« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »

2007年9月9日 - 2007年9月15日

2007年9月14日 (金)

空高く、スカイラインに、登り往く、浄土平で、僕肥える秋。

 今日は、またまた休み。( しかし 3連休は全くない!! ) 自転車に乗らなきゃ!! 天気は上々〜 
ブログアップが遅れてすみませ〜ン!! 昨夜は疲れたのか、祐太郎と一緒に思わず ZZZ・・・


 さて話を戻そう。奥が会社に出かけてから、一度会社に行って 一仕事   と思ったが、、、 やめーッ   今日出来る事は明日でもできるう〜。 でも結局、家を出たのは 11時くらいになってしまった。さてさて、どこへ行こうか ?
毋成グリーンラインを通り、( 通行料無料 )裏磐梯へ。 スカイバレーもいいけど、他の峠も登りたいな、、、 思い切って 福島県屈指の山岳有料道路、、「 磐梯吾妻スカイライン 」 よしっ!! がんばろ!!

毋成を越えて、沼尻温泉を通り、115号線に出て土湯方面に10㌔ほど走ると、スカイラインの入り口だ。 


P1060281


P1060287

スカイライン入り口には、今問題になっている、”土湯ドライブイン跡” が 廃墟となっている。 むかしはすごく混んでたんだけどな〜。時代の変遷に埋もれてしまった・・・・・


P1060285

廃墟と言えば、ここも有名、すこし戻ったところにある数々の恐怖伝説? よく分からないが。 がある、” 横向ロッヂ ” 夜はコワイ。   写真左側の建物。いわゆる” おばけやしき ”   でも建物にスプレー落書きするおばかが集まるから ” おばかやしき ”!! 

ふりかえると、高校3年の秋、S郎と一緒にこの横向ロッヂまで自転車で登ってきた。ちょうど、この横向で天候悪化のため、スカイライン行きを断念し、毋成を通って帰った失敗ツーリングの苦い思い出がある。 僕とS郎の間では、スカイラインをスカって、毋成を帰ったから、””  スカボナ  ”” と呼んでいた。 まあ、このときはもちろん、郡山から自転車だったのだが、今回は ファンカ の力を借りてはいるが、まあ、僕的には リベンジ という事になる。よーし 頑張っちゃおう!! と気概も新たに・・・

スカイラインは 有料道路である。 あ〜 有料道路を自転車で走るのも 高校生の時以来だなあ〜。なんか、自転車で料金所に並ぶ感覚が すごく懐かしい。「 こんにちは〜 」 料金所のおじさんとの挨拶も笑顔が出る。通行料金は 150円 普通自動車の1/10である。 おじさんもにっこにこ! の笑顔。 「自転車、頑張ってますね〜、、そういえば、30分くらい前に夫婦か カップルかな、男女2人が登って行ったよ 」 との事。 あ〜 ロードバイクかな? 上で会えたらお話出来るかな? と思いつつ、また帰りによりま〜す!! 

P1060291
 
笑顔がすばらしい、料金所のおじさん。 自転車って人の笑顔が見られる乗り物であるなあ。 いいっ!


さっ ! スズメバチ 赤い彗星が果たせなかった、浄土平をめざせ!! 距離は 14㌔ほどとのこと。
スカイバレーは 休暇村から 16.5㌔ だから 比べても以外に短い。 はじめてのコースだし、眺めがいいので、写真を撮りながらのんびりペースで行こう。料金所からは本当に緩やかな登り。勾配の無さにちょっと拍子抜け。しかし、走り始めた場所の標高が結構高いから、こんなものか。最初はまだ 脚に血が入らない。我慢我慢 で登りを続ける。しかし、眺めが最高だ。天気もいいから、久々に気分が高揚!! 

聴いちゃいけない 掟破りのi-Pod からは、世界遺産のテーマが聴こえてくる。眺めと音楽が完全一致。まるで 世界遺産のテレビを自分の目で見てるような感覚。( 僕の目は近眼で ハイビジョンにはほど遠いが、、、笑 )

P1060290
日本の道 100選にも選ばれている。

P1060292

裏磐梯を一望。手前のこんもり山は 高森山。すばらしい眺望だー!

