« 7月3日、、、あれから14年、、、船旅の夜は最高なのだ の巻 | トップページ | 沖縄一人旅、、、あれからすでに14年、、、変態中年眼鏡男登場の巻 »

2008年7月11日 (金)

今日は母成にて、練習走行。

 今日はお休みであるが、天気が今ひとつ。朝からどんよりと曇っている。しかし、雨が降ってくる感じはない。でも、こういう天気だと今ひとつ気が乗らないのである。家の中の事を何やかにや済ましていたら、時間はもうお昼近い、、、

 さあ!気を取り直して出かけよう!! ちょうどファンカのガソリンが残り少ない。ガソリンを入れればいいのだが、行きつけのスタンドと目指す方向はまったく正反対の方向、スタンドはそこらにいくらでもあるのではあるが、どうも僕はガソリンスタンドと床屋は知っているところじゃないと落ち着かないので、極力いつもの場所を利用しているのだ。それにこのガソリンの高騰、正直台所事情も厳しいので、、、  そこで、予定していたスカイバレーから行き先を変更。母成峠へと赴く事にした。母成峠は郡山の熱海町と猪苗代町中丿沢を結ぶ峠道で、以前は有料道路、母成グリーンラインとして運営されていたが、償還され現在は無料である。高校生の頃、裏磐梯まで自転車で行った帰りは必ずと言っていいほど通っていた道である。勾配はスカイバレーほどキツくないが、なまりきった脚をやさしく?目覚めさせるのにはいいかもしれない。

P1090340

旧母成グリーンライン 熱海側料金所跡から出発。

余談だが母成峠は車やオートバイの走り屋さんの集まる場所でも有名で、(僕もその昔、ちょっとだけお世話になった事もある)写真の道の奥にある第一コーナーでは、過去多くの事故があり、何人もが命を散らせている、、、、、  走り出すと、すぐに気づくのは道の悪さである。まあ、全国的に見れば珍しくもないのかもしれないが、峠道の宿命か、ゼブラ舗装がしてあり、それを乗り越えるたびにガタンガタンとハンドルが取られる。決して乗り心地にいいものではない。それに下ってくる時には気をつけなくては行けない。下手に突っ込むとハイスピードでの落車!となり得るから。(せっかく傷が治ったのだから、、、もう落車はごめんなのだ!!) 軽いギアでワッセワッセと登る。正直最初はキツかった、、、ノンストップパワープレイで頂上まで行きたいが、今回の練習、少しインターバルももうける事にした。スタートから4㌔地点で湧き水発見、ワンボックスバンが一台停車しており、数人のおじとひとりのおばがいくつものポリタンクに給水中である。近くに止まり、軽く会釈をする。するとおじの一人が、「ひるくうらむでてんのか」と話しかけてきた。「、、、、、」「!」「あっヒルクライムですか、まあ、少しだけ」 なかなかに、日本のいなかのおじには横文字は浸透しない。水をくみ、少し談笑。根っこが生える前に出発! 脚が鈍っているので、ほんとうに辛いのだが、ここ母成は、スカイバレーに較べて勾配が緩いので、助かる。しかし、フロントのコンパクトギアはこんなに重いのだろうか、、、スズメバチのフロントインナーがたまらなく恋しい、、、(MTBのため、フロントが3枚なのだ、、、) いやっ!ここで鍛えなきゃいかんばい!(何弁だ?) フロントはインナーのまま、ギアを2段目?2速?と言うのか?? に上げて重くして坂を登る。脚力がないのでケイデンスが下がり、当然スピードダウン、、、うんにゃあ、いいのだいいのだ、ゆっくりになってもいいから、確実に登ろう。と自分に言い聞かせ、ゆっくり登る。 はあ、はあ、はあ、、、、 自分の息づかいと車輪、ギアが回る音だけの世界。そして、傍らの森の中からは、ウグイスの谷渡りが響き渡る。考えてみれば、苦しいがいい時間なのだ。充実した時間なのだ。幸せな時を噛み締めながら、登っていく、、、

P1090342

山頂、母成古戦場記念碑にて、、、ここは、戊辰戦争の激戦地跡。畏敬の念をいだきつつ、、、

 ほどなく山頂に到着。駐車場にて10分休憩。写真撮影、、、 ここからは中丿沢温泉に向けて一気に下る。ストレート区間が多いので本気で廻すとかなりのスピードが出る。ロードバイクのタイヤをまったくと言っていいほど信用していない僕は、少しおとなしめに下る、とは言ってもメーター読みで70近く出ている。気を引き締める。小さなギャップでもフレームからダイレクトに響いてくる。MTBのそれよりかなりストイックだ。今現在開催中の”ツールドフランス2008”でも落車が多く、もうすでに3人がリタイヤしている。ロードはコワい。

途中、道路脇に点在する牧草地の緑が奇麗で目にやさしく飛び込んでくる。その中の一カ所のゲートが開放されているので、ちょっとお邪魔した。のんびりと歩いていく。緑の絨毯のような光景。素晴らしい。ふと足元の草に何やら黄色い虫がいる。見た事もない甲虫、コガネムシや花ムグリの一種のようだが、その模様がいい。阪神カラーとでも表現したらいいだろうか?現在セリーグだんトツトップも手伝って、「うんゲンがいいな」と写真撮影。僕は巨人ファンだが、、、

P1090363

阪神コガネムシ。なんともいい模様。この模様も何かに役立っているのだろうなあ、きっと。

さてさて、ここで事件である。おだやかに写真撮影などを楽しんでいると、けたたましくクラクションの音が静寂を破る! 音の方を見ると、白いパジェロが入り口に止まり、中から2人の男がこちらをにらみつつ、こう言い放ったのだ。ものすごく嫌な威圧感を持った言い方で、、、一回目はよく聞こえず、「はい?」と聞き返すと、さらにでかい声で「出てくださいっ!!!!!」 となんだかほとんど犯罪者扱いである。穏やかな気持ちで緑と接していた僕の心は一転、にわかにかき曇り、稲光りも、、、 近づくと「ここは立ち入り禁止ですっ!!」 と無愛想に言う男。 う〜む完全に犯罪者扱いだ。この扱いは。「すみません、ゲートが開いていたもので」と僕も完全に無愛想に返す。「作業中でしたから、、、」 これ以上謝る気もしない。たしかに入ってしまった事はまずかったと思うしお詫びもしよう。しかし、ものには言い方と言うものがある。しかもここは県の土地かもしれないが、と言う事はおごって言わせてもらえば、県民税を支払っている私たち共通の資産ではないのか! そこで悪い事をしていたのならともかく、ただ、写真を撮っているだけの人間に対し、非礼きわまりない言い方である。「聞きますが、あなた方は県の方?」と聞くと、ほこらしげに、明らかにこちらを見下した態度で「はい!県の者です!」と言う。あまりにもアホでこちらが恥ずかしくなるほどの勘違い役人なので、おもわず、聞き返してしまった、、、言い方が悪いかもしれないが、こういうのを木っ端役人と言うのである!ここで書くのもなんだか、卑怯な気がしたがやはりどう考えても許せないのであえて、書かせていただいた。そして、この件は福島県庁畜産課かどこか知らないが、正式に抗議をするつもりである。今時、スピード違反で捕まっても白バイのおまわりさんはこんな言い方はしない!まったく人をバカにした話であった。

さあ、気を取り直し、また道に戻り一気に下るとすぐに中丿沢温泉に到着である。うん、時間があればここから、国道115号線に出てスカイラインを目指してもいいし、レークラインを走るのもいい。両方と言うのも、、、その場合、スカイラインを浄土平まで登り、折り返してレークラインを目指し、レークラインを走破し裏磐梯へ出て、桧原湖畔を走り、スカイバレーを登り、折り返し、檜原湖を半時計回りに一周しつつ、ゴールドラインも登ってしまい、また、レークラインを通って、母成にもどり、最後に母成を制して、ミッション完了! う〜むこれでとりあえず、裏磐梯の有料道路、元有料道路完全制覇である。(正式には完全とは言えないが、、、)なんて、出来もしないプランを頭に描いてほくそ笑む不気味な僕であった。、、、いやあ、こりゃ無理だなあ。

 中丿沢温泉と言えば、笹団子。笹団子と言えばここ、宝来屋さんである。おいしい試食の結果、今回はお土産に、これを購入!

P1090364

表面がカリッとして、中がしっとりとしたちゃんと甘い!おいしいあげまんじゅうである。

補給食に、笹団子を天ぷらにした天ぷら笹団子(一個100円也)を注文したら、お店のおばさんがサービスでいいよ。とただで食べさせてくれた。ありがたい。帰りの登り分の栄養をいただいた感じである。ごちそうさまでした。

さて、時間も遅くなってきたが、ここまで来たのだからと、昔、何度か訪れた事がある、ハーブヒルコテージという小さなカフェに立ち寄ってみたくなった。ハーブヒルコテージは中丿沢温泉から3㌔ほどの山間、達沢というちいさな集落にある。僕も以前、オートバイや車で来た事があったが、今日は本当に久しぶりの訪問のため、道をはっきりと憶えていない。温泉街の法被をきた若いお兄さんに道を聞いて出発。

P1090389

杉林に囲まれた、いなかのちいさな道をのんびりと走る。なんとなくトトロの森と言った風情も。

10分ほどで到着。 ご紹介しよう〜、ここが、ハーブヒルコテージ!!!

P1090387

道から見ると鬱蒼としたイングリッシュガーデンが目を引く。そして、その奥には、、、

P1090385

まるで、おとぎの世界にやって来たような錯覚を憶えるかわいい建物が、、、

P1090383

お店に入ると明るい声で、美人なマダム、奈良岡しのぶさんがお出迎えしてくれる。

P1090368

はじめて来てもなんだか、懐かしい雰囲気。ちょうど、フランスの片田舎にあるちいさなちいさなカフェ、という雰囲気。ここずっと、毎晩ツールドフランスをCSで観戦しているので、なおさらにそう思う。いい雰囲気。

P1090372

店内には、名物の石窯で焼いた手づくりパンも。さっそく奥へのお土産に二つ購入する。

P1090370

P1090374

P1090369

P1090379

P1090381

P1090375

P1090373

どうです?いい雰囲気でしょ。ここで石窯で焼いたパンをいただきながら、ハーブティーを飲む。癒されますぞ〜。庭にもテーブルと椅子が用意されているので、緑に囲まれてオープンカフェスタイルも楽しめる。いいお店だから出来る、いい時間の過ごし方、、、、、素敵なお店。

さて、パンをいただいて急ぎ、帰路につく。といっても、また、母成峠を登って越さなくてはならない。頑張る、ひたすら頑張る、、、、、。時間にして40分くらいで通過できると思う。脚は往路の登りよりは、楽になったのかも。 脚がすこ〜し楽になった。、気がする。今回の母成、練習するのはいいコースだと思う。皆さんもぜひお試しあれ〜。それにしても、有料道路三昧ツアー、いつかやってみたい、コースである。

P1090398

P1090393

">

|

« 7月3日、、、あれから14年、、、船旅の夜は最高なのだ の巻 | トップページ | 沖縄一人旅、、、あれからすでに14年、、、変態中年眼鏡男登場の巻 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ピナ男さん、おはようございます。おーっピナ男さんも行かれてましたか!ハーブヒルコテージ、、、いいお店ですよね。僕が最後に行ったのはもうかれこれ10年近く前じゃないかな〜、と思います。お洒落で美味しい、山の中の隠れ家的な、なんだかホッとする雰囲気が好きです。
今度行く時は達沢の滝も見に行こうかな〜。

投稿: マットシ | 2008年7月15日 (火) 07時22分

ハーブヒルコテージ 4年ほど前に私も行ったことがあります。くるまでしたけど。オーナーは元気で変わりないようですね。また行ってみたくなりました。店名のとおりハーブがたくさん栽培されてますよねー。

投稿: ピナ男 | 2008年7月14日 (月) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月3日、、、あれから14年、、、船旅の夜は最高なのだ の巻 | トップページ | 沖縄一人旅、、、あれからすでに14年、、、変態中年眼鏡男登場の巻 »