« 安積国造神社の秋祭り、二日目。山車祭り〜! 第一部 | トップページ | 安積国造神社の秋祭り、三日目。 »

2008年10月 4日 (土)

安積国造神社の秋祭り、二日目。山車祭り〜! 第二部

 9月28日、お祭りの二日目、山車祭りが終わった。いやあ、けっこう歩いたもんだ。子どもたちの数が多いので、みんなが叩けるように普段の年よりコースを伸ばした。結果、子どもたちはみんなが太鼓を叩く事が出来たが、歩く距離が多くなり、小さな子たちはクタクタ、、、 まあ、仕方がない。このクタクタヘロヘロの先に見えるものがあるのだ! 是非、それに気づいてほしいものである。   さて、子若がみな帰路につき、山車の片付けも終わると、今度は裏の婦人部詰め所にて、鉄板焼きパーティが始まる。でも、この頃になると僕も体力的にヘロヘロになっており、正直言えば、帰って寝たい、との思いが強かった。ああ、年寄り臭いものである。情けない、、、しかし、実際、そうなのだから仕方がない、、、、でも、これが祭り。力を振り絞って、ガンバロー!

P1110848

さあさあ、みんなで、本一恒例鉄板焼きパーティーの準備だよ〜お! 

肉を焼け! 野菜ものせろ! 酒を注げ! 鉄板の準備ができると、辺りは肉が焼ける香ばしい匂いで満ちてくる。事務所にいた長老たちがやってきた。しかし、若連、肉を運ぶどころか、自分が食うのに精一杯の様子、おいおい、肉をお持ちしろ!、、、

さて、この美味しそうな香りに誘われたのか、はたまた、愉しそうな雰囲気に誘われたのか、、 毎年遊びに来てくれる、隣町の中町、そのまたお隣の 大一講中から、遊びに来てくれる面々が到着。賑やかさ倍増。

 P1110859

お疲れさまです、、、長老方。

P1110857

中町、大一講中からも遊びに来てくれる賑やかな面々。お疲れさま〜!!

P1110862

肉を貪り喰う、若連たち、、、

P1110860

左が、斎藤信治氏。二本松から3年ぶりに来てくれた。翁の見事な大太鼓は健在だった! 右は中町夢通り商店街理事長、斎藤氏。

P1110866

そして! 本一講婦人部改め美人部の部長と副部長。僕の幼なじみ。そして、患者さんでもあった!

P1110865

今回のお祭りで唯一の僕の写真。一緒に写るは、名ギタリスト、松本林くん! 美人部部長の旦那さんなのである。久々に参加してくれた!彼の参加は僕的に、”超嬉しかった”のである!

松本林くんは、アコースティックギター、(略してアコギ)のプロであり、郡山を中心に様々なシーンでライブ活動中。今までにCDも2枚出している。僕も彼の曲はiPodに入っているが、まあ、その曲たるは、本当に素晴らしいのである。福島を根城に活動しているのだから、ぜひに裏磐梯をイメージした楽曲を創ってほしい、と以前から切望していた僕は、よ〜やく一緒に酒を呑めて、その思いのたけを切々と訴えたところ、なんと、丁度そういうオファーが大手のエージェントから入っているところだった事が判明。嬉しくて嬉しくて大いに盛り上がっている僕なのであった。

http://www.g884.com/index.html

松本林くんのオフィシャルウェブサイトには、ここからいけますよ!是非、覗いてみてほしい。 われら福島の星! 松本林くんをみんなで応援しよ〜!! ほんと、いい曲なんや、聴いてな〜あ

本一講には、もうひとり!忘れてはならない有名人物がいる。それは、出版界に彗星のように現れた、推理小説作家の滝田務雄先生 ”たきたみちおせんせい”である。

http://www.tsogen.co.jp/web_m/takita0709.html 

滝田務雄先生の事が紹介されています、、、

僕も本を読んだが、面白い! 推理小説がいい意味で軽〜く、愉しく読めるのだ。次回作に本一講殺人事件を書いてくれるよう、いつもお願いしているのだが、なかなか首を縦に振らないのだ。

P1110867

無類の酒好き、、、で有名な滝田務雄先生。今宵ももう出来上がっている、、、立ち人は会計の威男くん。座しているのが、務雄せんせい、、、 座しているのは台車なので、、、

P1110869

当然(ブレブレだが、)場内を威男くんに運ばれている務雄せんせいなのであり、、、

いつしか、、、、、

P1110880

P1110881

このような体制で眠りこけているのである。(こんな体制で寝る人を僕ははじめて見た!)やさしい我らはあくまでも、放置プレイ。なんとも気持ちよさそである。毎年何かをしてくれる務雄先生。 爆笑を呼ぶ男であり、推理小説作家、違いが分かる男であり、酒に呑みこまれる男、滝田務雄先生、、、、 本一講の、ある意味、アイドルなのである。

P1110873

午後10時、再び太鼓の音が響き渡る、、、本一恒例の太鼓大会が開始なのである。

P1110874

左から  あこちゃん、旦那の流し目ヨッちゃん、威男くん。たのしそ〜!

