« 安積国造神社の秋祭り、三日目。 | トップページ | 磐梯山、遅刻が響き残念無念。リベンジ誓った秋の休日。 »

2008年10月14日 (火)

福島 稲荷神社秋季例大祭に行ってきた!!

今年は、二本松のちょうちん祭りに行く事が出来なかった、、、、、 しかし、ここ最近ちょうちん祭りは雨にたたられる事が多い気がする。若連たちの熱すぎるほどの祭り熱を冷ますのにはちょうどいいお湿りなのかもしれないが、、、見る方は大変である。

さて、二本松の翌週は、福島に舞台が移ることになる。10月の第2土日月は、福島の総鎮守、稲荷神社様の秋祭りだ。むかし、何度か見た事はあったのだが、お祭りの形態が大きく変わったのはここ最近の事である。連山車と言って、山車が全部集まって、駅前の通りに横一列に並ぶ。そして屋根の上から、お餅やらお金やらを撒くのだそうだ。まるで住宅建築時の上棟式の如しだ。これが多いに盛り上がると言う話であるのだが、まだ見た事がなかったので以前から行ってみたくて仕方がなかったのだ。

二本松に行けなかった腹いせと言う訳ではないが、会社を早退して、、、smile福島へ向かう。 今回は車で行こう! ということで、ファンカにスズメバチを積んで出かける。宮下町に姉が嫁いでいるので、車を置かしてもらってそこから自転車で行こう!という腹である。

午後6時ちょっと前に福島入り。姉の嫁ぎ先にお邪魔してご挨拶、、、 さあさあ、時間がないのでご挨拶も程々に、、、スズメバチでGO!!

連山車のメイン会場は、旧長崎屋前の賑やかな通り。近づくともうお囃子が聞こえてきた〜♫ 気持ちがウキウキ浮いてきた〜、、、 ウヒウヒウキウキ状態になったところで会場に到着!

ワーオ!! いいな〜あ。すざまじく賑やかだー!! この形になってから、はじめて見させていただいた! すげ〜、活気だーっ! こりゃすごい。もうすでに郡山のお祭り男もマイッタマイッタ状態なのである。こんなに賑やかなんだ、、、 すぐにハイビジョンカムのスイッチを入れた、、、

Dsc02888

連山車の会場!ニギヤカニギヤカ、これはもうカーニバルである!それにしても旭章旗とは、、、

Dsc02884

スキンヘッドに裸の男性が飛び跳ねる! 子どもたちを煽って大騒ぎ〜 

Dsc02892

置賜町の山車がやってきた! さすがは繁華街の山車である。屋根の上では綺麗どころが元気一杯!

Dsc02894_1

チュ〜うdown

Dsc02895_1

パー っと投げキッス!! お姐さんお姐さん、、、こっちにも〜heart04

Dsc02901_1

新町。子どもたちが真剣に太鼓を叩く!! 

Dsc02902_1

万世が出発用意! 子どもたちのかけ声がいい! やれやれ万世〜 やれやれ万世〜 

Dsc02904_1

上はやはりお姐さん! 盛り上がってる!! すげ〜

Dsc02928_5

太鼓を叩くのも美女たちだ! 僕的には小太鼓のこの子が可愛かった〜。お祭りの色気!い〜な〜

Dsc02929

大太鼓のお姐さん、キャメラに気づいて、笑顔をくれた。最高にいい笑顔だよ〜!!!

 Dsc02911

福島の街中が光と音にあふれかえる。 この光景が大好きである!

福島の山車の提灯は、ほとんどが電球を使っているので、まあ、明るい事明るい事、、、そしてお姐さんたちがまあ、元気だ! 男は完全に負けている感じがしたのだが、なんだかそれはそれでいいのだと思う。華やかさ、そして何でもありの潔さ、艶やかさ、色っぽさがあるんだなあ〜。 賑やかなブレーメンの音楽隊に強く惹かれるように、僕もしばし、一緒に練り歩かせてもらった。 山車のギリギリそばを歩きながら、撮影させていただけたので、映像的にもとっても満足いくものが撮れた。福島連山車の若連、関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。

Dsc02924

すげ〜!屋根の上でも笛吹いてるよ〜!!♫ なんでもあり!いいなあ、福島の盛り上がり!

