« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年8月26日 - 2007年9月1日 »

2007年8月19日 - 2007年8月25日

2007年8月22日 (水)

スカバレは秋の気配で土砂降りぞ

天気予報では、北塩原村 一日中 雨・・・ しかし 郡山は薄曇りで蒸し暑く、こちらから眺める西の山々も薄くもやがかかっている感じで 空は明るい。 「 よしっ いくかあー 雨に降られたら 濡れるだけだ 」
朝、隣に住む 兄の家で コーヒーをゴチになる。世間話の後、自転車をファンカーゴへ積み込む。 今日は雨を考え、スズメバチを車内に積載する事にした。 午前10時すぎに裏磐梯へむけて出発。 途中本日のドリンクと 昼食用のパンを買いこんだ。本日のドリンクは、トモエ乳業の パイナップルジュースである。

さてさて、いつものように裏磐梯国民休暇村に到着したのだが、、、 ついた途端に降ってきた。なんてこった〜 って思ったが、降りはごく弱い。とりあえず昼食にすることに。カレーパンと テリヤキバーガーをたいらげ、ドリンクをボトルにセットし終わった頃、空はとりあえず持ち直した。 しかし、なんとなく眠いなあ〜 。出来ればここで寝ていたい。気合いが入らぬ僕であったが、なんとかスタート。
 今日は少しでもタイム縮めたいが、気合いのなさは果たしてノンストップゴール出来るかさえも??  まあガンバンベ〜 っとスタート。先日、サトサイさんでステム延長の相談をしたのだが、今付いているステムの長さもかなり長いという事で、とりあえずハンドルの高さを下げてみる事にした。今回はその効果のチェックも兼ねている練習である。さあさあ ペダルを廻せー!! わっせわっせわっせわっせ ハアハアハアー 規則的な呼吸がだんだん荒くなって来る。 しかしなんとかかんとかノンストップで行けるかもって言うか、行かねばならないのだが、、、 すこしでもタイムを縮めたいのだが、脚がついて行ってくれない。
スズメバチ、、、重たい。 あ〜 ロードバイクは軽いんだろーなー なんて事を考えながらひたすら、ひたすら・・・  曇り空、気温が低いうえに、時折吹き下ろして来る風に熱くなった体が冷やされ、非常にいいコンディション。 「 もう秋の気配だなあ 」 なんて思いながらヘアピンコーナーの登りを ダンシング。

なんとかノンストップパワープレイでゴール。タイムは 1時間12分35秒  チビッとだけ 縮まった・・・
ほんとにちびっとだ。むずかしいな〜 
P1050762

P1050768

P1050776


ゴール付近は霧で覆われている。早めに下ったほうがいいな、と思った矢先に降ってきたあーっ!!!
それもかなりの降りだあ〜 はっきり言って 土砂降り、、、 霧で視界が利かない。そして顔にあたる雨が痛い!!  ちょっと緊張気味に下る。  


P1050781


P1050777

全身 びっちょびちょ パンツ 靴下 までずぶ濡れだが ここまで濡れれば逆に気持ちいい。 そして無事、休暇村のファンカーゴの元へ到着。


P1050782


P1050787

ラゲッヂルームが広いファンカーゴ  自転車運搬も楽にこなす 優れ者。新型のラクティスより広いしコンパクトワゴンの中ではピカイチだと思う。エアコンが効いて シートがもう少し上等だったらな〜

来週末 9月2日 いよいよ 本番である。周りのクライマーに引いてもらえれば、もう少し速くなるか??
ハンドルの位置もなかなか良かったし、さあ スズメバチ!! 頼んだぜー   と思いながら、雨の裏磐梯を後にした。

P1050789


P1050792


P1050797

今日の秋元湖 帰りに立ち寄ってみた。 しっとりした雨の”君”もまたいいものだ。
 
人気blogランキングへ

自転車 | | コメント (0)

2007年8月20日 (月)

