« スカイバレーヒルクライム大会 ENDLESSのみなさんと、、、前編 | トップページ | スカイバレーヒルクライム大会 ENDLESSのみなさんと、、、最終章 »

2008年9月10日 (水)

スカイバレーヒルクライム大会 ENDLESSのみなさんと、、、後編

無事、ゴールラインを通過して、福島山形県境駐車場に下る。 五百人以上サイクリストがいるすざまじい空間の中でも、目立っている事この上ない、ENDLESS のみなさん。いいのである。かっこいいのである!! うんうん、僕も早くチームジャージを作りたいのである!! 

ENDLESS のみなさんとお互いの健闘を讃えあう。バシさんとピナ男さんがまだだったから、僕はちょっと失礼して、出迎えのシャッターを切るために道路の方へ、、、 霧で視界がきかない。でもなんだか幻想的である。霧の中、白いベールの向こうからうっすらと自転車のシルエットが見えてくる。だが、誰が来るのかがまったく分からないので、とりあえずシャッターを切りまくる。

P1100512

デジタル補正してこの感じである。実際はもっと白くて見えずらかった。

P1100517

でもなかなかかっこいいシチュエーションである。

さあ、あとはバシさんと、ピナ男さんを待つのみである。かっこいい写真を撮りたいなあと思い、二人を待つ。ほどなくして、水色っぽいジャージが見えた気がした。

P1100506

お〜!! あれはバシさんでは!! アセアセ、焦ってしまって、、、あれれ、カシャカシャ。

P1100509

お疲れさまでした〜あ。バシさ〜ん。疲れたそのお顔が、すご〜くかっこいい!!

P1100510

P1100511

バシさん、本当にお疲れさまでした〜、無事ゴールイン!!

P1100521

続いて、おっあれは!! 

P1100522

あの水色は、、、

P1100523

間違いないピナ男さん!!  

P1100524

お疲れさまでした〜あ!!

P1100525

P1100527

背中に充実感が溢れていて、しぶい!かっこいい!そう!これが”男の背中”なのである。

P1100529

みんな お疲れさまでした。はいチーズ! ENDLESS のみなさんと、ちゃりんこパパさんと僕。

ちゃりんこパパさんとは、かるく挨拶をしただけで、ろくにお話が出来なかった。失礼しました。 この場を借りて、ご挨拶である。今度そちらに遊びに寄らせていただきますので、よろしくお願いいたします。

さてもう ENDLESSの面々は愉しそうであり、羨ましい限り。Mr,Oさんは今年からロードバイクに乗り換えて、しかも大幅にタイムアップしたそうで、、、おめでとうございました。 TOSHIさんとも親しくお話が出来、そして、KENさん、かやまんさん、照さん、TOBIさん、若手の方々、速いですねー!!と感服し、HIDEさんのひょうきんな突っ込みに笑顔し、ピナ男さん、バシさんの頑張りに励まされ、そんな一瞬をみなさんと過ごせた事が嬉しかった。 HIDEさんからジャージを進呈、ではなく実費にて買いませんか?となんとも嬉しい嬉しいお誘いをうけた。週末の休みがなかなか取れず、みなさんと行動を共に出来ないので、ジャージの資格はないと思うが、とっても嬉しいお誘いであった。独立特殊で、ENDLESS郡山出張所の管理のおじさんとして活動する事でよければ、、、ぜひ!!coldsweats01  あらためてチームの愉しさ、良き仲間の素晴らしさを垣間見た。

さて、どれだけ時間が経った事であろう。下山の時が来た。下山は先導車に導かれ、いくつかの集団に別れて一斉に下る。下りは気をつけないといけないので、慎重に!! 注意事項でも下りについてはうるさく言われる。僕は最初の集団にて下る。下りにも目的があり、、、

P1100531

登りでは全然追いつけず、まったく写真を撮れなかったので、皆さんの写真撮影タイム!報道担当としては、この仕事をきちんとやらねばならない。

P1100535

P1100538

なかなかみんなをバランスよくフレームインさせられない、、、ごめんなさい。これが精一杯。

P1100544

P1100545

おじさん、登りの時も励ましてくれて、下りも注意を促してくれて、、、ありがとうございます!

