« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月26日 (水)

晩秋の裏磐梯

晩秋の裏磐梯

今年も、たくさん裏磐梯にお世話になった、、、 もう季節は冬。自転車やカヌーはシーズンオフ。(氷上自転車があるけどね、、、) 以前、こんなフォトムービーを作った、、、 ちゃりけんさんの真似をさせていただき、試験的にちょこっと載せてみた。よかったら見てください。(ブログレイアウトの関係で?全面が表示されないので、画面そのものをクリックしてもらえば、YouTubeそのものに移動します。そうすれば全面が見れます、、、) (未完成作品ゆえ、出来が悪いのは勘弁してくださいね、、、)

続きを読む "晩秋の裏磐梯"

| | コメント (8)

2008年11月24日 (月)

ゴールドメダリストの実力! 

 作日、郡山市 開成山球場に、北京五輪のソフトボール日本代表、上野 由岐子投手、乾 絵美捕手、そして前 日本代表チーム監督の宇津木 妙子氏がやってきた!!!! もうきたーーーーっ!!!という感じ! やはりスーパースターの来郡とあって、郡山市をはじめ、県内のソフトボールチームの選手たちがそりゃもう、スゴい数集まっている! その数、なんと3000人近いとか、、、 我が家のサメ小僧もチームから選抜されて、この場にやってきた。 オリンピックゴールドメダリスト、そして日本中が感動した、あの名勝負、あの過酷な闘いを投げぬいた上野投手がやって来るとあって、この場にいれるだけでも素晴らしい! と思うのであり僕も今日は仕事を抜け出し、カメラを抱えてワッセワッセと出かけよう!としていた矢先、先に会場入りしていた奥から緊急メールが! なんと、球場内、カメラ、ビデオ撮影禁止との事、、、ガーン ウソ・・・。なんという事だ〜 気合いを入れて撮影準備をしていたのでショックが大きい。 なぜに日本はこう規制が厳しいのか、、、哀しい現実。

さてまあ、仕方がない。見るだけ見に行き、自分の目に焼き付けて来よう。   球場入りしてみたら、もうびっくり! グラウンド内にいる選手たちの数、、、すざまじい数。 もう祐太郎がどこにいるのか、さっぱり検討がつかない。 しかし、上野投手のピッチングを間近に、まざまざと見た、、、スゲースピード!信じられないような豪速球。マウンドからキャッチャーまでの距離も短いから、アンビリバボーな世界。以前、テレビでやっていた、、、プロ野球選手 VS 上野投手の勝負。勝負の結果は、プロ野球選手の惨敗。当てるのがやっと、、、そんな逸話があるほどすごい球だった。 それを、実際に自分の目でみてみると、、、言葉ではなく、、、おおー、、、と唸るのみ。すごい。

しかし、僕が思ったのは、このお三方、やはりすばらしい!夢を追い続けて努力している人。そして確実にそれをものにして、階段を登って来られたその人生。お三方からは、成し遂げた人からしか出ないオーラが溢れていた気がする。そして、もっと素晴らしいのが、それを打ち消さんばかりの親近感。ああいうお姉さん、お母さん、理想だなあ〜。チームプレイから出てきた人間性なのだろうなあ〜。 サメ小僧、他三千人の受講生たちには、技術はもとより、その人間性を学んでほしいなあ〜。

あらためて、宇津木監督、上野選手、乾選手、この場を借りて、、、

     ありがとうございました!!!

よしっ! ルネサス高崎を応援すっつおー!

続きを読む "ゴールドメダリストの実力! "

| | コメント (8)

2008年11月18日 (火)

月夜の裏磐梯、それはもう、、、、、

仕事で夜、猪苗代に行った。先週の大快晴の晩である。ただ帰ってくるのでは芸が無いので、裏磐梯に行ってみる事にした。目的は、写真撮影。そして、こんなのが撮れた、、、

P1120906

続きを読む "月夜の裏磐梯、それはもう、、、、、"

| | コメント (8)

Last SKYLINE in the FOG、、、

吾妻連峰の一切経山より噴気が吹き出したのは、つい先日のこと。 インターネットでそのニュースを知り、もうこれは行ってみるしか無い!! ゴーッと音してんのかなあ〜、とか その迫力に思いを馳せ、あああ、観てみたい!と思ったら、翌日は休みではないか!よっしゃあー! 

しかし、午前中は仕事が入っていて、、、結局仕事をかたずけて、出かけたのは午後になってから。どちらあでいこうかな? 神様の言う通り、ほんとかな? 今回は久々出動!ギンヤンマ。

今まで乗れなかったから、へそを曲げたのか、ギヤの入りが悪いのでサトサイに立ち寄って調整してもらった。( 自分では出来ないのである! 威張るな

というわけで、急いでスカイラインに直行!

