« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »

2007年5月27日 - 2007年6月2日

2007年5月28日 (月)

赤い彗星

 今から、20年以上前になる。僕は当時、高校3年。赤いミヤタのランドナーに乗っていた。
Le-Man Tourism 。僕のバイクである。ランドナーとは、いわゆるツーリングタイプのバイクである。
それに乗ってよく裏磐梯へ行っていた。よく一緒に走っていたのが S郎という同級生。
朝、6時から6時半に家を出発し、国道49号線を北上する。 郡山から猪苗代湖まで、だいたい2時間位だったろうか? 猪苗代で休憩を取り、一路 裏磐梯へ。 猪苗代町から裏磐梯、北塩原村までは、とろとろとした永い永い登りである。   そこの地名が 長坂 という。 そのままである。
いつもそこがネックである、大抵はS郎がそこでダウンする。  


Dsc00508

このような状態 常態? ごめんS郎。

裏磐梯では、檜原湖などに行ってたのが多かったと思う。
この頃は、結構 飛ばし屋で体力 脚力もかなりなものだった。 峠の下りで前方にオートバイなどを見つけると、猛然とダッシュ!! 頑張って抜いてしまう事も・・・  下りの最高速は91㌔だったことを今でも覚えている。   オートバイに憧れていたため、上り坂でオートバイに抜かれると、どでかい声で『 エンジンぐれ〜!!!  』と騒いでおった。 今考えるとまるでバカなのだが、それも青春の叫びだった。
裏磐梯各所を巡って、一日100㌔ほどを走っていた。 一日が終わると、本当に心地いい疲労感
に包まれたものだ。 自転車が体の一部だった、くらい、どこへ行くのも一緒だった。平日で40㌔
は最低走っていた。 お尻の肉はキリッとあがっていたし、上半身も締まっていた。
今は・・・見るも悲惨な体である。 イカンイカン!! そのうち、郡山から裏磐梯まで乗って行くぞ。


P1030495

僕のバイク、Le-Man Tourisme  宝物だった。

P1030514

若かりし日の僕である。 この頃はかなり細身であったのだが・・・

P1030507

S郎とバイクたち オレンジがS郎のNATIONALのランドナー 残念ながら、盗難の憂き目にあう。


飛ばし屋だったため、落車も経験した。とばす楽しさも恐さも教わった。
これはそのまま、後のモーターサイクルに引き継がれた、とっても役立ったと思う。
今、登り坂でオートバイに抜かれても、何とも思わなくなった。エンジンがあった方が楽だし、速いし
スリルも簡単に味わえるが、自分がエンジンで、登りきった時の感動、達成感、 オートバイでは絶対
味わえない。コーナリングもバイクの方が、オートバイよりもマシンとの一体感がひと味上だと思う。
若い時は、より速いスピードに憧れ、より楽で、力のあるものに憧れた。 勿論今でも、モーターサイク
ルは素晴らしいと思う。 でも自転車、奥が深いですよ。 


Dsc00509

レークラインをもくもく登る S郎。かなりの勾配です。

S郎は今、オートバイに熱中している。腹が出てるのは僕も変わらないが、S郎よ・・・ 自転車はいいぞ。


P1010783


あの頃は、若くて力と勢いがあった。 速さに憧れた。 ただ闇雲に速さを追っていた。
赤い彗星・・・キザだが、そんな風に呼ばれた事もあった・・・
細身の体が、太くなり、速さについて行けなくなってしまった。
頑張って、体力をつけよう! あ〜黄色い稲妻とよばれてみたい、今日この頃である。

| | コメント (2)

2007年5月27日 (日)

大運動会大成功だい!!

今日は、祐太郎の小学校の二度目の運動会だった。
なぜ、二度目かと言うと、前回は途中からどしゃ降りで中止となってしまったからなのだ。

今日は仕切り直しなのである。昨日まではかなりの雨であったが、今朝は雨も上がり、風
もなく、絶好の運動会日和!!  祐太郎はリレーで走れるとあって、大張り切りで学校へ。

菊池家報道部部長、菊池正敏、、、先日の失態の汚名挽回のチャンスである。
取り急ぎ、いそいそとカミさんより先に学校へ向かう。 昨日、雨の中、びちゃびちゃになりな
がら、場所取りミッションは完璧にこなしておいた。さっそく、撮影場所へ陣取り、ハイビジョン
カムをセット。

まずは、6年生の鼓笛パレードからスタート。いつもなのだが、実はこの鼓笛には密かにウルウル
来てしまう。なぜだか分からんが、ひたむきさに演奏する姿に感動する!!! という訳で今回は
パレードのすべてを撮影。  
 その後、プログラムは順調に進み、団体競技もいくつかが行われた。学校では過去5年間の間
すべて、白組が勝利しているそうで、赤組は勝てないというジンクスが完璧に出来上がっている
との事。祐太郎は、なんと赤組・・・   先日雨で中断した時は、150VS100で白組リードで終わった
ため、今回も点数はそこからスタート。  しかし、紅白玉入れでも負け、綱引きでも負け、点差は
広がる一方だ。

リレーの前に、個人競技、チャンス走がある。祐太郎は背が一番小さいため、女子が終わると、
男子の先頭列でのスタート。スタートダッシュも決まり、トップでカードを拾い、そのままコーナーへ。
カードに書いてある色と同じ色の箱まで走り、箱から出ている紐を引いてそれを持ってゴールを
目指す。紐の長さが千差万別で、短いのもあれば、長いのもある、長い場合は箱から引き抜く際に
時間がかかってしまう。その他チャンスカードというのがあり、箱に向かわず、そのままゴールへ
向かえる。祐太郎はトップで箱まで辿り着いたが、紐を引いて、後ろへ下がる際に後続の選手の
足と足が引っかかり、しりもちをつくおもいっきりの大転倒!!! 爆笑!!! 
 しかし、勝利への執着が強いのか、すばやく立ち上がると、おもいっきりのダッシュをかけ、なんと
結果は2着。お〜なかなかやるの〜。  と親ばかの弁。


Dsc00452

足がひっかかった!!

Dsc00449

おっとっとっと!!


Dsc00454


ずっで〜ん。 いってえー!  結構うけていた、よしっ 掴みはOK

まあ、何はともあれ双方とも怪我無し、これでよし!!うんうん。

リレーでもまあ、頑張ったかな。本人は燃え尽きたようで、満足気だ。うん、これでよし。

最終的に赤組は650vs300と大差で破れた・・・ なんで勝てないのかな??赤組。 
まあ来年への課題。

 毎年思うのだが、薫小学校のいいとこ。 上級生が下級生の面倒を本当によく見てくれる。5年生 6年生、ありがとう。感動してるよ、毎年。先生方、役員さん、入念な準備、感謝です。

今回もまた、祐太郎、いい想い出が出来た様。きっと今日の成長、大きかったんじゃないかな。
今回は親バカなレポートでした。すんません。”

Dsc00443


リレー、完全燃焼。

P1030459


友達とのいい想い出。 いい運動会だった。

| | コメント (4)

« 2007年5月20日 - 2007年5月26日 | トップページ | 2007年6月3日 - 2007年6月9日 »