肉体疲労に 自転車少年記。

 今日は休み。さあさあ じってんしゃ じってんしゃ と思ったが、昨日までの疲労が出たのか、足腰が痛い。んー スカイバレーに行こうかな、っと思っていたが、山間は 大気が不安定で 雷雨になる可能性もあり、 気持ちの乗りも悪いので、今日はおとなしく、自宅待機日にした。
そうだ、先日 東京から友人の周ちゃんが一冊の小説を持ってきて、貸してくれた。「 自転車少年記  あの風の中へ  」   竹内 真  著   新潮文庫   そうだ、こんな時は読書がいい。しかも自転車の小説、ちょっと疲れた体にはとってもよさそうだ。 庭にアウトドア用の リクライニングチェアーを出し、Tシャツを脱いで、冷たい飲み物をテーブルに用意して、読書開始。  物語は 主人公 昇平 と親友の 草太、伸男 の少年時代からの青春記、自転車がとってもいい感じで絡んでいる物語。周ちゃん曰く ちょっと軽い感じの話だけど・・・ って言ってたけど、僕は結構好きかな? このくらいの感じ。 主人公の青春時代、なんか 羨ましいなあ〜 読んでるうちに、無性に高校とか 大学の時分に戻りたくなった。嗚呼 年なんかな〜。  でも
疲れた体に、あの青春時代の ギラギラしたエネルギーが戻ってきたような、なんか自転車で遠くに行きたくなったような、そんな見えない力が湧いてきた。 昨日、欽ちゃんが 頑張ったように、僕も何か、挑戦しないとな、、、 何がいいか 考えてみようか。 そんな疲労回復のための休日であった。


P1050735


P1050748


P1050734


家の庭にある ” まてばしい ” ( ドングリがなる木 東京などで 街路樹や 公園の緑化などによく使われている。 うちでは、通称 ゆうたろうの木 と呼ばれている。 ) という木の梢に 山鳩が巣を作ったのは 2ヶ月ほど前の事。いまでは 巣の中でひなが順調に育っている。ひなは 2羽いる。どちらも 同じくらいの大きさに育っているので、おそらく 2羽とも うまく巣立ってくれると思う。そしてそれを 願ってやまない。


P1050720


| | コメント (4)

二次会楽しや マラソン大会

毎年、恒例の須賀川市 ( 以前の長沼町 ) 藤沼湖畔マラソン大会が 19日に行われ、祐太郎がエントリーした。小学1年生のときから出ているので、今回が3回目。昨年までは親子で出走しなければならず、僕も1.5キロを一緒に走っていたが今年から子ども単独での出走となり、僕の役目は報道関係に変わったのである。 さてさて、今回、楽しみなのはいつも一緒に参加している Nさん家族、Oさん家族と   2次会の大焼き肉大会が執り行われる事である!!!   Nさん Oさんともに いつも一緒に出ているマラソン仲間である。 我が家では年3回ほどの 学校外のマラソン大会にエントリーしているが、いつも一緒である。示し合わした訳ではなかったが、いつの間にかいつも一緒に出るのが当たり前になっている。家は年3回ぐらいしかでていないが、他のお宅ではもっと出ている。すごい気合いである。またお父さんたちも 皆アスリートで、すらりとした僕とはかけ離れたスタイルである。 スゴっ。 さて、今回は 親子の部に Nさんちの 次男坊 がはじめてエントリーである。お兄ちゃんに負けずに頑張って欲しいものだ。 最初のレースが親子の部で 1.5キロ、1.5キロといっても走ってみると 結構大変なのだ。僕も毎年走っていたが、本当に疲れてしまうのだ。まあ、鍛えていないのが悪いのだが、、、

P1050521

初参加の Nさんちの 次男 Rくん スタート前、お父さんとの2ショット。がんばれ〜!!

親子の部はまず 母と子の部からスタートする。スタートライン最前列には 上位入賞を狙う気合いの入った親子が並ぶ。親と子といっても その模様はなかなか本格的で、きちんと磁気でタイム計測するし、伴走にも実業団のアスリートや 地元高校の選手などが付いてくれている。 

P1050525

母と子の部のスタートである。小学2年生までの子どもたちなのだが、すげー勢いで カットんで行く!

P1050538

そして Nさん親子のスタートである。

P1050545

Rくんにっこにっこ のスタート 行けーっ!!

P1050575

そして、おりかえしを 過ぎ、もうすぐゴールだ、ラストラストー がんばれー!!

P1050581

お父さんの励ましをうけて、、、

P1050586

無事 完走 。 完走証明をゲット!! おめでとー 頑張ったね Rくん。

Rくん 無事完走、おめでとう。やったね 初めての勲章だ!! これからの大会に期待である。

さてさて、Rくんの親子の部がおわると すでに 3年生達が招集されていた。 すぐさま スタート地点へ急ぐのだ。 ”報道関係” 大変です。今年から 彼等は2キロを走る。きついが、頑張って欲しい。しかし、我が家の坊主、、全然練習せず。ぶっつけ本番のレース。まあ よくあることだが・・・ さあ どうなるかな〜

P1050587

スタート前のスナップ 右から Nさんちの Yくん 、祐太郎、Oさんちの Aくん、 そしてAくんの幼稚園時代の同級生 Hさんちの Rくん Rくん すっげー 速いらしい。今回初出場 そして6位入賞!!! やったね〜

P1050601

スタート直前、緊張の祐太郎  そして Yくんにアドバイスする せいたかのっぽ の Nさんパパ

まず3年生の 女子がスタート。その 2分後、いよいよ男子  スタート!!!