P1060297

最初はなだらかだったが、徐々に勾配は急になってきた。


しかし、久々に登ってみたが、眺めがいい、写真を撮る場所がたくさんありすぎて、止まっては撮り、走っては止まり、また撮る、、、の繰り返し。それもあって、脚にストレスがたまらず、非常に楽に走れる。勾配の緩さもあるが、のんびりポタリング。ん〜いいものである。 これなら、うちの ” 奥 ”も祐太郎も頑張れば浄土平まで行けるのではないだろうか?   yさん、syuちゃん Goodogさんもいかが? 今度登ってみる? オススメのコースである、これからの季節とっても素敵な一日が過ごせること請け合い!!
 周辺の植物を見てみると、高山性の植物が多い。樹木もスギ科の物が多く、森林限界に近い雰囲気である。ちょうど、乗鞍を頂上に向かっているときの雰囲気に似ている。時折、道の脇にとっても綺麗な水場もある。水場はスカイラインには何カ所もあった。今回は飲まなかったが、次回は飲んでみよう!! 旨そうだったなあ。
 それから自転車で登っていると、いい物、それは音!!! 水場から聞こえる流れの音。これはとても清らかに、美しき音に聞こえる。喉が渇いているから、なおさらなのだろう。車やオートバイでは聞こえて来ないかすかな美しい音、とてもいいものである。これからの季節は賑やかな蝉の声が聞こえなくなり、秋の虫達のオーケストラが聞こえてくる・・・・・ そしてそれが終わると、風にざわめく落葉前の葉っぱたちのセレナーデ・・・・・ そして落葉。今度は道路を転がる落葉たちのレクイエム。 音、匂い、気温、湿度、空気感、色々感じられる、いや感じたいものである。それらを叶えてくれる乗り物は 自転車だけ。


P1060299

空気感、、、つたわるかな?

今回は本当に、のんびり走っているので、心地いい、スカイバレーだと 1 の1でわっせわっせ と廻しているが、今回は1の3か 2の3くらいでものんびり廻せる。気温も低くなってきたので、ヘルメットのバイザーから汗がほとばしる事は、ついぞなかった。 景色は裏磐梯、そして 安達太良連峰を一望、、、 場所によっては スカイバレー方面の西吾妻も眺められる。西吾妻を見ると、「 あ〜あの下にスカイバレーがあるんだなー」 ってなぜか感傷的な気分。もともとスカイバレーが大好きだったので、浮気してるような!?
妙な罪悪感のような なんとなく変な感じ。 


P1060388

西吾妻山、スカバレよ すまんすまん!! またお前にも会いに行くかんな・・・ などと思いつつシャッターを切った。 


P1060319

標高1400m通過、時計のアルティメーターをリセット。


P1060309

ふりかえれば、今登ってきた道はこんな感じに眼下に見える。 ガンバってんなあ〜 俺・・・


P1060321

磐梯山と 遥か彼方の 猪苗代湖、見えるかな?

P1060320

見えないとおっしゃる 諸兄のために 望遠レンズで覗いてみたら・・・ 

P1060348

安達太良連峰である。山塊っていう言葉がぴったり。素晴らしい山である。


安達太良連峰、、、郡山から見る山容とはまるっきり違う。ここから眺めれば、なんかミニチュアチックでもある。安達太良は連峰であるから当たり前なのだが、本当に多面的。場所を変えれば色々な表情に会える山。なんかいいな〜。 こんな景色を眺めながら走ると不思議と疲れない。
 わっせわっせ っていう感じではなく、えい こお〜ら〜!! えい こお〜ら〜 ってな感じで自分を癒しながら登って行くと、、、


P1060350

空に ひとすじの コントレート ( 飛行機雲 )    しびれそうである。 僕は実はヒコーキマニア・・・そのはなしはそのうち また。


の〜んびり と走っていたら、、、 眼下にこんな風景も,,, ズームイン!!

P1060323

レークラインに続く道。大倉川を渡っているところだと思われる。


そしていよいよ、、、 

P1060356

彼方に 褐色の山肌が・・・ おーっ あれはもしや!!

P1060363

あ〜っ あれは〜!!! やっぱし!!

P1060365

うっひょおー っ ほっほっほーい!!

P1060354

気持ち 高揚しっぱなし

P1060367

わきたつ雲に迎えられ。

P1060372

ついに!!

