

僕もいつかは出たいなあと思っているイベントである。アメリカっていう国はスポーツがとっても盛んである。プロスポーツももちろんの事だが、アマチュアもすごい!、名だたるマラソン大会もそうであるし、ボストンマラソン、ニューヨークマラソン、もちろんここ、ハワイのホノルルマラソンも日本からの参加者も多く、大人気である。自転車も盛んで、実はニュースが日本に入ってこないだけで、数多くの市民イベントがあるらしい。ホノルルセンチュリーライドもその一つである。気候も温暖、常夏、美しい南の島、うらやましい。
この島、実は自転車乗りの数もそれなりに多いらしく、自転車が街の生活に実にセンスよくさりげなく、かっこよく溶け込んでいた。たとえば、、、

 P1000645


これは、自転車置き場、、、置き場、う〜む 言葉が合わないが、やはり置き場なのである。どうであろう、このセンス!! 自転車の形のオブジェがに自転車を立てかけて、チェーンロック!
素晴らしすぎではないか!! スポーツバイクが多いので、スタンドがついていないバイクがほとんど、、、それをこんな風にかっこ良く停めれるのである。日本ではまず見かけない。スタンドなしのバイクで買い物に行くと、置く場所の確保が大変なのである。


P1000642


そして、これは同じ場所を別角度から撮ったのであるが、運行中のバスのフロントに注目。何やらシルバーのフレームらしきものが、、、実はこれ、自転車を載せる為のキャリアなのである。自転車ごと乗りたい場合、運転手へのアイコンタクトだけで、使用可能。積み降ろしはセルフだが、載せている所を見たところ、至って簡単そうに積み降ろしていた。これならば、遠出も楽しそうだし、買い物に出かけて、ついつい買いすぎても安心。また、観光客もレンタサイクルを便利に活用できる。なんか、、、流石過ぎである。


P1000646


ルイ ヴィトンの前にさりげなく停められたバイク。まるで買ってきた絵はがきのようだが、僕が撮影したれっきとしたフォトであるのだ。

P1000655


なぜに西洋人はかっこいいのか!!


P1000657


おおっと〜お! こちらは、完全なるポリネシアンである。・・・・・フレーム大丈夫かな??


すごいのであるなあ〜、自転車がかっこよいのである。日本の自転車置き場は、きったね〜存在で、なんか街の景観をぶち壊してるけど、較べちゃいかんが、全然違う!!!っ
日本の駅前の放置自転車、何とかならんものなのだろうか。。。哀


気を取り直そう、、、すこし、ホノルル観光。

P1000652


こんな人が街なかにしばしば立っているが、レンズを向けたらだめ!!すかさずチップを要求されるのである。ちなみにそれを知らなかった僕は、この写真を撮った直後に、 5$を要求されるが、エクスペンシブだと言って、3 $にまけさせた。それでも高いと思うが、、、


P1000656

ハワイ名物、トロリー。市内を循環していて、自分のツアーのトロリーなら、大抵は無料で乗る事が出来る。


P1000658


こんなオンボロが並ぶと、ちょっとキューバの香り??、、かっこいいんだな〜。 行った事ないけど。

P1000659

ハワイの消防車は、黄色のカラーリング。派手だがかっこいいのだ。


P1000660


これは、ぼくが操縦したパイパー機である。これにのって、オアフ島を一周した。極上の最高であった!!
写真等はもっとたくさん、たくさんあるのだが、きりがないからこの辺で・・・


楽しい時間はあっという間に過ぎ去れり。ショッピング、海水浴、ひなたぼっこ、飛行機の操縦、単独島探検バスの旅、また、ホノルルに住む親戚を訪ね、(義理の姉さんで、旦那さんはアメリカ人で、なんと元CIAのスパイ、つまりエージェント、ミッションインポッシブル!だった人である。これまじめな話!!)家に遊びに行った。高台にあるすばらしい住宅で、こんなところにすめるのか〜、とため息、、、日本人の来ないシーサイドレストランで食事をごちそうになった。元スパイにUFOの事を聞いてみたり、、、何と言ったかは、秘密であり、言ってはいけないそうである。興味がある人は、むふふ直接私に聞いてみたまえ、、、なんちって。いろいろなお話が聞けて楽しかった。
とにかく楽しい愉しい3日間であった。

P1000665

帰りの飛行機、JALWaysのリゾッチャ。BOEING747-300である。

飛行機好きな僕は最後にラッキーな思い出に出会えた。それは滅多に見る事が出来ない光景であった。それがこれ、、、

P1000667


同じJALWaysのリゾッチャと高度差500メートルほどで平行に飛行! CAさんによると、なかなか見れるものではないんだとか、、、貴重な写真であるのだが、へたくそ写真。緊張してシャッターを切ったため、ピンぼけ・・・


P1000669

如何であったかな?なんか、日本はまだまだ未開の地のような感覚に陥るのだなあ〜。もっと自転車がいい意味で盛んになり、かっこいい自転車乗りが増え、自転車がエコかっこいいのであると社会全体から認められ、自転車、歩行者、自動車のマナーがお互いを認め合った上で向上し、少しでもこんな風にかっこよく、なれたらなあ〜。まだまだか、昨日も自転車と歩行者の衝突事故があったようだ。その前はひき逃げの話をTVでやっていたっけ、、、哀しい現実。