Dsc02933

大町のちょうちん! 

Dsc02938

陣場町! 盛り上がってます〜!? 

Dsc02947

なんていう名前なのかな? すざまじく速くなるシャン切りのような太鼓、聞いてくれば良かった。

Dsc02954

栄町の屋根の上には、、、なんと!金髪リーゼントのお姐さん!もうヤンキーモード全開っ!

Dsc02956

もいっちょ! なんともすごい、、、かなり愉しいから、最高っ!!

Dsc02959

でましたっ! 笛部隊。 後方ではなく前方で吹いてます。いろんなパターンがあるのだなあ〜

Dsc02964

天神町! もうデコトラに近かったような。 写ってないけど、一番上に天神町の電飾看板があるのだ! 

Dsc02975

宮下町。姉の嫁ぎ先の町会である。昔は姪っ子甥っ子も出ていたのになあ〜、、、今は、、、

でも小さな町会にもかかわらず、かなり頑張っていた。いいね〜 誇りだね!やっぱ!

Dsc02977

みんな、大人になっても祭り、しろよ〜!! 誇りをもって、、、

Dsc02980

屋根の上には扇子をもったお姐さんたちが、、、まるでジュリアナ状態だった。ノリノリ♫

Dsc02988

おー!われら本一講の親戚?? 本町だー! 親近感湧くんだな〜。

Dsc02992

やっぱ、屋根上は大盛り上がり!! 全ての山車がこうなのであって、すごい!! 

Dsc03006

三河町は、霊山太鼓を叩いている! お姐さんの艶姿に子若の女の子が見とれている、、、きっとかっこいいなあ と思って見てるのであろう。これがお祭りの最重要ポイント!子若は数年後にはきっとお姐さんになってるのであろうなあ、、、、、 いい写真。

Dsc03013

陣場町がやってきた! 派手だなあ〜。

Dsc03004

三河町は盛り上がり続けている、、、

Dsc03017

三河町を陣場町が追い抜いていく。光と音が交錯する。祭りの美。

Dsc03026

陣場町の屋根の上。今回のベストショットのひとつ! お姐さんたち、美しい瞬間なのだなあ〜。 かっこよさと美しさの調和。

Dsc03033

各山車は、それぞれの町へと向かい、立ち去っていった、、、

福島の連山車はやはり、旧長崎屋の前のお祭り広場が一番盛り上がっているようだ。盛り上がりが絶好調の中、一台ずつ出発し、稲荷神社近くまで巡行し、各町会に帰っていく、、、

Dsc03037

ちょうちんの灯をおとした中町の山車が、おごそかに帰っていく。

Dsc03043

手前の山車はロウソクの灯。 奥は電球、、、 明るさは全然違えど、やはりロウソクがいいなあ〜、、、 最近は郡山でも電球にした町会が増えてきている、、、、、

Dsc03058

Dsc02889

福島の連山車、はじめて見た。いやはやすごいものである。その盛り上がり方は、正直、われら郡山を大幅に上回っているのは、悔しいがまぎれもない事実、、、  まず、すごいものだ。 しかし、二本松のように格式を重んじるお祭りと違って、何でもあり!! の自由奔放さが溢れかえっている。それは各市の文化なのであるから、いいのである! 福島の連山車、けっして格式や品格に優れているとは言えない気がするが、、、でも楽しむ姿勢。子どもたちの多さ、大人たちの多さ、盛り上がり方には正直、脱帽であった、、、 また、見に来たい。そう思わせてくれる、熱い情熱に溢れた、いいお祭りであった。

|

« 安積国造神社の秋祭り、三日目。 | トップページ | 磐梯山、遅刻が響き残念無念。リベンジ誓った秋の休日。 »

お祭り」カテゴリの記事

コメント

濱田さんへ
この度はコメント有り難うございました。
趣旨は理解しました。 つたない写真ですが、どうぞお使いください。
どんな感じなのか、もし教えていただければ幸いです。
東北復興のため、どうか頑張ってくださいね!!!