P1050596

女子のスタート  はっえーっ!! はっきり言って僕より速い・・・・・ 

P1050606

位置についてー よーい!!!

P1050607

スタートーっ!!!!! みんないっけーっ

P1050623

激走 Yくん でもごめん 写真が後ろ姿になってしまった〜  9位で完走  すげ〜    9/39

P1050624

Aくん 気迫の走り がんばった〜   12位 やったー    12/39

P1050625

祐太郎 練習無しが響き、18位 まあなんとか 完走   18/39

P1050636

みんな がんばったな〜 おつかれさま。

さあて、競技が終了し一旦それぞれ帰宅。それから、1時間半後に場所を郡山市郊外の浄土松公園に 移して 再集結。 おっ楽しみの 2次会、大焼き肉大会のスタートである。

  P1050642

にわか雨に備えて、スクリーンテント設営。

P1050643

お母さんたち 笑顔の懇談 これっていい感じ。大事だよね、Nice Communication!!

浄土松公園は 広々とした草地のグラウンドに 小さいながらもアスレチックもあり、子どもたち 大はしゃぎ お父さんたち、テントの設営、焼き肉の準備、お母さんたち、下ごしらえ、おしゃべり、おしゃべり、 大忙し 子どもたち、キャッチボール、アスレチック、つまみ食い、大忙し。 ビールで喉を潤し、あー 至福だあー!!! 炭をおこして、鉄板 焼き肉 焼きそば 焼きウィンナー 野菜たっぷり 旨め〜 普段はレース後 さよなら〜 だったので今回は 僕的には すんごく 嬉しかった。やっぱし この反省会 ( なんにも 反省しなかったが ) これがとっても大事である。親同士 子ども同士のコミュニケーションほんとに 大切。

以下 スナップをアップするので 見て下さい。

P1050660

P1050653

P1050676

ごめんなさい ちょっとピンぼけ。 Oさん 親子の Good Communication シーン。

P1050665

みんな もくもく たべて わいわい飲んだ。

P1050672

親父たちの 語らい。 重要である。

P1050647

イタリアンマフィアの食卓みたいに 長いテーブル。

P1050659

P1050670

P1050682

食後は 野球 こういうのが また楽しいのだ。

P1050689

アスレチックで全身使って遊ぶ。 タフだな〜

P1050704

かくして、楽しい愉しい 一日が終了。今回は 2次回の始まる時間が 少し遅かったので、つい 総員乾杯を忘れてしまった。この事実は大きなミスである。 故にこの 反省をふまえ、再度近いうちに 全員を招集したい いや、しなければいかん!! と 心にかたく 誓う僕であった。 みなさん、いいですかあ〜 反省会の反省会をやりますよー!!       なにはともあれ みなさん お疲れさまでした。また 集いましょう。    

P1050661

ああ、大好きな夏が だんだん 終わって行くようだ。    寂

| | コメント (4)

2007年8月19日 (日)

みんなで”輪輪”裏磐梯

お盆休みは短いっ!! たった5日間しかない、だからめいっぱい遊ばなきゃいけないのだ。 ということで、秋元湖から帰った翌日、今度は自転車で遊ぶことにした。体調不良のため、キャンプには参加出来なかったうちの”奥” の古くからの友人” Yさん”と初の自転車遊びである。 Yさんは今年、MTBを購入したばかり。サトーサイクルでお世話になって、GARY FISHER (ゲーリー フィッシャー )のMTBにした。渋い〜 かっこいいではないか〜。以前から「 自然の中を走りたいっ 」と熱望してたが、なかなかスケジュールが合わず、( 僕が 週末、休めないのが悪いのだが、、、すんません )  そして!! 今回 このお盆休みを利用して一緒に遊ぶ事にしたのだ。 メンバーは 僕、奥、祐、そしてYさん の4人。場所は やっぱし 裏磐梯   檜原湖岸を散策してみよう ということで いつもの 裏磐梯国民休暇村に 車で移動。今日も暑い!! 水分をたくさん持って いざシュッパーツ!!!