しかし!!しばらくは行けそうもないハワイではあるのだが、いつかはきっと、センチュリーライドに出てみせる!!と堅く堅く心に刻んでいる僕なのである。かっこいい自転車乗りになれるようがんばりま〜す!!

|

« みちのくの 自転車文化 担う道 ビデオ撮りつつ 祝!?初パンク。 | トップページ | 自転車を  車にのせて  山へ行く  どんな車が  いいのかな? »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ワタリさんへ
はじめまして! セプターファンのご訪問嬉しい限りです。ありがとうございます。でもすごいですね〜、車検の際に 60〜70万円って?? スゴ過ぎです。絶対ほかの車、買えちゃいますよね、でもそれでも乗り続けられるワタリさんの情熱、本当に頭が下がります。セプターみたいに乗れば乗るほど愛着が出る車も珍しいと思います。人気車ではなかったですが、TOYOTAはこういう大人のワゴンをもう一度企画すべきですよね。
ワタリさん頑張ってくださいね! そしてぜひまた、セプターのこと、教えてください。またのご来訪をお待ちしています。

投稿: マットシ | 2008年1月 5日 (土) 02時08分

セプターファンで只今24万キロ3G、先日東京から母の葬儀で岡山までかえってきました。車検の度に60万〜80万掛かります、ステージアに換えようかと
悩んだ末、動かなくなるまで直し続けようと乗っています。煙が出たりしましたが、メンテナンスさえ怠らなければ,あと10年、=====

投稿: ワタリ ヤスマサ | 2008年1月 5日 (土) 00時31分

グーDogさんへ
センチュリーライド行きたいね!みんなでハワイ旅行を兼ねて行こうか!楽しいだろうなあ〜。その前にチームの体制を公式化しないと、、、
そういえば、TREKは来年、アスタナをサポートするという事らしいね。でも僕はしばらくディスカバリーで行くよ!

投稿: マットシ | 2007年12月18日 (火) 00時28分

昔の画像だすね!

良いですね〜(^o^)

来年の計画に…
ホノルルも追加事項なんて(-_-;
独り言です!からね…
(汗)

投稿: グーDog | 2007年12月17日 (月) 16時18分

kojiさんへ
ビーチのビーチクルーザーって本当に似合いましたよ。外国は悔しいですが、風景がいいので自転車が風景に映えます。日本は雑多な風景の為、ちょっと、、、 と思いがちですが、外人から見ればその雑多な感じがいいのだとか。
無い物ねだりなのでしょうか。自転車の歴史、ないですよ〜日本は。あっでもウィンカーとか付いたデコレーション自転車は日本だけのようです。笑

投稿: マットシ | 2007年12月16日 (日) 23時17分

ピナ男さんへ
ハワイ、いいですよね〜 あ〜住みたいなあ、、、
しかし、皇族のお話ははじめて聞きました。そんなことがあったのですか??? 実現できていれば確かにいろいろな面で変わったのでしょうね。日本の未来を考えた時に、米国の51番目!? の衆になってしまえばいいのだ!などと言われますが、けっこういいかもしれない、と思ってきている自分が危ないです。でも米国のいい所が日本化されてもダメですし、その逆もダメですよね。ハワイが放置自転車天国になったら最悪ですもんね。なんだかんだ言って、やっぱり自分の国を最初に治さないと行けませんね。お互いがんばりましょー!!

投稿: マットシ | 2007年12月16日 (日) 22時37分

“mattoshiさん”の実に見応えのあるレポート、海外に行ったことのないわたしにはテレビや映画のようです。自転車一つにしても、とにかくその歴史が違うんだと思います。特にハワイは観光産業で生活している街ですから、日本の商店街によくある放置自転車のような状況はいただけないので、自転車が無くてもオブジェになるような小粋な自転車置き場が造られているんだと思います。
写真の自転車に乗っている方々も様になっていますよね。やはり“ビーチクルーザー”が多いようですね。昨今は日本でも乗っておいでになる方がいらっしゃるようですが、文字通りハワイのビーチで乗っていらっしゃるのですから、様になっていて当然ですよね。
お義姉さんの旦那さんが元CIAというあたりは、いかにもアメリカらしくていいですね。貴重な写真を見せていただきました。

投稿: koji | 2007年12月16日 (日) 09時42分

いいなあ ハワイ 常夏の国 日本ももっと自転車の地位が向上し乗る人が増え エネルギー問題、健康の面でクローズアップされればと思います。 ところでハワイ あの米国に無理やり併合される前に日本の皇室とハワイの王室が婚姻関係を結ぶ計画があったそうです。実現していればその後の歴史は大きく変わったのでしょう。ただ日本が併合していればやはり自転車置き場は汚かったかも知れませんね。

投稿: ピナ男 | 2007年12月16日 (日) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みちのくの 自転車文化 担う道 ビデオ撮りつつ 祝!?初パンク。 | トップページ | 自転車を  車にのせて  山へ行く  どんな車が  いいのかな? »