P1120797

しかし、、、なんでこの天気?? 横向温泉を過ぎたら、もう霧!  なんでやあ〜

もうかなりメゲてしまってる自分がそこにいた。料金所のおじさんに様子を聞いても、なんだかパッとしない天気らしい。 まあ、いいやせっかく来たんだから、とりあえず登ってみよう。

P1120801

国見台から磐梯山を望む。この国見台という名は、太古の昔の神様が自分の国を見ていた時の、大昔の原風景の様だという事から名付けられたそうである。今日の空模様はそれに合わせた雲模様。

P1120803

ワッセワッセと登るのである。やっぱし、土湯側は比較的楽。いい運動である。スカイライン、好きである。

P1120809

道路脇の管理維持用の事務所の前には、こんな棒の山。じつはこれ、冬の間道路の脇に立てる赤白のポールなのである。そう!道路脇にはこの赤白ポールが冬の間、ずーっと固定されていて、春先の除雪用にブルが入った時に道路を見分けるための重要なものである。夏の間には見られなかったアイテム。冬ごもりの準備に管理の車が走り回っていた。

P1120812

湖見台にて休憩。ここも毎回休むスポットである。ここからは、猪苗代湖、小野川湖、秋元湖 檜原湖、の各湖が見える。この日もなんとか、全ての湖を見る事が出来た。ある意味贅沢な場所だなあ〜。

続きを読む "Last SKYLINE in the FOG、、、"

| | コメント (4)

2008年11月17日 (月)

潜入!? エンドレス忘年会 その実態とは! 

先日、チームENDLESSさんの忘年会に招待をうけ、行ってみた。スゴかった、、、、、 とてつもなく、愉しく、とてつもなく疲れた。スカイバレーを登っていた方が楽だなあ〜

P1130092

場所はカラオケ屋さんということで、早いうちからカラオケで盛り上がるのだが、、、

その宴は一気にヒートアップし、、、

P1130102

もりあがるTOSHIさん!

P1130086

完全にイッチャッテます!

P1130105

ゲストの皆さんも、、、ノリに乗って!!

いやはや、途中からもうアップテンポな曲が連続し、もう踊りっぱなし、歌いっぱなし。 僕も強制的に引きずりこまれ、、、? 盛り上がってしまった〜 そう言えば、ピナ男さんが言ってたっけ、、、エンドレスの忘年会はスゴい、、、と。 その実態を肌で感じるどころか、呼吸困難になるのでは、、、と思いながら感じてきた。 すごいエネルギーである。

P1130108

みんなノリノリでピントもへったくれも無い、、、僕の頭のピントもズレズレだったし

P1130140

面白かった〜、、、若人がはしゃぎ、さわぎ、踊り、唄い、あああ、こんなはっちゃケが、本当に愉しい。でも、体力を使う飲み会で、、、アルクホールが吹っ飛んでしまい、全然酔えなかった気がする。

ピナ男さんともまた会えたし、チャリケンさん、キャサリンさん、141さんとも会えた。そうそう、カツさんとも初めて会えた。HIDEさんと僕との意外なつながりも分かり、チョーびっくり!有意義な有意義な時間だった。

P1130144

また、呼んでくだせ〜ませ。 

ENDLESS 忘年会、、、それは阿鼻叫喚に似た叫び声と唸りと酒と踊りがENDLESSに続く、エアロビと飲み会をたして二で割ったような、とてつもなく体力を使う飲み会だった・・・

残念ながらお会い出来なかった、kojiさん、あんぜんくつさん、次回、お会い出来る日を楽しみにしております、、、

続きを読む "潜入!? エンドレス忘年会 その実態とは! "

| | コメント (6)

2008年11月12日 (水)

晩秋の秋元湖、我が家のインドア娘と過ごす、極上のひととき。

昨日は、お休みの日。最近ずーっと一人遊びに来ていなかったので、今日こそは!と意気込んで、出かけた先は、やっぱし、僕のホームレーク、!!! 秋元湖! やっぱしここだなあ〜。 今回は、我が家のインドア娘、車に乗ると必ず酔ってしまう、アウトドアに向かない犬、 ”レディー”を連れて行く事にした。 酔わないで行けるか、不安だが、まあなんとかなるべ、と 楽観的にシュッパーツ!

Dsc03566

はしゃいでいたのだが、なんだか途中から芳しくない感じ、、、 れれ?