投稿: マットシ | 2011年8月 5日 (金) 00時22分

初めまして、イベント会社の者ですが、展示会で東北応援コーナーを作ります。そこで、モニュメントの一部の写真として東北の祭を探しています。もしよろしければ、写真を使わせていただけないでしょうか?
東北の物産の紹介コーナーで使用したいと思っています。
ご連絡お待ちしております。

投稿: 濱田 | 2011年8月 2日 (火) 19時48分

てるてるぼうずさんへ
再度、ありがとうございます。
川ですか。なるほど、、、 山車、御輿は駅前でいいかもしれませんね。ただ、出店は昔のように4号線まで出てもらいたいものです。それに神社が言うように、神社の方まで観客が回遊出来るように出来れば、、、と思うのですが。
他国を見れば、自国が見える、、、ですね。
また、本宮市や大玉も見てみたいものです。happy01


安達太良、最高だったようですね。今が一番ですかね〜。沼尻から行かれたのですか? 沼尻登山口からは昔、銚子ヶ滝までは行った事がありますが、その先はけっこうキツいと聞いてました。直登はキツそうですね〜。機会があったら頑張ってみます。coldsweats01

明日は休みですので、僕は磐梯の方に行ってみたいと思っています。どこでどう遊ぶかは、明日の気分次第で、、、suncloudwink

投稿: マットシ | 2008年10月15日 (水) 22時17分

こんばんは。
とにかく、色々見て来ると参考になります。
4号線は白河の例にとると
わざわざ止めなくとも川だと思えば
僕の場合あまり気にしていません。
お祭り広場の時間をもっと有効に使えば
観客も喜ぶだろうし、
参加したいという気にもなるのではないかと思います。
確かに、教育委員会は問題ありですね。
昔は小学生は半ドンだったんだから
何時からこうなったのか?
この話は、ちょっとブログでは書けない事もあります。とほほ


山ですが紅葉が最高でした。
磐梯山は楽になりました。
赤旗山真下まで車で登れるので
山頂まで2時間もあれば十分かと
30分も歩かないうちに沼に着きます。

今回の安達太良は沼尻からトライ
白糸の滝展望台から2時間ちょっとで
船明神まで登れるし、そこから20分ぐらいで山頂です。
今まで、沼尻コースは遠いと思ってましたが
表から登るより楽でした。
さすが、自転車は無理ですけど
マットシサンなら行けちゃうんじゃないかなあ。
難所は障子岩だけです。
約30分の直登さえクリアーすればあとは楽勝ですから。
頑張っていってみてください。
紅葉は今が最高でした。
表より綺麗です。
最高のカメラアングルが待っています。
参考に
展望台から20分ぐらい歩くと湯川コースの
分枝点に着きます。
帰りは湯川コースを通ると
湯花を取ってるところを通るので
シャッターポイントでした。


投稿: てるてるぼうず | 2008年10月15日 (水) 20時30分

てるてるぼうずさんへ
こんばんは! 行ってきました〜!!
すごいですねえ。でもお土産ゲットには時間的に間に合いませんでした、、、
(ρ_;) 
でも出発の模様が見れて、良かったです。
いやあ、元気一杯! スゴかったです。郡山の山車は完全に負けていますね。(我ら本一講は同等のテンション持っています!!) でも見習うべき所は、たくさんありますね〜。おっしゃる通り、中学生の参加も大きいですね!

