« 久々の秋元湖、そして檜原湖そして、そして、、、ああキツかった。、、PART 1 | トップページ | 久々の秋元湖、そして檜原湖そして、そして、、、ああキツかった、、、最終章 »

2008年5月 7日 (水)

久々の秋元湖、そして檜原湖そして、そして、、、ああキツかった。、、PART2

さてさて、秋元湖東端からの折り返し後のお話。

秋元湖の南側に点在する小さなワンドを探検しながら、のんびり帰る事にした。秋元湖の東西に伸びる距離はおよそ10㌔。結構な距離なのである。久々のパドリングではあったが、体が憶えているので、パドリングに不便は感じない。また、向きの補正も微妙に上手くコントロールできる。考えてみれば、僕の愛艇、パムリコとは10年の付き合いになる。充分”相棒”と呼べる存在になっているのかもしれない。そんなパムリコには名前がついていなかった、、、自転車には、スズメバチとギンヤンマという立派な!?名前があるというのに、、、 考えてあげねばならない。

そんな、カヌーと一緒にのんびり復路についた。まず最初にご紹介するのは、 秋元湖の花見山。

P1070543

ここが、秋元湖の花見山。離れて見るとなんて言う事ないのだが、、、

P1070542

白く咲いているのが、ヤマザクラ。新緑と相まって彩りが素晴らしい。本物の花見山には遠く及ばないが、、、湖上でその雰囲気が味わえるのだ!

P1070551

船外機付きの船とすれ違う。カヌーと船外機付きは、オートバイと自転車の関係によく似ている。

P1070562

湖の南側から北側を望むと、西吾妻山と西大巓が頭をのぞかせる。神々しさを感じる。

P1070569

こんな岸辺のそばを進めたりする。岩場ぎりぎりを進んだりするとなかなか面白かったり、、、

P1070570

岸辺をの〜んびり写真を撮り、パドリングしながら、、、ポタリング。

P1070576

小さなワンドに入り、上陸する。小さな沢が流れ込んでいる。

P1070575

しかし、こんなところに空き缶が、、、残念。そして怒り!をおぼえる。

P1070587

小さな沢。そこには小さな命が息づいている。

P1070580

P1070602

名前は分からないが、可憐な花たちが咲く。

P1070605

僕は岩に生えた苔や、こんな草が好きだったりする。

暫しの間、この沢を溯ってみる。しかし、雪解けの影響からか、道はかなり荒れているので、奥までは進めない。まあ、無理をしていっても仕方ないし、ましてこの時期冬眠から覚めた熊などと出会ったりしたらシャレにならないので退散する。ここ秋元湖周辺には熊が出る事も有る。幸いな事に僕はいまだに出会った事はないが、、、

P1070608

さて、そろそろ次の場所に移動しよう。

P1070614

すぐ次のワンドに進行。ここは初めて来た場所である。うわっ! スゴい!!

沢が階段状に落ちて来ているのだ。名付けて、階段沢!! そのままじゃん、、、 夏に来た時には気がつかなかった。もしかすると、雪解けの時だけ現れる期間限定バージョンかもしれない。今度夏に来たら、確認してみることにしよう。しかし、ものの見事に階段になっている。すかさず上陸することにした。

P1070615

さきほどの小さな沢よりも、流れが豊富で周囲も奇麗な状態である。

P1070623

上から見た図である。この沢にも名前があるのだろうか、、、あとで調べてみることにしよう。

だいぶ時間が経って来た。次の予定の事もあるので、そろそろ、キャンプへ戻る事に。ちょっと前から森の木々がザワザワしてきていた。風が出て来たようだ。本湖上に戻ってみたら、なんだかスゴい事になっていた。先ほどの鏡のような”トロ”な湖面は一転、まるで海のような波が立っている。しかし、幸いなのは、風が東風で、キャンプに戻る僕にとっては追い風である事だ。これが向かい風だったらかなりキツいことになっていただろう。

P1070637

静かな湖面がいつしかこんな状態に、、、まるで海のような環境。

P1070638

カヌーも後ろから波がやって来て、ちょっとした波乗り状態になる。しかし、写真では分かりづらいがこの波、操船をあやまると簡単に転覆するだけの威力をもっている。船にとって、大敵なのは真横から波を受ける事である。これはマンモスタンカーもカヌーも同じである。目的地への角度と船への波の角度を考えて操船しなければいけない。つねに船は大きな縦揺れに見舞われる。後ろからやってくる波に抜かれるのだが、この波に乗ってみるためにパドリングをしてみると、波乗り状態になりカヌーは速く進むので面白い。なかなか味わえないフィーリングである。

P1070631

波乗りを楽しみながら、キャンプを目指す。追い風で良かった〜。

P1070640

湖上からキャンプ場が見えて来た。連休で”満員御礼状態”である。

P1070642

20分後、無事キャンプ場に到着する。いそいそとカヌーをルーフ上に積み込む。

P1070644

昨年の秋以来久々の管理人の岩松さん。 挨拶はまず、あけましておめでとうございま〜す!