結果、、、猪苗代町にて休憩を取ってあげたりしたのだが、裏磐梯に向かう道すがら、長坂付近にて、、、、、 掃除が大変だった、、、

かなりブル−な僕であったが、気を取り直し一路秋元湖へ! ところが、、、

Dsc03568

天気予報では、☁後☀、だったのに、、、着いた途端に、冷たい雨に歓迎された。なんで?? しかし、めげまい!がんばろう! 寒いから焚き火台に炭を焚いて暖をとる。 オーバーパンツを履き、マウンテンパ−カーの下にライフジャケットを着込んでこれでオッケー!!結構暖かいのである。みんな、この季節に山に行くって言うと、寒いでしょ、、、とかもう山は終わり、、とか言うのだが、真冬にテントでキャンプをする強者もいるのであるからして、、、これぐらいは何でもないのである! 

Dsc03575

磐梯山、今日もおおらかな姿、、、

Dsc03577

でも、山の上、、、もう凍っている。 磐梯登山は今年は封印せざるを得ない、、、来シーズン! 再チャレンジ!!!! 

Dsc03586

ツーバーナーで湯を沸かし、炭を起こし、  でもこのツーバーナー、最近いたって調子が悪い。 ガス、かなり弱まってしまっているし、、、う〜ん寿命なのか? そろそろ代替えを考えた方がいいのだろうか?

Dsc03588

さあ、出航だ!第十一共栄丸よ! 今日も安全運航、よろしく頼むぜっ! 荒ぶる波に立ち向かい、いざっ、出航!! 見張り役は、インドア犬、レディ! ってまあ、全然役には立たないが・・・ かっこだけ、カヌー犬? 

Dsc03601

北西の風をうける面の山肌は、山廃色に枯れて。 この寂しい色、寂しいけど、好きである。

Dsc03600

秋元湖の好きな風景、、、この、水面に出た細い木、情緒があるので好きなのである。

P1120397

P1120400

ここから先は、秋元湖の晩秋の世界をご紹介しよう、、、

P1120422

Dsc03615

P1120464

P1120428

P1120443

P1120729

広い秋元湖、今日は一番のお気に入りの場所、中津川河口に向かう事にする。上の写真の一番奥まっているところが中津川の河口、(流れ込み)である。中津川の川沿いは、全国的にも屈指の紅葉スポットであり、最盛期には五万と観光客が訪れ、紅葉狩りを楽しむ場所である。しかし、その他に目立って何かがあるわけではないので、その一瞬が終わるともう訪れる人も少なく、非常に寂しい場所となる。僕が訪れた昨日なども、人は少なく(それでも秋元湖側の林道には数台の車が止まっていた、、、写真撮影の方々だと思われる)神妙に静まり返ったその様をのんびりと水上から眺める。そこにはただ、ひたすらに流れるせせらぎと、葉を落とし、荒涼とした林が静かに時の流れを刻んでいた。カヌーでせせらぎに乗り入れてみた。川面は深いエメラルド色で透き通り、我が家のインドア娘はせせらぐ川を興味深そうに眺める。

P1120787

P1120759

なんだか、へっぴり腰で川面を覗き込むインドア娘、”レディ”。

空が幾分か明るくなってきた。曇天だった空模様だが、少しずつ晴れ間が見えてきた。

P1120533

P1120750

カヌーを静かに進めると、突然静寂が破られ、グワーグワーグワーと啼きながら、水鳥の群れが一斉に飛び立つ。

P1120756

この透明度、いつまでも清流なれ、中津川。

Dsc03679

パドルが水をかく音のみが聞こえる、、、この静寂と言うなの贅沢。

Dsc03614

曇天だった空が、、、

Dsc03653

徐々に雲が切れ、、、

Dsc03675

中吾妻もその頂きを現した。

P1120788

P1120779

どれだけの落ち葉が降り積もっているのだろう、、、これが森を作り、豊かな水を生む。

P1120610

稜線の向こうに湧き立つ雲。 こういうのが好きだったりする。

 

P1120601

おやおや、気がつけばずいぶん、日が傾いてきた。

P1120615

そろそろ帰るかインドア娘よ、、、って おいおい ずいぶんとくたびれたようである。

この先も彼女はカヌーに揺られながら寝ていた、、、慣れたって言えば慣れたのかなあ? 先代のゴールデンレトリバー、キャニー、、、とても立派なカヌー犬だった。しかし、カヌーの中で寝た事は無かったなあ、、、

さて、日が陰ってきたから、もうベースキャンプに戻らねば、、、しかし、折しも北西の風、帰りの航路はいつもだが、真っ正面からの向かい風。なかなか進むのが大変なのである。ワッセワッセ、とパドリングをするのだが、あっちょっと写真撮ろう! なんてパドリングを少しでも休むと、あっという間に元の方向に流されてしまう。写真は撮りたいし、流されるし、ベースキャンプまでの帰路は遅々として進まず、、、、

P1120581

P1120606

曇り空ながら、すこしだけ覗いた夕日。雲がなかなかドラスチィックな表情を見せてくれた。

P1120638

標高が高く、風が当たる場所の木々はすっかり葉を落としてしまった。

P1120679

P1120683

ワンドからでると、裏安達太良もその姿を見せてくれた。全てではないが。

P1120646

雲と月、スターウォーズに出てきた、デススターを彷彿としたのは僕だけか?