P1060382

浄土平に!!

P1060376

とおーちゃあーくうー !!! ばんざーい ばんざーい ばんざーい  !!


着きました。感激のゴール 本当に両手をあげながら、走っていた。 バカみたいだったけど・・・  でもいい!
バカでもいいのだ!! うんっ そんな感激って大事だと思う、僕は今年で40歳・・・!! スズメバチよ!ありがとう。

P1060378

偉大なる スズメバチを仰ぎ見て。 う〜む シブいカットじゃな。

P1060383

そして、レストハウスで一休み。名物のピーチ バニラの MIXソフトを購入!!  むかって 右側が見本。左側が本物!! お= 見本より大きい〜 珍しい現象。おねえさんが サービスしてんのよ!! うちは! って ありがとう! 嬉しい! でも 太ってしまうのか またしても ・・・ うんにゃ いいのだ! これでいいのだ!! 食欲の秋なのだ!! 僕 肥えるのだ。

時間の関係で 吾妻小富士の登頂は断念したが、次回はそれも 登りたいなあ〜 もちろん スズメバチもつれて・・・


P1060389


下山。20分ほどで” ファンカ ” の元に。


いそいそと 郡山へ帰る準備。 あ〜 充実、こんな休日が 大好きである。 ど〜ですか、みなさんも 自転車 乗りませんか??
帰りに横向温泉で MTB 2台が止まっていて、傍らにカップル or 夫婦 の姿が、、、 あれ? すれ違わなかったな〜  止まろ〜カナ〜とおもいつつ ついつい 通過。しかし、数㌔走ったところで やっぱし お話ししたいな〜 って気持ちが押さえきれず、、、 戻る。 ・・・ しかし  戻ってみたら ・・・ いなかった・・・・ 残念!!
思った時に 即行動しなきゃ だめだなあ。 反省である。

P1060390

帰りの 毋成峠より 安達太良遠景 。今日も一日 ありがとう!! 

P1060391

お疲れさま!! 本日の勲章。 いえいえ こちらこそ ありがとうございました。


あらためて 裏磐梯の素晴らしい 一面に触れ、高校3年生の時に果たせなかった事を成し遂げ?? 充実した 秋の入り口だった。 またのぼるぞ〜 今度は レークラインもいいな〜!!


追記//  昨晩 書き上げようと思っていたのに つい寝てしまい、アップが遅くなってしまった。すんません。
やはり 年なのか 疲れていたのか??  ちょっぴり 哀しい秋の夜。

| | コメント (4)

2007年9月13日 (木)

秋雨が、空気を冷やし、夏遠く、日本が揺れて、心むなしや。

今日は、朝から秋雨が結構強く降っていた。 息子の祐太郎は今日、遠足である。会津の方面へ向かうとの事だったが、この雨で予定が狂うかも・・・ などと考えながら出社。 午前中からなかなかと忙しかった。今日の新聞の占い欄によると、今日は大した気をせずに、大人しくしていなさい!! との事。 新聞の占いと言うのは、あれで結構当たる。僕は、ズームイン朝の” あかさたな占い ” と共に結構信じている。元々が占いは嫌いなのだが、なぜかこれだけは、 OKだ。本当に当たるのだから、信じてしまう。

さて、では大人しくしていよう。 社内での仕事が多く、外に出ずに仕事をする。 お昼前にもう皆さんご存知の安倍晋三首相辞任の一大ニュースが流れ、騒然。この事に関しては、僕個人、色々と思うところがあるが、このブログが炎上しては困るし、アウトドアの事でも裏磐梯にも直接は関係しないので、あえて何も言うまい。まあ、ただ一言、、、最近の日本人は” 人の立場に立てる人 ”が少なくなったなあ、、、っていう事。 想像力 つまり イマジネーションで相手の気持ちや、置かれている立場、空気感、などを読む能力が衰退しているように思う。 いじめや、ストーカー、つまらない原因での殺人、本当に悲しいばかりである。もう少し相手の事を考えてあげるようにしよう。 とあらためて思った一日であった。

