« 春来たり、まず足慣らし、”みちのく自”、行ってきました、”福島エアポ”。 | トップページ | 東京で、自転車遊び、愉しいな、夜中の都心、ペダルも軽く。PART1 ”江戸東京博物館” »

2008年3月22日 (土)

お彼岸は、お墓参りに、行かないと、夜の墓場に、仕事恨めし、、、

世の中、春彼岸である。家族そろってお墓参りをするものである! しかし、僕の会社の仕事はお彼岸も関係無しなのである。よって家族そろってお墓参りが出来ないのである。  今年、僕は厄年であってお墓参りは欠かせないのである。しかし、仕事で行く暇がない。まったく、、、恨めしいものである。仕事も大事だが、やはりお墓参りも大事である!

 そして今日、仕事が終わってからお墓に向かった、、、時間は夜8時すぎである。うちのお寺は郡山の街なかにある、”善導寺”という由緒ある古〜いお寺。ここに夜、一人で来たのはもちろんはじめてである。幸いにして、今日は、お月様がほぼ満月なのであって、煌々とその光を地球の表面に注ぎ込んでいる。車を降りて墓地へと向かう。コワいのである。はっきり言って、ものすごいコワさである、、、

P1040916

夜の墓場は、、、うわ〜っ恐っ!! たったひとりで行かねばならぬのだ、、、

うちのお墓は、最悪にもこの墓地の一番奥まったところにあるのだ。お墓をずーっと奥まで歩いて行かねばならない、、、もうなんだかおっかなくってどうしようもなかった、が、少し落ち着いてみれば、なんだか不思議な感覚に気がついた。さっきまでおっかなかったのに、不思議と落ち着いて来たら、なぜだか心地いいのだ。それどころか、涙が出てきそうになるほど高揚している。コワさの反動かと思ったが、どうやらそれだけではなさそうである。じっ!とまわりに何かを感じる。しかし、それらが守ってくれているような、不思議な感覚。「ありがとうございます」口からつい、出て来た言葉。うんうん、墓場は、成仏された霊が多いはず。まして、我が家のお墓があるお寺。きっとみなさんが見守ってくれているのかもしれない。じわ〜っとあったかいものが胸の中に広がってくるのが分かる。ほんとうにそれこそ、土下座して皆さんと会話したいような、そんな気持ち。”生かされている”と感じた。ありがとうございます。ありがとうございます。と感謝の言葉を何度もつぶやく。 一度、車まで戻ったのだが、再度お墓へ、、、そこから見えたお月様がとっても奇麗だったので、写真を撮らせていただく為に。

P1040915

お月様と、本堂の大屋根。むこうに明るく光るのはうすい百貨店である。本当に街のど真ん中のお寺である。

P1040937

不思議な体験であった今宵。でもなんとなく、いや、とってもうれしい経験だった、、、

 明日はお呼ばれがあって、東京へ、、、僕と祐太郎は自転車を持って行く。さてさて、どんなことになりますやら、、、こうご期待である。

|

« 春来たり、まず足慣らし、”みちのく自”、行ってきました、”福島エアポ”。 | トップページ | 東京で、自転車遊び、愉しいな、夜中の都心、ペダルも軽く。PART1 ”江戸東京博物館” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ピナ男さんへ
遅くなりまして、、、無事東京から帰って参りました。とても愉しかったです。近いうちにアップします。お墓、たしかにコワかったですよ〜。最初は完全に肝試しかお化け屋敷の心境でしたからcoldsweats01 でもなぜだか、安心しちゃったのですよ〜。不思議でした。霊を馬鹿にするような行為、たとえば心霊スポットと言われる場所に興味本位、遊びで肝試しするとか、あんまりしないほうがいいようです。お墓よりも山の中に一人の方が、コワい気がします、、、catface

投稿: マットシ | 2008年3月25日 (火) 21時34分

夜のお墓か 私はあんまり行きたくないで~す。ご先祖様の霊に対しても真摯で感受性の高いマットシさん 「生かされている」という発想は日ごろ罰当たりな自分には考えもつかないところであります。祐太郎君と一緒に東京とか 楽しいレポート密かに期待しています。

投稿: ピナ男 | 2008年3月23日 (日) 07時25分

kojiさんへ
ありがとうございます、とりあえず行って参ります。おみやげ?の写真をたくさん撮ってきま〜す。今日もお仕事、頑張ってください。
取り急ぎ、、、ですみません。

投稿: マットシ | 2008年3月23日 (日) 06時22分

夜であろうとお墓参りをなさろうという“mattoshiさん”の心が御霊に通じたのではないでしょうか。そういえば、何処で聞いたのか忘れてしまいましたが『お墓っていうのは仏様がいるんだから怖くないんだよ、本当に恐いのは神社なんだよ。仏はたたったりしないけど、神様にはたたりがあるからね。』っていうような話だったと思うのですが定かではありません。でもなんだかもっともらしく思えてそれ以来、お墓は怖くないんだと思っていました。
明日は天気がいいようですから、祐太郎くんと楽しく走ってきてくださいね。

投稿: koji | 2008年3月23日 (日) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春来たり、まず足慣らし、”みちのく自”、行ってきました、”福島エアポ”。 | トップページ | 東京で、自転車遊び、愉しいな、夜中の都心、ペダルも軽く。PART1 ”江戸東京博物館” »