P1120656

本日の飛行機、JALの747。仙台行きか。

P1120692

ようやくベースキャンプに到着〜 ちかれたあ、、、

Dsc03713

今日も一日お疲れさん、第十一共栄丸。

Dsc03737

焚き火台で暖をとる。ホッとするひと時である。

今シーズン、最後になるかなあ、と言う感じの秋元湖。湖ひとつ貸し切り〜!!で遊ばせてもらった。レディも飛び入り参加で、(大変だったけど)ひとりと一匹。極上の時空間だった。しばし、暗闇の中でたき火を愉しみ、帰途についた。

晩秋の秋元湖、大好きな空間。そしてこんな歌が聴きたくなる。

Yumi Matsutouya : BANKA

P1120696

帰り道、大好きな秋元湖に、宇宙を観た。<写真をクリックすると拡大します。>

P1120793

続きを読む "晩秋の秋元湖、我が家のインドア娘と過ごす、極上のひととき。"

| | コメント (6)

2008年11月10日 (月)

薫ファイターズ 芋煮会はいと愉し・・・

今日は、祐太郎がお世話になっている薫ファイターズの芋煮会。僕的には非常に楽しみにしていたイベントである。今日くらいはお役に立とう!と会社を有休で休んだ。

Dsc03361

お母さん方のやさしさ、愛情、がいっぱい入った芋煮が出来た、、、大賑わいである。

Dsc03367

具沢山! そして熱々の芋煮が、、、ああ〜 旨そう!!!

この日は曇り空、そして冬型の気圧配置のため、いやあ、木枯らしは吹くし、寒い寒い。 そんな中で、作っていただいたこの芋煮、まあ、旨かった事、旨かった事。 なんと、大鍋に4つの芋煮が作られたのだが、(鍋によって、うどんやすいとん、カレー味も登場!!など)具が違ったりして、いやはやお母さん方、ありがとうございます。

Dsc03375

Dsc03376

Dsc03378

Dsc03380

Dsc03385

みんな、大満足!!

そして、隣接するグラウンドでは、練習の後、六年生チームVS四 五年生チームの試合が。

Dsc03473

四 五年チームのピッチャー、サメ小僧が担当、、、

Dsc03422

六年生チームのピッチャーは、Tしまくん。貫禄!? のピッチング!

Dsc03476

Dsc03425

Dsc03445

Dsc03467

Dsc03497

Dsc03504

Dsc03514

Dsc03508

Dsc03518

Dsc03469

Dsc03416

Dsc03444

Dsc03536

Dsc03529

後半は、二、三年生も混ざっての混合チーム試合!これも面白かったな。二年生、三年生は五、六年生のスゴさ、分かったかな〜?

Dsc03550

Dsc03553

Dsc03558

Dsc03530

Dsc03523

Dsc03540

Dsc03539

Dsc03560

最後に、みんなで集合写真! 僕も便乗してパチり!!

Dsc03397

Dsc03407

あとかたずけの後、芋煮会、終了! みんな、グラウンドへ向かって、礼っ!

ありがとうございましたあ〜〜〜!!!

いやはや、美味しく愉しい一日であった。コーチ、お母さん方、に礼っ!

ありがとうございましたあ〜〜〜〜〜!!!

続きを読む "薫ファイターズ 芋煮会はいと愉し・・・"

| | コメント (10)

2008年11月 6日 (木)

常葉町ビートル駅伝!! 後編

Dsc03223

実: さあ、お待たせいたしました。全国3000万人の駅伝ファンの皆様、こんにちは。 お待たせいたしました。アメリカ大統領選挙のために中断しておりました、常葉町ビートル駅伝大会後半戦の模様をお伝えしていきたいと思います。 解説は引き続き、全日本小学生駅伝連盟福島県支部理事の伝さんにお願いいたします。

解: よろしくお願いいたします!