 どうして、郡山市はお祭りに非協力的なのでしょうか?? 神社ももっともっとアピールすべきだと思います。なんだか、二本松にしても、福島にしても、市の協力している姿をみると、なんだか情けなくなりますね。教育委員会ももっとお祭りの意義を考えていただきたいですね〜。マジでgawk あと、出店がすごいですね〜!!あの数、そして県庁通りをホコ天2しておける環境、、、どうして郡山って警察も非協力的なのか、、、まあ、地形的にも難しいのでしょうけど、なんとかならないものなのでしょうか? やはり4号線を止めるしかないと断言!ですね。

 安達太良登って来られたんですか??
どうでしたか? 素晴らしかったのではないでしょうか。僕も磐梯に登りたいと思っています。が、どうなることやら、、、


投稿: マットシ | 2008年10月15日 (水) 18時40分

いっよ やったねえ。
すごかったでしょう。
おみやげひろいました?
ただ僕が行った時よりなんかエスカレートしているような感じです。
これをなんとか郡山で出来ないものかと
上町の時は、下町側で勢ぞろいで神輿を迎えるとか、下町の時は上町側で勢ぞろいして同じく神輿を迎えるとか
それこそこの時ばかりは杉なりを立てるとか
て思っちゃうんですよね。
清水台にも山車があったらだんぜんやっちゃうんだけど、
子供達が喜んでくれたら離れていた子供達も
中学、高校生も参加してくるんじゃないのかなあ。
なぜ中高生が祭りに参加しないのか
それが残念でたまりません。
学校で止めてるのかも知れませんが
1日2日勉強サボったって受かるやつは受かる
心配なのはその後でしょう。
監視付きで家まで送ればいい。
それより親も参加しろといいたいよ。

それでも郡山の場合28日に山車祭りがあるから良しとしなくちゃてっとこかな。

僕もこの日安達太良の帰り見に行こうかと
思っていたんですが、道路が混んでいて
登山の出発時間が遅れ余り遅くなると
福島に行っても、
車も止められないと思って断念しました。

そのうち、いろいろ話を聞かせてください
では、また。


投稿: てるてるぼうず | 2008年10月15日 (水) 12時59分

kojiさんへ
おはようございます。職場の窓から見えるのですか〜? いいですね! そうか、考えてみれば、以前トイレのお話で、駅前に職場が近いとおっしゃってましたよね。
「 kojさあーーーーーーん!!!! 」と叫べば聞こえたかなあ? ってcatface

でも、スゴい熱気ですね! そして各町会が
それぞれに熱い! 人数も多く、本当に賑やかなお祭りなのですね。感服しました。
連山車若連会長の中山さんこの形にしてから盛り上がってます!が言ってましたが、 まさにまさに、、、 これは本一講のみんなにも見せてあげねばいけません! 

 郡山は、一部が盛り上がっていますが、逆に子どもを集める事が出来ず、山車を出せないという所も、、、まあ、情けない状態なのです。参考になりました〜。

写真は、お気付きだと思いますが、ハイビジョンカムで撮ったビデオから写真を起こしたものなのです。ハハハ。 一人で動画を撮りながら写真を撮るのは、かなり難しいので、こうなります、、、coldsweats01 でも雰囲気、空気感はリアルに出ますね。僕は暗がりでもストロボ焚きたくない派なのです。なんだか雰囲気が壊れますから、、、

投稿: マットシ | 2008年10月15日 (水) 07時15分

わたしは土日が仕事でしたので、職場の窓越しに福島のお祭りを眺めていました。日曜日の帰りには、駅前通りで連山車が行われていました。“mattoshiさん”もいらっしゃっていたとはさすが研究熱心です。やはり専門家ですから目の付け所が違うんですね。それ故に大変興味深いレポートでした。写真もとてもいい雰囲気に撮れていてさすがです。

投稿: koji | 2008年10月15日 (水) 04時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安積国造神社の秋祭り、三日目。 | トップページ | 磐梯山、遅刻が響き残念無念。リベンジ誓った秋の休日。 »