午後から、ちょっと表に出てみたが、いつの間にやら雨はあがり、すっかり青空が広がっている。空には綺麗な絹層雲が はためくかのように広がっている。 気温も低く、湿度も低く、今までのように熱気が体にまとわりつかない。非常に心地いい・・・・・ が反面、やはりあの暑さが恋しい。これからどんどん空気は冷やされて行く。太平洋高気圧は辞任し、後継に大陸性高気圧がシベリアの方から秋の風を連れてやってくる。一つの季節、時代が終焉を迎えつつある。 僕も何度も何度も、ブログ上で夏を惜しんでいるのだが、秋の素晴らしさも知っているから、これからの季節もそれはそれで、愉しむつもりである。

 常に前向き、これって大切ではないだろうか。とっても・・・ これからの季節。そして不安ではあるが、これからの ”日本、 NIPPON、 JAPAN、 JIPANG、 にほん、 我々は、一人一人が、過ぎ去る時代に思いを馳せながら、新しい時代に生まれ変わるこの国を、前向きに引っぱって行かねばならないのだと、ひとり思う 今宵である。  
あ〜 政治は書かないつもりだったのに・・・・・ みなさ〜ん ブログ炎上させないで下さいね。なんか、訳分からん 独り言ですからね〜!!

P1030738

終わり行く、夏の空見て、なつかしき、子供の頃の、思いわきたつ。

P1010359

秋元湖、秋雲空を、染めいかん、旅立つ季節、木々ほむらたつ。        


明日はまたまた、休みである。 今度こそ、いざいかん 山登らん!! スズメバチで・・・GO!!

| | コメント (7)

2007年9月11日 (火)

突然ですが、映画は最高!

今日は、午前中仕事。元々は休日だったので、仕事を終えそそくさと 帰宅。さあ!! スズメバチっ いでよっ !と行きたかったが、昨夜の夜更かしがたたってしまった。体がだるくて仕方がない。疲れが溜まっているようだ。本当は色々考えた結果、二本松市にある” 岳温泉 ” に行き、温泉から安達太良高原スキー場までをクライムチャレンジ( 僕流に略してクラチャ、 )して、帰りに二本松市内の本屋さんでしか売っていない本を買ってこようと思っていたのだが、天気が思わしくないのと、本がまだ出版されていないのがわかり、計画は頓挫。う〜ん ど〜しよ〜か、などと考えているうちに眠気が・・・・・  あー 最悪のパターンで休みがあ〜  と思っているうちに、抵抗虚しく瞼が閉じた・ ・ ・ ・ ・


 先日、” 奥 ” が見ていたテレビを何気なく見ていたら、それは、松本幸四郎主演の 「 生きる 」 であった。途中から見たのが残念だったが、さすがは 黒澤監督の作品、リメークのドラマであっても素晴らしい出来だった。僕は「 生きる 」の映画は見た事がない。なんとなく見なかった作品だった。しかし、今回このドラマをみて、あらすじは分かってしまったが、黒澤監督のフィルムでの作品が観たくなった。早速、
TUTAYAにてレンタル!!。 今日は「 生きる 」を鑑賞することにする。 でも、考えてみれば、寝不足だしなあ・・・・・ 「 生きる 」 を観て 疲れそうだなあ〜 
 
200505250


 疲れ気味の僕とは対照的に、うちの坊主は スイミングスクールに通っているのだが、水泳は好きらしく、毎晩のように元気いっぱい!! せまい湯船いっぱい使って泳いでいる・・・・・。

P1060250


| | コメント (2)

2007年9月10日 (月)

神輿出し、裏磐梯へ一直線、山塩アイス、ちょい寒まいう〜!

今日は前号に書いた通り、朝はお祭りの準備。先日倉庫から出してきた御神輿を町内の 東邦銀行 郡山中町支店の店内に展示するのである。10時集合だったが、5分ほど遅れた・・ 御神輿がしまってある場所へ向かっていると、むこうから本一講の面々が早くも御神輿を押してこちらへやってくる。 あらら・・・
みなさん早いです。 遅れてすみまっせーん。””


P1060152

お〜 おはよ〜ございま〜す!! 「 遅れてすんません”” 」 「 いやいや〜 いいよ〜 」 寛大な本一講なのだ。

P1060153

御神輿を押して 東邦銀行へ向かう。僕は即 報道担当に・・・・・。わっせわっせ


P1060160

到着〜 !   ここが東邦銀行郡山中町支店。全支店の中でも最も古く由緒ある建物なのだ。


さてさて、銀行内に突入!! いきなりの 御神輿乱入に 中にいたお客さんびっくりである。 毎年展示するロビーの一角に運び込む。御神輿と共に、ゆかたと半纏も展示するのだ。少しでも多くの人にお祭りを知ってもらい、楽しんでもらいたいとの趣旨からこの展示は長い間続けている。

 
P1060156

手際よく、みんなで展示する。チームワークの良さも良好!! 