実: 伝さん、あんまり喋らなくていいですから、よろしくお願いいたします。

実: さて、前回は登り区間の4区の模様をお伝えしました。今、駅伝の4区ランナー、TKくんが5区のKSくんにタスキリレーを行いました。しかし、ゴール直前のTKくんのスパートはすごかったですね! ゼッケンナンバー7番の西向とすごいデッドヒートになりました。

解: いやあ、いい勝負でした〜。意地と意地のぶつかり合いですね〜 しかし、ここでタイムを見てみると、駅伝はかなり押してきてますね〜。

 Dsc03353

実: 駅伝がタスキを渡す、1分2秒前にまなびらはタスキリレーをしていました。 5区はSSくん。黄色のソックスが目印であります。 駅伝の5区はKSくん、この選手も速い選手であります。TKくんと変わらない速さで、まなびらを追い上げます。逃げ切れるか、まなびら! 追いつけるのか、駅伝!

実: 中継車が少し遅れているようです。SSくんを追いましたが、追いついたその時には折り返しポイントを過ぎて、次のランナー、FKくんにタスキリレーをしてしまったようです。 映像的に撮る事が出来ませんでした。関係の方々にこの場を借りてお詫びいたします。

解: 何とかならなかったのでしょうかね〜。来年は中継車をもっとパワーアップしなきゃあならんですね〜。

実: そ、そうですね、、、中継係に言っておきましょう、、、

Dsc03229

実: まなびらの6区はHKくんです。おおっと、これはオリジナルウェアーですね! 赤白のまるで日本代表のような出立ちであります。かっこいいですね〜。

Dsc03231

実: まなびらから駅伝のタスキリレーまでのタイムが24秒!! 確実に縮まっています!! これは分からなくなりましたあ〜! 伝さんのおっしゃったように分からなくなってきました。エースクラスを投入している駅伝はこの辺りが一番速い! 行き詰まる攻防戦になってきました!

Dsc03236

実: 駅伝の6区、SYくん!カメラ目線であります。そしてタスキがネクタイか、スカーフか、と 言った感じであります。

解: 新しいタスキのかけかたですね〜。赤いスカーフと言うとやっぱり仮面ライダーを思い出しますね〜。昔のライダーはかっこよかったですね〜!そうそう、黄色いスカーフはにせライダーでしたね〜 一号ライダーと二号ライダーは本当は敵だったのですよね〜。

実:  ・・・  お話の途中ですがここで情報が入ってまいりました!! アメリカの大統領選挙で、バラク.オバマ候補が当選確実!と全米メディアが伝えております。第44代アメリカ大統領はオバマ氏に軍配が上がりました!!

Dsc03238

実: おおーとーっ!! 駅伝が、まなびらを抜いたーっ!!!!!!! ついにー!きたーーーーーーーー!!!!!!っというかんじであります!なんたることでしょう!

解: う〜ん、まなびらのHKくんのペースが落ちた感じはしませんから、これは駅伝のSYくんのペースがスゴいという事なのでしょうね〜 歩幅はそんなに広くないのですが、速い脚運びでぐんぐん進んでいますね〜。いいですね〜。素晴らしい走りですね〜

Dsc03243

実: 駅伝、ぐんぐん引き離しにかかります、スゴいスピードだーあっ!

解: さあ、まなびらはここが正念場ですね〜、しっかりと食らいついていってもらいたい物ですね〜、これ以上の差を許すと厳しいですよ〜。

Dsc03245

実: 第6中継所です! 今、まなびらのHK選手から7区のOAくんへタスキが渡されましたー! HKくん、最後の力走、倒れ込むように飛び込んできました!

解: そ〜ですね〜、最後まで粘りの力走でしたね〜、駅伝に先を許しはしましたが、素晴らしい走りでしたよ〜。

実:そうですね、駅伝はじわりじわりと差を詰めてきて、一気にここでスパートしました!

Dsc03249

実: まなびらの7区、OAくん!さーてどんな走りを見せてくれますか、

解: OAくんは淡々とした走りですが、この選手は数々の大会に参加している実績がありますからね〜、ここは期待したいところですね〜。

実: やはり、落ち着いた走りですね。

解: そうですね〜、ここで焦ってペースを崩してはいけませんからね〜

Dsc03251

実: あー、この表情です、OAくん、なんだか余裕も感じられます。

解: ここはOAくんの本来の走りを期待したいですね〜

Dsc03266

実: さあ、中継車は息も絶え絶えに、駅伝に追いついたもようです! すごいペースであります。駅伝7区は SD選手。この選手も速い! 今、まなびらのOAくんとほぼ同じペースで走っています。そして、どうやら、ゼッケン4番のスーパーアスリートを抜いた模様です!

