« 2007年11月4日 - 2007年11月10日 | トップページ | 2007年11月18日 - 2007年11月24日 »

2007年11月11日 - 2007年11月17日

2007年11月14日 (水)

この秋も いよいよ持って エピローグ 冬の足音 静かに来たる。

今朝のNHKニュースで 磐梯山の初冠雪を確認したとの一報が流れていた。知り合いの方の今朝のブログにも安達太良山が雪をかぶったとの記事があった。 確実に冬に向かっている福島。今日は秋元湖に今期最後のカヌーに出かけてみた。ついでに色々な場所に今年のお礼参りをして来ようと思う。
今日はひとり、カヌーとスズメバチをつれて、裏磐梯へ。 猪苗代で一旦車を止め、磐梯山を仰ぎ見た。
上の方は雲に隠れていたが、確かに山肌には白いものが・・・

 P1090033

今朝の磐梯山。空は鉛色、寒々しい景色。生き物のエネルギーがあまり感じられなくなってしまった。


P1090037

頂上付近を拡大してみた。

P1090036

最大に拡大してみた。岩肌に雪が積もっている。冬・・・

P1090040


どんなにあがいても冬は確実にやってくる。夏が大好きな僕がすごく寂しい思いで秋を迎え、今、ものすごく寂しい思いで 冬を迎えようとしている。 鉛色の空、寒さで凛と張りつめた空気、道の端っこに積もった落ち葉。晩秋の山々は寂しげな哀しい色合いで静かに雪を待つ。


P1090042

裏磐梯は秋時雨れ。今日最初の虹・・・

Dsc02131

最初に向かったのは、裏磐梯の北端、白布峠 通称スカイバレー。今年も何度自転車で登らせてもらったか・・・夏のあの大会の熱気が嘘のように静まり返る。

Dsc02134

オブジェのように生気を失った樹木。しかし来年また芽吹きを迎えるために・・・・・じっと、じっと。

Dsc02132

訪れる人もまばらな峠頂上のパーキング。ここがゴール地点であることは来年もたぶん同じだろう。

Dsc02142

鉛色の空に隙間が空いた、こぼれ落ちてくる晩秋の光。しかしそれは弱々しく虚ろな光・・・

Dsc02148

晩秋 七曲がり。

Dsc02145

今年もありがとう、そんな言葉しか出て来ない・・・・・   この道と再開出来るのは、来年5月。


Dsc02151

ヒルクライムのメイン会場、国民休暇村前多目的広場。寂寞という言葉がよく似合う・・・

P1090055

夜間通行止めの看板。まもなく全面通行止めになり、スカイバレーは長い冬ごもりに入る・・・


次の目的地は 秋元湖。僕が最も好きな湖。カヌーに乗れるのは今日が最後か。

Dsc02154

秋元湖入り口のシブい看板。


Dsc02157

今日の裏磐梯はどこに行っても 鉛色の空。秋元湖から安達太良山を望む。


Dsc02163

磐梯山もすっかり、その姿を隠してしまった。

Dsc02202

カヌーを楽しもうと思ったが、天候が悪化したため、キャンセル。自転車も・・・ 無念。

Dsc02176

安達太良を望む、しかし、今日は水量が多い。

Dsc02213

この色を何というのだろうか? 晩秋色、山廃色? 


Dsc02232

秋元湖西端のカラマツ林。黄が美しい。

Dsc02237

今冬は全面結氷するのだろうか?


Dsc02221

雲と光は芸術家である。

Dsc02250

カヌーを漕ぎだしたかった。

Dsc02266

夕景、光に紅みがさしてきた。


Dsc02262

シュールだ・・・・・

P1090075

秋元湖、ここは多くの写真家の方が訪れる場所。冬になってもその数はおとろえない。暫しの間、眠りにつく湖。また遊びに来よう。カヌーは残念ながら、、、だったが 自転車、写真、カイト、スノーシュー、まだまだこれからも遊ぶ事はできる!。とりあえず、今年の分のお礼を言った。 ありがとう・・・

Dsc02280

帰り道のにわか雨。冷たい雨・・・  でも 雨が上がれば・・・


Dsc02297

今日 2度目のレインボー。 虹は幸せのまえぶれ、宝くじ買おうかな〜。

眠い目をこすりこすり書いたら、なんの中身もない、たんなるアルバムになってしまった。すんません。次回はまじめに書こうと思っとりますので、、、堪忍です。

| | コメント (6)

2007年11月12日 (月)