P1060158

はい!! できあがりっ!!


今日は平日なので、( 僕はお休みだが )展示完了後、即 解散。僕もそそくさと帰宅。すぐにスズメバチを”ファンカ”に積み込み、目指せ  裏磐梯!!!!! どんより厚い雲が低く垂れ込めているが、とりあえず 裏磐梯へGO!!


檜原湖へ到着。今日は桧原を一周しようと思っていたが、ちょっと天候的にも無理っぽい。時折低い雲から雨が降ってくる。とりあえず、お約束の山塩アイスを食べに ” 道の駅 ”へ向かう事とする。

P1060173

本日の ” 表磐梯 ” 低い雲が取り巻いて、今にも降り出しそうである。

P1060182

道の駅に到着。地元で採れた農作物やおみやげが販売されている。平日なのでガラガラ。

P1060185

あったあった。アイス屋さん、、、きれいなおねえさん いるかな〜?  ルンルンである。


お店を覗き込むと、奥の厨房に男女それぞれ一人づつ。おっ あれがおねえさんか? とお店に入店。 
「 いらっしゃいませ・・・ 」 ボソボソとした挨拶と一緒に出てきたのは、お兄さん。 れれれ、、、 一瞬ひるんだ僕の反応を見破られないように、すかさず質問。「 先日の新聞に載っていた山塩アイスってここのアイスですか? 」  すかさず奥に視線を向け、おねえさんの顔を確認。所要時間0,3秒で確認したのは、新聞のおねえさんとは全くの別人。 ガック〜・・・・・・・・・・・・・・・。  しかし、動揺を見破られないように、、、     「 ふ〜ん、これって塩っぱいんでしょうか???  」 「 最初は それほどでもないですよ 」 との応え。それでは途中から塩っぱくなると言うのか。  とりあえず、落胆した気持ちを奮い起こして オーダー。 ¥300也。
ソフトクリームかと思っていたら、ジェラートだった。なめてみると、うんっ!!!  マイウ〜 。ほどよい塩加減、ベースのバニラの甘さを引き立てながら、ちょうど良い頃合いの塩味の主張。塩味がきちんバニラに対し礼儀をわきまえていて、さりげなく、されど、きちんと存在している。 気温が低い今日はちょい寒 かったが、でもこれは、檜原湖一周の際には MUST EAT であるなあ〜と改めて実感。


 
 P1060183

これが ” 山塩アイス ” 旨かったなあ〜。 また食べたい。しかし よく溶ける。手がベタベタになっちゃった

   

おねえさんに会えるかどうか、会社の同僚 Aくん と 話していたのだが、彼の言う通り、ここにはおねえさんはいないらしかった。 やはり 役場か商工会に勤めている方なのか??  
 美味しかった満足感と会えなかった虚しさの両方を胸に抱き、桧原湖畔を北上。細野という部落でスズメバチに乗り換える。しばしポタリングを愉しむ。しかし、空は今にも泣き出しそうだ。

P1060189

道の駅を出発。左折して ”スカイバレー” 方面へ向かう。

P1060191

次に出てきた看板。あれれ?? スカイバレー が バレーラインに?? なんだこりゃ? わかりずらっ!!! しかもスペルまで違うではないか!! まずいんじゃないかな これ。


細野から走り出すとすぐにいくつかのキャンプ場が現れる。実はこの辺は 裏磐梯丸見え〜 のグッドシチュエーションであり、秋元湖同様 よくカタログや CMなどの撮影に使用されるのだ。 ちょっとなつかしい場所を見つけて立ち寄ってみた。そこは” 細野 ママキャンプ場 ” なんとすごいネーミングだ。 小学生の頃、キャンプに連れてきてもらった場所で、2〜3回ほど キャンプをした記憶がある。看板も往年の
まま さすがは ママキャンプ場である。 小屋には無断侵入禁止の看板が・・・ 残念ながら管理人はあいにく留守のため、キャンプ場に立ち入る事は断念。 入り口での記念写真だけにとどめておいた。 

 

P1060192

うわー 懐かしい看板!!!  ね 懐かしいね〜 カッチンおじさん!