解: スーパーアスリート、失速していますね〜。

実: ああーっと 本当です!スーパーアスリートが失速ーウッ!

Dsc03270」」」

実: さあ、OAくんも抜いていきます。 がんばれがんばれ!スーパーアスリート!!

実: そして、8区Aに入りました! まなびらはOAくんからSKくんへタスキが渡りました! さあ、がんばって少しでも駅伝との差を縮めたいところです!

解: ここからは、ほとんどが下りですからね〜、歩幅を大きくとってタイムをあげてほしいもんです〜

Dsc03284

実: コーナーワークもいい! SKくん!さあ、もうすぐ最後の中継所に近づいてきました! 最後までペースは乱れず、いいんじゃあないでしょうか、SK選手!

Dsc03290

実: さあ! こちらは駅伝の8区AのYTくんです。速いです!これは速い! 手元の時計では、区間二位の好タイムで中継所に向かっております。もう、間もなく中継所であります。 あーと、この差がつきましたーっ! 後ろにはもう、まなびらの姿は見えません!

解: これは相当の差がついてしまいましたね〜

Dsc03295

実: こちらは第7B中継所であります。今! 駅伝が中継所に飛び込んできましたーっ! やはり、区間第2位の好タイムであります! そして、アンカー、TNさんにタスキが今、渡されましたーっ! 駅伝は最後に女子をもってきましたよーお!

解: やっぱり、女子だけに有終の”美”を飾りたいのでしょうね〜

実: そ、そうなんでしょうかね・・・

実: さあ、まなびらはどれほどの差で飛び込んでくるのか! 注目です。

Dsc03299

実: さあ、こちらはまなびらのアンカー、サメ小僧と異名を取る、KY選手であります。どんな走りを見せてくれるか、

Dsc03302

実: あーっ! 見えましたー! まなびらのSK選手、最後の力走!!苦しそうな表情! もう最後の力を振り絞っての激走でありますっ!!

解: いい走りですよ〜

Dsc03305

実: KM選手もスタンバイ! すぐ後ろからはゼッケン7番、西向少年少女駅伝部が迫ってきています!!  面白い展開になってきました!!

解: 最後のデッドヒート! いやあ〜楽しみですね〜

Dsc03307

実: 今! まなびらのタスキが渡されました!! 約一分の差でサメ小僧、スタートです!

解: すぐ後ろから、西向が来ていますよ〜

Dsc03313

実: おおーっと この差であります。後ろから西向が来ています!! アンカーですから、ここはもうそれぞれのチームの意地のぶつかり合いになります!!

Dsc03315

Dsc03320

実: 沿道の風景は田の稲刈りも終わり、間もなく訪れる冬の気配を少しだけ感じる事が出来る、、、そう言った光景です。 さあ、そんな田園地帯を似つかない名で走る、サメ小僧であります。ここから、1.5㌔、やはり課題はスタミナと、あとはペース配分。駅伝との約一分の差を縮められるのか、、、逆転勝利は出来るのか!!

解: う〜んなかなか、難しいかもしれませんが、まあ、サメ小僧、だけに、ジョーズな走りをしてほしいものですね〜

実: 

Dsc03323

実: さあ今、田園地帯を抜け、大滝根川にかかる橋を渡ります。ここから短い急な登り、それを越しますと、常葉町の街の中、ゴールまで約600㍍になります。なんとか、西向の追い上げはかわしています。後続は離れた模様。しかし、依然として駅伝のアンカー、TNさんをとらえる事は出来ません。

Dsc03324

Dsc03325

実: 登りが終わりました! ここから右に折れ、街の中へと入っていきます!おーっとカメラには写っていませんが、 はるか前方に駅伝のTN選手の姿をとらえられました!! どうだ! しかし、その差は150㍍以上はあるでしょうかあ!!

Dsc03329

実: あーっと! 誰かがコース上に飛び出してきましたっ!!  

Dsc03331

実: まなびらの1区、スタートランナー、NY選手のようです! 

解: いたたまれなくなって、応援に出てきたのですね〜

実: 何か、さかんに叫んでいます! 駅伝を抜いたらカードを買ってやる!なんだはそんな事を叫んでいるようです!! 

解: 美しい友情ですね〜

実: 

Dsc03333

Dsc03336

実: 最後のコーナーを曲がって、今、ゴールである町役場前広場に入ります。そして沿道には走りながら応援するNY選手の姿であります、、、

Dsc03339

実: 残り直線100㍍! ラストスパートを賭けます!! しかし、もう駅伝には及ばない、、、 しかし、最後の走り、一気に加速!

Dsc03344

実: 大勢の観客の声援です! 