P1110882

午後10時30分すぎ、そろそろ長老たちはお帰りになる、、、ふぁ〜あ、僕も眠い。そろそろ、、、お開きに、、、

と思った午後11時。大一講に遊びに行っていた真之介が帰ってきた。今まで、大一講中の事務所で遊んでいたらしいのだが、これから大一講主力部隊が本一講へ遊びに来てくれるとの事。毎年毎年、我らのもとに遊びに来てくれる。本当に嬉しい事である。でも、他町会とこういう雰囲気で遊んでいるのは、珍しく、みな、本一は愉しい! と言って集ってくれる、、、マジで嬉しい事だ。ここで、お祭りの意義、みたいな事を再認識できるし、連帯感も生まれる。みんな、祭りが好きな輩ばっか、、、最高の仲間!!!!!

P1110883

握手をするのは、大一講中の若連会長、さわやのけんちゃんと、本一講、元 祭事部長 箭内さんである。

P1110872

愉しい楽しい!!  宴は深夜まで続くのだが、明日の事を考え、また風営法の関係もあり??午前0時をもって、”カーニバルバー 本一講”は大一講中の若連会長、さわやのけんちゃんに締めていただき、強制閉店をさせていただいた、、、、、。またのお越しを〜。

P1110886

最後はみんなで協力をして、ゴミ集め。そして、片付け。きれいにして終わろ〜!! 

みなさん、ご協力ありがとうございました。中町、大一講中が遊びに来てくれた事。誠に持ってありがたく、心からありがとう!!これからも、よろしくお願いいたします。

こうして、二日目は多いに盛り上がり、その後、静かに終わりを迎えた、、、、、 さて、もう一日しか、残っていない、、、あ〜あ、  祭りの過ぎ去る姿は速過ぎて、一瞬一瞬を噛み締めていかねばならないのだなあ。と思う余裕もなく、帰途についた、、、 

P1110788

夢か幻か、そんなに急がなくてもいいじゃあないか、時はなぜに速く過ぎ去るのか、、、

|

« 安積国造神社の秋祭り、二日目。山車祭り〜! 第一部 | トップページ | 安積国造神社の秋祭り、三日目。 »

お祭り」カテゴリの記事

コメント

kojiさんへ
おはようございます、二本松ちょうちん祭りは、毎年毎年なぜにこう雨なのでしょうか、、、 まったくもって、残念。しかし、この雨にもまったくめげず、若連会の方々は本当に頑張るんですよね〜。尊敬いたします。
本一講、あと一日あります。頑張りま〜す。

投稿: マットシ | 2008年10月 6日 (月) 07時07分

お祭りを運営するスタッフの方々の、普段は見ることの出来ない場面をご紹介していただきありがとうございます。それにしても連日夜中遅くまで、神様のために盛り上がっておられるのですから、これはもう大変なご苦労なのですね。“mattoshiさん”本当に大役ご苦労さまでした。
二本松も生憎の天気になりそうで残念ですね。

投稿: koji | 2008年10月 5日 (日) 22時08分

てるてるぼうずさんへ
ありがとうございました! 木札、本当に感謝です。本人も ものすごく喜んでいました。
忙しい最中なのに、、、 o(_ _)o

祭りの様相は、歳月が経てば変わるものもありますよね。先人も苦悩しながら、色々と試行錯誤があり、どの時代にも伝統と言う名の、重く大きな足かせでもあり、また大切な文化でもあるものが立ちはだかります。でもこれをより良いものに変えていくのが、進化です。文化 Vs 進化。なかなか難しいものですね。

本一講の鉄板焼きパーティー、愉しいです、でも準備、片付けは大変で、祭りで疲れた体には堪えるのも事実です。でも、頑張らねばならないのです、、、なぜなら、お祭りだから〜happy01

昨日から二本松提灯祭りですね。昨日は行きたかったのですが、仕事と家庭に潰されて、無理でした。
明日は最終日。祭りの終わりを見に行くのもいいかもしれません。出来れば行ってみたいですね/

投稿: マットシ | 2008年10月 5日 (日) 20時54分

おはようございます。
皆さん仲がよろしくいいですねえ。
焼肉なんて羨ましい。
うちの町内貧乏だから
直礼はおでんに味噌汁少々の刺身
おにぎりといったぐあいです。

御輿の件はい確かに勇士でした
小さいときは日中は屋台、夜は宮本の樽御輿
を担いで朝から晩までわっしょいでした。

それよりねえさんの木札間に合ってよかった。
ご機嫌な顔してますねえ。
安心しました。

投稿: てるてるぼうず | 2008年10月 5日 (日) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安積国造神社の秋祭り、二日目。山車祭り〜! 第一部 | トップページ | 安積国造神社の秋祭り、三日目。 »