キャンプ場使用料金を支払い、しばし談笑。今年もよろしくお願いします!! GW真只中、キャンピングカーを含め、オートバイでのキャンパーまでかなりの数の方々がいらっしゃる。普段は静寂に包まれる秋元湖キャンプ場に、小さな子供たちの愉しそうなかわいい声が響いている。エスティマから椅子を取り出し、しばらくのんびり、、、これまたいい刻なのだ。

P1070643

ボートの貸し出し作業に追われる岩松氏。ゆったりした時間のなか、ひとりいそがしく動く。

さあ! 今日はまだまだこれからがあるので名残惜しいが、秋元湖をあとに、国民休暇村へと移動する。

P1070648

秋元湖入り口にある、東京電力小野川発電所前の桜に見送られ、、、 また来るよ。

さて、これから先のお話はまた次の回でアップしよう。と言う事で今回はここまで。

P1070456

|

« 久々の秋元湖、そして檜原湖そして、そして、、、ああキツかった。、、PART 1 | トップページ | 久々の秋元湖、そして檜原湖そして、そして、、、ああキツかった、、、最終章 »

カヌー」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

てるてるぼうずさんへ
コメントありがとうございます。さすがはてるてるぼうずさん!!よくご存知ですね〜。調べてみたら、ぴったしカンカン でした。野草や樹木の名前を知らない僕はダメですね〜。よくうちの父親に連れられて山に行って教えてもらったのですが、まったく身に付いていません、、、きのこなどもよく教えてもらったのですが、今分かるのは、ムラサキシメジ だけですね。
カメラ、面白いですよね。つたない写真しか撮れません僕ですが、被写体に助けられています、、、 てるてるぼうずさんもカメラ再開してはいかがですか?今はカメラも安いですし。happy01

投稿: マットシ | 2008年5月 7日 (水) 19時39分

追伸
上の花は、イチリン草だと思います。

投稿: てるてるぼうず | 2008年5月 7日 (水) 11時10分

いつもながら写真には感心させられています。
なんか僕もカメラほしくなったなあ。
ところで花の名前ですけど
葉の形が菊の葉に似ている所から
キクザキイチゲですね。
写真は一重ですけど八重もあります。
探してみてください。

投稿: てるてるぼうず | 2008年5月 7日 (水) 11時05分

ピナ男さんへ
おはようございます! カヌー、またやりましょうよ!! 陸上のエコな乗り物が自転車なら、水上では絶対、カヌーですよ!! えっ脚漕ぎボート!? sad
おばあちゃんが管理していた頃の秋元湖、かなり前ですよね。おばあちゃんは今も元気らしいですが、管理については、檜原湖のバックスさんという釣り船屋さんが管理を委託されています。本当に素晴らしい場所なのですが、唯一、トイレが、、、 これはピナ男さんが行かれた頃も同じだったはずです、、、 ここさえ治せば、キャンパーもかなり増えるかと思いますが。 あっ、僕個人的にはこのままで空いている秋元湖でもいいんですけど、、、smile
向かい風、そうなんですよね、湖上って風の通り道なので、ちょっと風が出てくると、向かい風になると大変ですよ。僕も何度も必死に漕いだ事がありますよ。これがいい運動になるんですよね〜、命がけの運動coldsweats01
ピナ男さんともぜひ、秋元湖でお会いしたいです、、、復活、期待していま〜す。

投稿: マットシ | 2008年5月 7日 (水) 07時52分

マットシさん いやあ いいレポートでしたね。湖上の風の音、匂い、臨場感が良く伝わってきます。実は昔 カナディアンで漕ぎ出したのは良いのですが逆風で出発地まで帰れなくなり冷や汗をかいたことがあります。場所はそう秋元湖です。coldsweats01
当時はキャンプ場はおばあさんが管理してました。かなり前の話です。私もカヌー遊びまた行きたくなったなあ。

投稿: ピナ男 | 2008年5月 7日 (水) 07時23分

kojiさんへ
おはようございます! ありがとうございます。そうなんですよ〜、かなり愉しいんです。
景色が素晴らしいので、ほんと癒されるんです。それに、自転車で中津川渓谷までサイクリングも出来ますし、(ロードバイクでは無理です。クロスならなんとかOkです)
向かい風、大変ですよね。自転車でも疲れが倍増しますし、カヌーも同じなんです。これは車でも一緒ですし、飛行機でも一緒なんですよね。ってどこまで行くんだよ〜!!happy02 でも本当なんですよね。日本とアメリカに行く飛行機は行きと帰りにかかる時間が風の影響でちがいますし、、、自転車だってレース時にドラフティングで仲間を支えますし、F1もマシンの空力が勝敗を決める場合もありますし、、、
連休が終わり裏磐梯も一旦静かになると思います。今日は僕にとっても最後の連休。最後に堪能しますか〜あ、、、

投稿: マットシ | 2008年5月 7日 (水) 07時04分

秋元湖での“mattoshiさん”のカヌー遊びは本当に楽しそうですね。冒険心満載、おまけに景色は最高!
カヌーも自転車も向かい風だと大変なのですね。

投稿: koji | 2008年5月 7日 (水) 04時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々の秋元湖、そして檜原湖そして、そして、、、ああキツかった。、、PART 1 | トップページ | 久々の秋元湖、そして檜原湖そして、そして、、、ああキツかった、、、最終章 »