P1050387

桧原湖岸を走る 祐太郎とYさん。アップダウンが続くワインディング。 


軽快に進む 自転車達なのだが、あれ?? 最後尾を 任せた ”奥” の姿が見えない。なにかトラブルか! と思いきや、ただ単に ”””遅い””” だけ〜  もっっと一生懸命こぎなさい。
ひなた は暑い! が日陰 ( ここでは木陰になるのだが )は涼しい。当たり前の事かもしれないが、その当たり前を痛烈に感じる。ウォーキングや サイクリングなど、自然を感じる遊びの辛いところであり、面白いところでもある。行程は 休暇村から早稲沢まで 約6㌔を走ってみる。 焦るものもないので、の〜んびり走る。 って” 奥 ” 遅過ぎ・・・

P1050393

遅〜い  ” 奥 ” がんばって はしりんしゃい。 体調不良明けのため ? なのか。 いやいや 元々らしい。

 P1050392

へたれ 姿で坂道を登って来る ” 奥 ” 

Yさんはなかなか速い。祐太郎も飛ばし屋のため、ちょっと欲求不満気味ではある。まあまあ、焦らず行こう。 早稲沢までの道は ワインディング、そしてアップダウン、連休中という事もあり、自動車の交通量も多い。道には自転車の走行区分がほとんど設けられていないので、車との接触事故が心配である。上手いドライバーは自転車には無意味に接近せず、事前に対向車とのタイミングを考え、減速、もしくは増速して、自転車との距離も考慮して抜いてくれるのだが、なんにも考えないドライバー、または悪意としか思えない行為をするうつけ者もいる。相手が子どもだろうがなんだろうが彼等には関係ない。もちろん自転車側のマナーも悪過ぎだけど、ここも変えなきゃならない。お互いに考えて走りたいのだが、それでも物理的マージンは欲しいところであるのだ!!  甘えて言ってる訳ではなく、本当に危険なのである、以前も書いたが、桧原湖岸に自転車の走行区分を作って下さい!!村長さん、県知事さん。よろしくお願いいたします。観光のためでもありますが、安全のためでもあります。ぜひぜひぜひ!!!   あっ いかんいかん 熱くなってしまった。またこの辺のところは別の機会に書きましょう。


P1050413

ブラインドコーナーで抜いて行く 自動車、もしも対向車がふくらんできたら、、、何をか言わんやである。
これが現実なのである。こわいのである・・・・・


さて、われわれ一行は無事に早稲沢まで到着。スカイバレーとの分岐点にある、スカイバレー商店(  勝手にそう呼んでいます  )にて休憩です。 ちょっとすると、今我らが走ってきた 休暇村の方向からロードバイクがいっぱい走ってきます。みんな、スカイバレーヒルクライム大会の練習のようだ。 やはりわれわれの前を通過してスカイバレー方面へ... 間違いない。 「 こんにちは〜がんばって〜 」  思わず声が出てしまう。 「 ど〜も〜  登るんですかあ〜?? 」 笑顔での返事。「 いえいえ〜 登りませんよ〜 がんばってねー 」  こんな何気ないやり取りがうれしい。正直、自転車乗りって シャイなのか? 挨拶しない人 結構多いと思う。WHY???  不思議だ。 ちょっと挨拶しただけで気持ちよく走れんのにな。


P1050398

スカイバレー商店 こと 小椋商店にて 休憩である。冷たい飲み物がありがたい。

P1050401

ロードバイクの集団もやってきた。ここがこんなに混むなんて、、、あまりない絵。  失礼”


休憩後、Uターンして休暇村へ戻る。そして、車で秋元湖へ移動し、今度は林道ツーリング、ダートを走る。木漏れ日の中のシングルトラックを行く。道はかなり荒れているが、バランス、そしてライン取りの練習にはすごくいい。そして何より気持ちいい。 
以下、写真を貼るので、見ていただきたい。

P1050434

P1050435

木漏れ日、天然のクーラー。気持ちいい。


P1050467


P1050451


P1050461

P1050469

ガレ場もある。みんなで降りて歩いた。

P1050503

このトンネルを抜けると、もう今日のゴール。


林道を走る事 約3㌔ 手掘りのトンネルがあらわれる。ここを抜ければ、中津川渓谷の看板があり、そこを越せば、橋がある。それを渡ればゴールの河原に降りられるのだ。


P1050476

ガレ場が多いので押しが多くなる。ここは橋の上。ここを越せば、、、 

P1050477

最後の難関。河原への下りである。ひとりで果敢に挑む祐太郎であった。  が この後・・・・・ 転・・・ 泣き

P1050483

さあ、ここで やっと昼食、涼しい渓谷での贅沢なランチ。

P1050484

Yさん いいじゃな〜い!! 気持ちよさそう。

P1050489_2

自転車達も 暑かったので涼んでます。

というわけで、今回はよくばって 2つのコースを楽しんでみた。Yさんも 奥 も 結構疲れたようであったが、でもかなり 満足してた。祐太郎 も よう頑張った。 この次は 秋にでも、檜原湖一周してみようか、
                                                            輪輪てね、 Yさん!!

P1050510

秋元湖、今日も晴天  暑かった〜   でも、どっかに少しだけ 秋の気配が・・・・・ あっ 前にも書いたっけ。

| | コメント (2)

« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年8月26日 - 2007年9月1日 »