解: これはありがたいですね〜

Dsc03345

Dsc03347

Dsc03349

Dsc03351

実: 今! ゴーーーーーーーーオーーーーーーールーーーーーーーーーー

Dsc03352

実: インっ!!!!

実: いやあ、白熱した闘いでした! 残念ながら、駅伝にはあと一歩及ばず、、、惜敗でしたが、これはこれで、来年のいい課題が出来ましたねえ。

解: そうですね、来年の目標が出来、また、仲間との結束が強まったんではないでしょうかね〜 そう言った意味でもこの悔しさをみんなで共有して、一致団結して来年の大会に臨んでほしい物ですね〜

実: ありがとうございました。そう言った事で、第32回常葉町ビートル駅伝、お伝えしましたように、駅伝チームには最後、28秒及ばず、まなびらチームは総合 20位という結果でした。 来年はまた、頑張ってくれる事でしょう、、、 ここまでの実況、私、薫 校太郎と 解説は全日本小学生駅伝連盟福島県支部理事の 伝 冗談さんでお伝えしました。 伝さん、ありがとうございました。

解: ど〜もど〜も、ありがとうございました〜

Dsc03089

 記録、それは はかない、、、世界記録でさえもいつかはかならずぬりかえられる、、、 しかし、真の友情はいつまでもいつまでも、君たちが大人になっても、たとえ、おじいさんやおばあさんになっても続き、輝く物である。その輝きはどんなゴールドメダルにも負けない輝きがある物だ、、、  

そんな友情がここからも、芽生えますように、、、

続きを読む "常葉町ビートル駅伝!! 後編"

| | コメント (2)

2008年11月 4日 (火)

常葉町ビートル駅伝!! 前編

本日、田村市常葉町で行われたビートル駅伝に参加してきた。参加したと言っても、走るのはもちろん、祐太郎である!! 駅伝であるから、チーム体制で挑むのだが、我らが、薫小学校で募集がかかり、以前の”まちなか夢駅伝”に参加した子どもたちが再結集したのだ。 薫小学校校長、吉成先生が体育に重点を置いて指導してくださることは有名で、今回も先生の呼びかけで、多くのチームが郡山から出場する運びとなった。

朝、6時半に学校に集合。現地に出発するにあたっての簡単なレクチャーがあり、それぞれ、車に乗りあわせ、出発!

Dsc03098

薫小学校正門前にて、レクチャー中、、、

郡山市から常葉町までは車で約1時間。会場は常葉町の町役場前。駅伝大会は商工会のお祭りと一緒に開催されているので、会場はたくさんの出店が出て賑わっており、我々も大会終了後には楽しめる事となっているのである。楽しみである。

Dsc03101

吉成校長先生である。体育のエキスパートで、今回のように校外のイベントにも積極的に子どもたちを導いてくださる、とても素晴らしい先生なのである!

吉成先生から大会の説明をうける。小学校の部では12チームが参加している。そして今回、薫小学校からは3チームが出場。吉成先生は、その他にも混合チームとして、薫小学校の他、開成小学校、安積第一小学校の合同チームを3チーム、その他、宮城中学校がひとチーム、合計7チームをひとりで率いているのだからとてつもなくスゴい先生なのである!!  大会は小学生から中学生、高校生、一般、と幅広い選手たちが一斉にスタートし、距離も同じ距離を走る。まちなか駅伝の時とは大きく違い、距離も長い。子どもたちは16.5㌔を10人で、中学生以上は8人でたすきをつなぐ。

  Dsc03102

みんな真剣に聞けよ〜、、、

祐太郎が所属するのは、4年生の選抜チームである郡山市立薫小学校まなびら駅伝部。ゼッケンナンバーは ”2”。 メンバーは、勝手知ったる仲良しの4年生たち。チームワークも良好である。それぞれの区間まで距離があるので選手たちはバスで送迎される。

Dsc03104

にっこにこで出発!!

Dsc03105

見送るお母さん。

Dsc03106

頑張ってこいよ〜!

Dsc03107

いってらっしゃ〜い!と声援を受けて出陣である!

各自が中継地点に散っていき、スタート地点ではいよいよ緊張の瞬間が近づく。スタートの第1区は、祐太郎の盟友、NYくん。距離も2.3㌔と一番長い。

Dsc03111

緊迫の度を増してきたスタート地点である。

それでは、ここからは、放送席にマイクを渡すとしよう。

実: さあ、やってまいりました。第三十二回田村市ビートル駅伝大会。もうここ、常葉町においては、誰しもが知るメジャーな大会であります。さて、実況はわたくし、薫 校太郎と、解説は全日本小学生駅伝連盟福島県理事の 伝さんでお伝えします。 

実: 伝さん、よろしくお願いいたします。

解: よろしくお願いします。

実: 今回も多くのチームが集まりましたねえ。全部で28チーム、248選手が集いました ビートル駅伝であります、、、 さあ、間もなくスタートの号砲が鳴り渡ろうとしているスタート地点はまさに緊迫の時を迎えています。

Dsc03112

 バーン!!!