安達太良と 裏磐梯の 空を飛ぶ わが自家用機 むろんバーチャル。

さあ、今日は久しぶりに自家用のヘリに乗り裏磐梯を空から訪れてみよう。 コースは福島空港を飛び立ち、安達太良山頂を目指し、山頂から秋元湖を眺め、そこからダイレクトに裏磐梯へ行こう。秋元湖の上空を通過して、小野川、檜原湖、そしてスカイバレーを空からたずねてみよう。


P1070966

数あるコレクションの中から、今日はまず、ベル社のヘリにて。 猪苗代湖付近を飛行中の愛機。

そう、これはバーチャルの世界。Microsoft のFLIGHTシミュレーターである。しかし、な〜んだ、ゲームか、とあなどるなかれ!! これがかなりリアルであるから、、、  米国では操縦資格を取るのに実際に使用されているシステムのひとつである。


P1070924

奥岳より安達太良山頂を望む。 こんな場所をヘリで飛んでは行けないのだが。


P1070796


P1070925

天狗岩を望む。


P1070824


P1070931


P1070930

山頂に到着。安達太良山頂にはこんなどでかい看板が立っている。あり得ない、、、

P1070805


P1070929

福島市街地を望む。信夫山も見える。

P1070836


P1070940

秋元湖を望む。ちゃんと檜原湖も小野川湖の姿も確認出来た。


Dsc02055


P1070942

和尚山と前ヶ岳、 遠方に郡山をのぞむ


Dsc02058


P1070937

沼の平より裏磐梯方向を眺めた。


どうですか? なかなかによく出来てるでしょう。 地形データはきちんと 等高線をデータ化しているので、かなり忠実に描かれているのである。 それでは、暫し裏磐梯の空の旅へご招待しよう。


P1070946

安達太良山から沼の平をひとまたぎして、高度を下げながら秋元湖へ。 右の道路はレークライン。

P1050369


P1070951

低空で秋元湖を飛行。キャンパーたちを驚かせてしまった。

P1070952

小野川発電所の高圧線に引っかからないように高度を上げて、おー すぐに檜原湖が見えて来た。右側は小野川湖。

P1070953

桧原湖上空から北へ変針。

P1070954

早稲沢を目指す。スカイバレーも見えて来た。

P1070976

白布峠を目指し、裏磐梯を背に上昇開始。

P1070973

P1070365


さすがはヘリコプター、あっという間に白布峠頂上に到着。西吾妻山を望む。


P1070369


P1070974

スカイバレーから檜原湖を見下ろす。

P1070967

高高度で桧原湖上空を飛行。

P1070963

檜原湖には・・・

P1070964

紅葉の檜原湖クルーズ中の遊覧船の姿もある。


P1070962

雄国沼も見えて来た。湿原はまもなくやってくる初雪に、白く染まるだろう。

P1070982

磐梯山から秋元湖へ戻る、ここから東へ。そして降下開始。


P1070948


P1070109


秋元湖キャンプ場上空。目前に安達太良山。お気に入りのいつもの景色だ。


P1070989


キャンプ場にある僕専用のヘリポートに着陸することにした。そしてここからは、セスナ社製の水上飛行機に乗り換える事にした。

P1070154


P1070988

安達太良山をバックに水上飛行機が迫力の離水。


P1070996

久しぶりのフライトであった。ちゃんと整備しておけと言っておいたのだが、エンジン不調のため通常のセスナにまたしても乗り換え。まったく!

P1080001


P1090001

郡山からみた安達太良山。

P1090003

ちょっと用事があって、本宮市に立ち寄った。降りるところがないから国道4号線に降りちゃった。
わかりますか!? 名倉山と大名倉山。さすがに鉄塔はないが・・・


P1080002

再び離陸し、郡山上空を南東へ、福島空港へと向かう。R19へランディング予定。


118.05に無線をあわせ、福島レディオと交信する。風が幾分強いが、視界良好。周りのトラフィックを確認、今このエリアにはどうやら僕だけのようだ。ほどなく着陸了承の無線が入った。  JA4163,Runway
is clear !!

P1090011

前方に滑走路が見えて来た。 まもなく着陸だ。


P1090012

須賀川の街が眼下に。

P1090013

無事 福島空港へ戻って来た。 最高のフライトであった。また、近いうちに飛ぼう。今度は信州にでも行ってみるか〜。

な〜んて、、、、、、、、、、、、、      できたらいいなあ〜。宝くじが当たったらセスナまでいらないから、モーターパラグライダー、、、ほしいなあ。        空からの裏磐梯、きっと最高だろうなあと、操縦桿を握り、バーチャルの世界でひとり、ほくそ笑む僕なのであった。


 フライトシミュレーターでの裏磐梯、いかがだったろうか?  このシステムがあれば、世界中の空を縦横無尽にフライト出来る。空港も5万カ所くらいあるらしい。最新版は凄いシステムらしい。僕のパソコンでは対応しきれない・・・・・ ゆえに旧式で我慢、我慢。   僕の部屋には 操縦桿があり、その後ろには ほんもののジャンボ旅客機のスーパーシート( JALの放出品 )がある。おかげで部屋が狭く、奥から文句を言われ続けている。 そろそろ実家へ運ぼうか と思う。


P1090014

以前、ハワイに行った時に、オアフ島を僕の操縦で一周したときがある。ホノルル国際空港から離陸し、ワイキキの上空を飛んで、島を一周し、自力でホノルル国際空港へと着陸した。ビデオ撮影料込みで約2万円弱。最高の体験であった・・・・・ 

今日は飛行機大好き人間、マットシの久々 スカイな休日。

P1070902

| | コメント (6)

寒空が 本格的に やって来た 落ちてくれるな 庭の落ち葉よ。

今日の休み、裏磐梯へ  と思ったが、天気予報によると会津は、雨一時やむ 。残念・・・
まあ、今日はおとなしくしていよう。 とはいっても 家の仕事もあるんだな〜

庭が本格的に色づいてきた。 

P1070875

ブナが黄色に色づいた。ブナの葉は黄から茶に変わって行くが、落葉は来年の春先になってから。

P1070852

リビング前の 夏椿。赤茶に色付く。晩秋って言う感じ。もうすぐイルミネーションの季節。

P1070848

メインツリーの ミズナラも黄色に。 昨年はアメリカシロヒトリ がずいぶんたかったが、今年は少なくて良かった。木登りが出来るように脚立がかけてある。

P1070860

今日の気圧配置は 冬型。寒空である。ゴンゴン雲が我が家のうえを流れていく・・・


今週半ばから 本格的な寒さが始まるらしい。会津では雪の予報が出た。磐梯山、安達太良山も初冠雪
するんだろうな。もうすぐ長い冬。昔と違ってウィンタースポーツをしなくなった僕には つまらない つまらない季節。でももったいないので、今年こそは、スノーシュウ を入手して、冬の裏磐梯にも行ってみようと思ってはいるのだが・・・ 実は毎年思ってたりするのだが、、、


P1070882

庭が色づくと、当たり前なのだが大量の落ち葉が降ってくる。これの掃除をしなくてはいけないのだ。

P1070856

こんなにたまってしまうのだ。 さあ、楽しみながら掃除しよう〜 っと。


庭の芝刈りや、落ち葉の掃除など、庭仕事の相棒は、やっぱし J-WAVE 。庭先に小型のスピーカーを出してクリス智子さんの声を聴きながら・・・ 

P1070887

ブロワバキュームで落ち葉を吸いまくる。秋の恒例作業。シュポシュポーっと吸い込まれる落ち葉。けっこう気持ちいい。機械は重いけど。
 午前10時25分くらいになると、  Blendy Heart strings が始まる。仕事の合間の10分間のコーヒータイムを演出するプログラム。これが好きなのだ。

http://www.j-wave.co.jp/original/boomtown/


というわけで、僕もコーヒータイムに。

P1070894

わが家はBlendyではなく Nestle である。


P1070895

庭でのコーヒータイム+J-WAVEが、僕の癒しのメニューなのである。


家の中にいたうちの長女”レディ”も遊びたがって騒ぐので、庭に出してやった。

P1070901

はしりまわる レディ。テリア系なので凄い速さで駆け回る。絶対に捕まえられない。


P1070908

車に酔うので、いつも留守番のインドア犬 レディ、祐太郎のいい遊び相手なのだ。

P1070890

垣根の寒椿の花が咲き始めた。ぱっと見、ハイビスカスに似ている!? が性格が全然ちがう。


P1070914

集めた落ち葉は、庭の端っこにある、腐葉土作成のための箱にためる。

P1070911


お隣にも落ち葉が飛んで行くので、お隣の車庫も掃除する。午前中いっぱいかかって、庭の掃除終了。

P1070886

庭の片隅でひなたぼっこしているアブ。君は冬を越せるのかい?


P1070921

西の山々は時雨雲で見えないので、今日は大人しく家で静養しよう。 さあ、何をして過ごそうか。


| | コメント (9)

« 2007年11月4日 - 2007年11月10日 | トップページ | 2007年11月18日 - 2007年11月24日 »