P1100548

HIDEさん、ちょいピンぼけ。

P1100550

P1100551

かっこいい!HIDEさん。TOSHIさん!!

P1100554

TOSHIさん、最高の位置なのに、、、思いっきりピンぼけ!!! ごめんなさ〜い。

P1100553

TOSHIさん、これも失敗、、、ほんとすんまそ〜ん。次回のリベンジを誓う僕なのである。

P1100557

バシさんも合流。でもピンぼけ、、、へたくそ写真家。やっぱしビデオにすれば良かった、、、でも雨がコワくてビデオを出動させられなかったのである。ほんとうにごめんなさいである。

こんな事をしながら下り、そしていつもの売店にて、ぼくだけ、寄り道。おばちゃんにあいさつである。「帰りに寄ったら、とうもろこしごちそうしてやっから」と言ってくれたのだが。結局立ち寄れず、、、また近いうちに行きますね。

檜原湖湖岸線に入ると、いきなり雨が降ってきた。まあ、にわか雨と言った感じであるが、カメラをウィンドブレーカーの中に入れて濡れ防止。転ばないように慎重走行。

P1100560

無事、休暇村に到着。ファンカに戻って、着替え、ギンヤンマの収納を済ませ、閉会式のため会場へ。テントでは恒例の、豚汁サービスがすでに始まっており雨に濡れた選手たちが暖を求めてサービスで振る舞われる豚汁を次々にもらって行く。

P1100566

真剣な表情で豚汁に七味を振りかけるTOSHIさん。今度はピントが合ってるか??

P1100568

高原大根がターアップリとはいったおいしいおいしい豚汁。今回のが一番美味しく感じる。

P1100564

豚汁を配る御婦人たち。毎年ありがとうございます!感謝感謝である。 そうそう豚汁と言えば、、、

P1110027

一昨年、第一回の時の新聞記事である。

P1110028

ここに、こんな姿が、、、、、ああ、何たる事、我が家族は豚汁家族!!、、、、、 相当数の方から反響を頂戴したのは言うまでもなく、しばらくは豚汁家族と呼ばれたりして。

P1100571

こうやって振り返ってみれば、実は、このブログの第一回目の記事は実はスカバレヒルだったわけで、最初は写真の入れ方も分からずじまいのため、文章のみであり、、、でもこの大会でブログが始まり、そのブログを通じての多くの友人が出来、今回のこの大会で素晴らしき出逢いがあり、なんだか運命めいたものを感じるのである。そんなこのスカバレヒルがもっともっと良いものになってほしい。そんな思いが渦巻く僕である。  スカバレヒルが目指すのは、ヒルクライムの東北選手権大会だと、主催者側では言っていた。そうだ!行け行けなのだ。いっそのこと、シリーズ戦にして、ヒルクライム裏磐梯にすればいいのだ!! 5月、スカイライン。6月、レークライン。7月、ゴールドライン。8月、母成グリーンライン。9月、スカイバレー。 舞台は揃っている。距離が短いレークラインと母成は、アスリートクラスは往復にするとか、、、色々と考えれば良いのだ。きっと裏磐梯の新たなる起爆剤になる事は請け合いなのである!!これが出来れば、全国のサイクリストが数多く来県し、我が福島県をアピールする最高の機会になると思うのだが、、、如何なものであろうか? 佐藤知事!!

後編なのであるが、閉会式の模様は、番外編にて、、、、、    続く。

|

« スカイバレーヒルクライム大会 ENDLESSのみなさんと、、、前編 | トップページ | スカイバレーヒルクライム大会 ENDLESSのみなさんと、、、最終章 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ピナ男さんへ

お疲れさまでした〜。愉しかったですよ〜。皆さんのお陰です。写真、なかなか上手く撮れず、、、すみません。霧の中の様子は、とってもかっこいいシチュエーションでした、、、、狙って撮ったのですが、如何でしたでしょうか? でもブログ用に画素数をかなり落としていますので、ちょっとgawk
こんなので良かったら、ダウンロードして使ってください。

かぬー、いいですね〜。行きましょう行きいましょう。行く時は連絡します!!