P1060197

しかし、小屋も昔のまま、、、 秋元湖もそうだが、もう少しここの辺り、何とかなれば・・・ ノスタルジー


 秋の風としか思えない気温の中、ふたたびペダルを踏み込む。涼しさというよりも少し寒いに近い感がある。紅葉も近いんだろうなー。とあらためて実感しながら道を往く。 桧原大橋という橋まで差し掛かった。この橋のたもとには、橋が架けられる前まで使われていた旧道が残されている。鬱蒼とした森に飲み込まれそうな雰囲気。僕は吸い寄せられるような感覚に、思わずその旧道へ入ってみた。 台風の後だけあって、道には数多くの枝や落ち葉がまるでばらまかれたように散らばっている。なぜだろうか、不気味な雰囲気であるが、何かのエネルギーが呼んでいるような気が・・・・・  


 P1060221

不気味な旧道。何者かに吸い寄せられているような気が・・ 思い直して Uターン。速度の看板が侘しい。


 気を取り直し、道を急ぐ。残念ながら、ここで空からポチポチと降ってきた。霧雨である。今日はここまでである。本降りになる前に” ファンカ ”へと戻ろう と道を急ぐ。今日もまたなんだかスピードが出せない。なんか脚に問題があるのだろうか?   まじめに今度 整体に行った方がいいかもしれない。
 なんとか” ファンカ ”に辿り着く。降りはかなり強くなってきたが、ずぶ濡れにはならずにすんだ。
今日はこんなところで遊び、、 おしまい。 帰ってから天気予報を見たら、この雨は 秋雨前線によるものとの事。やはり秋がやってきたんだ。


 
P1060233

” ファンカ ”に収容!! さて 我が家へ向かって GO!! 


P1060234

檜原湖岸線の一部が舗装工事中。自転車が走る部分も造ってもらえたらなあ。

P1060242

帰りは中山峠から土砂降りに。雨が冷たく感じられるようになってきた。


充実した一日だった。明日は朝一仕事!!  そのあと 休み!! 喜喜!!  またスズメバチと出かけようか!?

| | コメント (2)

地道な準備が祭りを創る。心高鳴る今宵の宴よ。

この日、我らが 本一講のお祭り準備のための会議があった。解説しておくと 本一講とは、本町一丁目町会内に設けられていて、支部長をトップに、祭事部長、若連会長、同副会長、ほか多くの若連メンバーで組織されるお祭りのための精鋭組織である。
そしてこの時期、毎年8月下旬から9月上旬にかけて、講の役員が準備したその年のお祭りに関する予算、日程の設定、概要、などを町会の役員の方々へ発表し、町会から許諾をもらうための会議が行われる。久々に若連メンバーがたくさん集まり、いよいよ本格的に祭りの具体的準備がはじまる。
祭りの本番は 9月27〜29日までの三日間。もう祭りは目前なのである。たくさんの人たちが自分のためではなく、”祭り”というみんなのための行事に力を尽くす。これが祭りが素晴らしい理由の一つである。


P1060143


会議後の宴の一コマ。みな愉しそうである。写真は撮れなかったが、宴の前にはきちんと会議があるのだ。  この写真だけでは単なる飲み会にしか見えないか、、、笑


P1060144


それぞれの席で、祭りへの熱い思いが語られる。お祭りの話は尽きる事はない、止めなければ何時間でも夜中まで続いてしまう、これが本一講!!


P1060146


11時過ぎに宴が終わると、年寄り組とスケベ組とまじめ組とに分かれる、年寄り組は帰宅しスケベ組はネオンを目指して旅立ち、まじめ組はお店の前で会議を続行する。会議は1時間は続くのだ・・・・・


今日は、朝10時から御神輿を 本一内にある、東邦銀行 郡山中町支店内に展示するための搬入作業がある。自転車はそれが終わってから乗ろ〜、、天気が心配。 

| | コメント (0)

« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »