« 白銀に、すべてのものが、凍てついて、麗しきわが、裏磐梯よ! | トップページ | 秋元湖 ペダルを踏んで 氷上に 轍を刻む 冬の愉しみ。 »

2008年1月20日 (日)

本日の 山空街

本日も仕事である・・・ でも思わず見上げる空には、まっすぐのびる純白のコントレート。 寒さに澄み切った大空を、切り裂き進むジェットの矢。急ぎ、車に戻りカメラを構える・・・

P1000974

4本の飛行機雲はジャンボの証し。しかし、この姿はいずれ日本の空で姿を見る事はかなり少なくなるだろう、JAL,ANAともに747を近い将来、廃止する予定、、、

P1000979

雲を切り裂き進むのは、、、

P1000980

JALのB767。

なんとも空フェチなのであろうか、空を見上げては、写真を撮りたくてウズウズする。そのうちにUFOの決定的な写真が撮れるかも、、、しれない。

今日の午前中、安積町へ仕事で出かけた際に、安達太良山があまりにも美しかったので、そして偶然にも人工物が入らないポイントを発見したので、ついカメラをかまえてしまった・・・

P1000956

本日の安達太良山、川桁山群。郡山郊外より。

P1000949

安達太良山、中アップ。

P1000952

左から和尚山、安達太良本峰。大アップ。

P1000953

安達太良山 特大アップ。真ん中の出っ張りは溶岩ドーム。

会社帰りに、星の写真を撮ろうかと、郡山市西部のはずれにある林道、源田ー日山線に登る。

P1000996

P1000997

今日は林道を一人で登る際になんだか嫌な感じがしてならなかった。誰かに見られているような、、、いや〜な感じだった。そして事態は最悪の方向へ、、、 深雪に足をとられたファンカーゴが身動きが出来なくなってしまったのだ。誰もいない山の中、麓からは5㌔くらいは走ったろうか? 先にも書いたように今日は何か嫌な感じがする、、、 やむを得ないので、車を降りて、一人脱出作業開始。ファンカーゴの最大の弱点、雪。普通に除雪されているところはいいのであるが、ちょっと雪が深いと亀の子状態になってしまい、身動きが取れなくなってしまう。  一人暗闇の中、悪戦苦闘、、、ポータブルスコップで雪をかき出し、雪に埋まっているタイヤを掘り出し、なんとかかんとか脱出成功したが、この間にも視線をずーっと感じコワかった。 本当は頂上付近から撮影すればいい写真がとれるのだが、残念ながら断念せざるをえず。であるから、写真に枝が写り込んでしまった、、、

いつかちゃんとした写真が撮れるように頑張ります。あーこわかった。そんな一日。

|

« 白銀に、すべてのものが、凍てついて、麗しきわが、裏磐梯よ! | トップページ | 秋元湖 ペダルを踏んで 氷上に 轍を刻む 冬の愉しみ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私のパソコンは壊れました。使えないですね~何もかも・・・

投稿: | 2008年1月31日 (木) 19時47分

kojiさんへ
こんばんは、そうなんですよ〜、最悪でした、、、JAFの世話にならなくて良かったです。あんなところで2時間も待つのはごめんですからね! 
いやあ、でもマジ怖かったですよ〜、、、僕は霊の気配を感じてしまうのですが、(2年前くらいから感度が上がったようです。)幸いにして霊体を見る事は出来ないので、良かったです。昨晩、、、もし林の中からこっちを見ている姿なんかが見えたりしたら、、、間違いなくファンカを捨てて半狂乱になって逃げ帰って来たでしょうね!  笑 でもまたチャレンジしちゃうと思います〜。  バカですね。

でも雪道に弱すぎるファンカにはがっかりでした、、
エスティマだったら全然余裕なんですが、、、最近は燃費の関係でめっきり出動回数が減っています・・・

投稿: マットシ | 2008年1月20日 (日) 21時43分

ピナ男さんへ
そうなんだそうです、747は空の歴史を大きく変えた名機中の名機ですが、時の流れにはかなわないのですね。まもなくローンチされるBOEING787が日本の空の主役になるようです。省エネ、この時代の要求にジャンボは応え続ける事が出来ないようです。ジャンボのこぶが見慣れた僕たちにとっては寂しい限りですね。
日本の航空技術、この787にも存分に取り入れられているそうです。翼の大半は日本製ですし、(東レの炭素複合技術が生かされているそうです)胴体の三分の二も日本製らしいです。一号機を受け取るローンチカスタマーも全日空ですし。純国産の旅客機がほしいところですが、セールス的に成功しなければいけないので、(YS11は失敗作だったそうですよ)慎重にならざるを得ないようです、むずかしいのですね〜。

投稿: マットシ | 2008年1月20日 (日) 21時29分

きのうは安達太良がきれいでしたね。
それにしても、雪の林道に暗くなってから入られるとは・・・そしてさらには「誰かに見られている(なんていう映画がありました)」という気配を感じながら。
そして、事態は最悪の方向へ・・・誰もいない暗い雪の林道でのスタック。怖すぎです。
夜景がよく撮れていて綺麗です。

投稿: koji | 2008年1月20日 (日) 11時59分

日本ではB747が廃止になるのですか 時代の流れを感じますね 当時一世を風靡したジャンボジェット・・・ ちょっと前、日本もYS-11以来の中型機量産なんていう記事が載ってました。昔は一流の航空機技術を誇った日本 また復活して欲しいですよね。

投稿: ピナ男 | 2008年1月20日 (日) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白銀に、すべてのものが、凍てついて、麗しきわが、裏磐梯よ! | トップページ | 秋元湖 ペダルを踏んで 氷上に 轍を刻む 冬の愉しみ。 »