投稿: マットシ | 2008年9月11日 (木) 23時56分

マツゥアンさんへ
こんばんは〜、そうですね。レース後のあの解放された、そしてみんなが自分を褒めているような、あの雰囲気、いいもんですよね〜。僕も大好きです!!それと、あのスタート前のちょっとドキドキの感じ。いいですね〜。よく上司から仕事には緊張感を持って当たれ!!
などと言われますが、やはり遊びでの緊張感の方が僕は数段好きです!bleah 大人になってもドキドキ出来る遊び、レースはいいもんです!

さて、ジャージはまだ分かりませんが、僕もチームジャージを創りたく、頑張りたいものです。
裏磐梯、いかがですか。実は何をするにも良い場所なんですね〜。広さもちょうどいい。自転車にはもってこいの場所でありまして、、、、、シリーズ戦いいでしょう。
裏磐梯、いいとこなのでっす。たしかに草の根運動、いいかもしれませんね。でも、檜原湖一周から、、、は、僕もとてもダメですね。プロチームを呼んでこんな事が出来たら、またまた盛り上がっちゃいますね〜。エコツー裏磐梯、自転車レースもエコですから、、、使ってみたらいかがでしょうね。いっしょにそんな遊び、したいですね〜。


投稿: マットシ | 2008年9月11日 (木) 23時51分

マットシさん 当日は写真あんなにたくさん撮っていただきましてありがとうございました。私なんかの写真も何枚か撮っていただいちゃったりして感謝・感謝です。写真もうまい方が撮ると雰囲気が出ますねー。霧の中の走行シーンが特に気に入っちゃいました。でも自分の必死な顔を見ると少し笑えたりします。その内、休暇でも合わせてカヌーこぎ、カヌー漕ぎGO,GO!

投稿: ピナ男 | 2008年9月11日 (木) 22時08分

ゴールした後の姿は、みなさんステキですね!
ヒルクライムはタイム、順位とか関係なく、完走ゴールした人は皆、自分との戦いに勝った達成感や充実感で溢れているから良いのでしょうね!(^-^)私はゴール地点の楽しく高揚した雰囲気が好きです。

それにしてもENDLESSの皆さんは目立ってましたね。人数も多く、そして鮮やかなジャージがカッコよかったです。なんとマットシさん、今度はあのジャージを着て走るんですね!?(^^)

ヒルクライムの東北選手権大会よりさらに上を行く!?シリーズ戦のアイデアもいいですね!
継続的に運動するためのモチベーションアップのために、私は春の会津ヒルクライム、秋の裏磐梯ヒルクライムを恒例にしようかと思っておりましたが、シリーズ戦は魅力的だなぁ(^^)

地元商工会や行政が動いてくれるように、草の根運動じゃないですけどENDLESSのみなさんや周辺のクラブチームの方々にも協力していただいて、まずは自分たちで実践できるといいですね。私もぜひ参加してみたいです(^-^)
ルールは参加するだれでも優勝のチャンスがあるように、持ちタイムに基づくハンデキャップ戦なんてのはどうでしょう(一斉ではなくタイム差スタートで計算上同時ゴール)。最も力がある人を表彰するのが普通のレースですが、この方式だと最もがんばった人を表彰することになり、それぞれモチベーションアップにもつながるかな?

シリーズ戦の他に、桧原湖を1周して>ゴールドラインから猪苗代側を回って>スカイラインを往復して>レークラインを抜け>最後にスカイバレー頂上ゴール・・・裏磐梯を舞台にした山岳コース(日本版ラルプデュエズ!?)なんてのもおもしろうそうですね。今の私には完走難しそうなので、プロツアーチームを走らせましょう。う〜ん楽しい妄想は膨らむばかり(^^)

投稿: マツゥアン | 2008年9月11日 (木) 22時08分

Mr,Oさんへ
お疲れさまでした〜。初めて逢ったのに、手をつないでのゴール 失礼しました。あっ言っておきますが、おかまじゃあないですよ〜coldsweats01 

でもあちこちで撮られていた写真、どこで見れるのでしょうか??あの感動の!ゴールシーン見たいですね〜。
こちらも充実した大会でした。本当に有り難うございました。これからもENDLESSさんの報道官??としてご一緒で出来る事、楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

投稿: マットシ | 2008年9月11日 (木) 07時41分

大会&ブログ更新お疲れ様ですー。
そして多数のENDLESSメンバーのレポートありがとうございます(笑)
今回はいろいろな方に出会えてとても内容の濃い大会になりましたね。
また機会があれば是非ご一緒したいですねー。

投稿: Mr.O | 2008年9月11日 (木) 06時39分

HIDEさんへ
こちらこそ、ありがとうございました〜。
愉しい楽しい、素晴らしき時間でした。ブログ、拝察いたしました〜。なるほど、あのおいさんには、僕は完全なる別グループ、だったのでしょうね。それとも見えていなかったりして、、、shock
でも大丈夫です、僕のカメラで撮っていただいた方には、ちゃんと写っていましたから。
smile
今度はSUGOですね! いいなあ、残念ながら、土日の休みが取りづらい僕には、なかなかハードルが高く、レース関係の参戦はかなり限られてしまうので、みなさんのこれからのご活躍を、楽しみに拝見させていただきたいと思います!! 

投稿: マットシ | 2008年9月11日 (木) 03時54分

KENさんへ
お疲れさまでした〜、って若いKENさんはあまり疲れていないかもしれませんが、、、
本当にありがとうございました。みなさんの愉しそうな時間にチョコンとお邪魔してしまいましたが、みなさんの笑顔に引き込まれ、愉しかったです。自転車でもよく”引いてもらう”というのがありますが、笑顔、愉しさ、にも 引き の効果があるのですね。
こちらこそ、これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: マットシ | 2008年9月11日 (木) 03時41分

kojiさんへ
すみません、返信が遅くなってしまいまして、、、迂闊にも思わずリビングでsleepy
ヒルクライムの疲れではなく、仕事上の疲れが出たようです。sad

新聞の件なのですが、なぜだか不思議に祐太郎はやたら滅多らと言っていいほどに、新聞に載るのです。マラソン大会とか、色々なイベントにでているからかもしれませんが、でも何百人の中から、なぜ?あっ 言っておきますが、うちの子がかわいいから、、、なんていう発想はないのです。それは写真の中には、何だこの顔!!??
というような写りの悪いものもあり、、、
いままで、10回以上の新聞掲載、テレビインタビュー1回、ラジオインタビュー1回、と新聞は群を抜いているのです。奥は、大人になってから変な事で新聞を賑わすのではないか、、、と戦々恐々です。coldsweats01

シリーズ戦化、これ、出来たら、いいですよね〜。単なる思いつきですが、地域発の自転車イベントでシリーズ5回戦は、全国的に見て多分、初の試みだと思いますから、自転車関係雑誌、マスコミを賑わす事、請け合いですよね。マイナーな福島の新たなる名物になり、これからのECO自転車時代の先進的なイベントと高く評されると思います。

投稿: マットシ | 2008年9月11日 (木) 03時36分

色々ありがとうございました~
写真、感謝感激です。
今回のブログで、マットシさんに、謝らなくてはいけません。
ごめんなさい。
詳細は、ブログにて・・・トホホです。

ENDLESS HIDE

投稿: HIDE | 2008年9月10日 (水) 20時47分

私は今年からエンドレスに参加させてもらってますKenです。大会ではお世話になりました。ブログ読ませて頂いて改めて「楽しかったなー」と思い出しております。これからも宜しくお願いします。

投稿: Ken | 2008年9月10日 (水) 12時38分

“mattoshiさん”選手で参加しながらのレポート、本当にご苦労さまでした。レースが終わって皆さんの和気あいあいの笑顔がいいですね。そしてコースを下って温かい豚汁のサービス。過去に“mattoshiさん”ご一家の写真が新聞に掲載されたというのはとてもいい記念でしたね。
それから“mattoshiさん”のおっしゃるように裏磐梯方面にはヒルクラのいいコースが沢山あるのですからシリーズ戦にするというのもいいアイディアですよね。
“mattoshiさん”充実した時間を過ごされて何よりでした。お疲れさまでした。

投稿: koji | 2008年9月10日 (水) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカイバレーヒルクライム大会 ENDLESSのみなさんと、、、前編 | トップページ | スカイバレーヒルクライム大会 ENDLESSのみなさんと、、、最終章 »