実: さあ、今スタートしました! 第三十二回ビートル駅伝、さあ、今回は薫小学校のチームに密着して、お伝えしていきたいと思います。 薫まなびら(以下、まなびら)の第1区は頼れるタフネス、大きなボディから生み出されるパワー、NYくん。そして薫小学校駅伝クラブ(以下、駅伝)の第1区はkkくん。さあ、ゼッケン2番と3番の争いが今回の大会で最も注目される闘いです。

Dsc03113

実: おおっとー!! ゼッケン3番、KKくん、どつかれたか〜あ、、、  あやうく転倒しそうになりました! 

解: 危なかったですね〜、一般男子や中高生も混走していますのでね、 このスタート直後の混乱は気をつけなければならないですね。

実: ギヤを入れ替えて、これからの闘いに備えなければいけません、 さて、どういった闘いが行われるのか、楽しみなところであります。

解: そうですね〜、1区はなんといっても、最初の形成を決めますから、重要ですよ。 またここは距離がありますからね、スタミナも大切ですよね。  

実: そう言った意味でも、タフネスNYくんの走りはどうか、注目です。

Dsc03118

実: おお、余裕があるのでしょうか、NYくんは笑顔で放送席前を通過しました。

Dsc03121

実: さあ、役場前を駆けぬけますと、一路左に曲がりまして、折り返しポイントをめざしま す。 ここからは、中継車からの映像でお楽しみください。 薫小のチームユニフォームが見えます。なんと、並んでますね〜、まなびらと駅伝と、あと、これは美しき仲間たちチームでしょうか。お互いに牽制しあう形での序盤となっております。

 Dsc03126

実: おお、一般のランナーをぬきますよ〜。

解: NYくん、レースを引っ張っていきますね〜。さすがは上級生、下級生には負けられない 意地がありますね。

Dsc03130

さあ、この後はどういった展開になるのでしょうか?

Dsc03131

実: 折り返しポイントです。最初はやはりゼッケン2番、まなびらのNYくん、すぐに続いて、ゼッケン3番、駅伝のKKくんが折り返します。

Dsc03140

実: 第一中継所が見えてまいりました。先を行くのがまなびらのNYくん、駅伝とはこの差がつきました。間もなく第二走者、女子のHHさんにタスキが渡されようとしています。

解: 確実に渡してほしいものですね。

Dsc03143

実: 今!第二走者にたすきが渡されました〜!! 第二走者は、HH選手!  この区間は女子限定とされている区間であります。

Dsc03145

実: 第二走者、HHさんの力走です。ここは距離が0.8㌔と大変短いですから、ハイペースなレース運びとなりそうです。

Dsc03151

実: おおっとーっ! 駅伝の女子、KH選手がスゴい追い上げだあー! 

解: かなりのハイペースですよ〜。この分だとまなびらに追いつく可能性もありますね。

実: さあっ! 大変面白くなってきました。女子限定の区間、まさに花の2区!

Dsc03146

解: これは、追いつきますね〜、、、、、

実: ああっとお〜! もうこの距離ですっ!

Dsc03152

実: 距離が狭まりますっ! さあ、HH選手にも迫り来る KH選手の息づかいが聞こえるはずです! HH選手、逃げ切れるか!

解: あ〜、、、 沿道をKH選手のお母さんが走りながら声援を送っていますね〜。

Dsc03154

実: ならんだあー! そして一気に抜き去るのかあー!!!

解: お母さんの声援の賜物でしょうかね〜。

Dsc03155

実: 抜きましたアー! 駅伝第二走者、KH選手、まなびらのHH選手を一気に抜きましたー!

Dsc03157

実: しかし、HH選手も意地があります! 再びピッチを上げます!

解: やはり、4年生としては、負けたくないところですね〜。

Dsc03158

実: おおー!再び並んだ、並びましたあ!! そして、

Dsc03159

実: 抜き返しました!まなびらのHH選手が抜き返した〜あ。

解: ちょっと、駅伝のKHさんは失速したかもしれませんね〜,,,

実: その差がまた開きました、まなびらと駅伝、中継所まではもう少しです。

Dsc03160

実:第二中継所Aです。今、駅伝チームのKH選手がバトンを渡しました。 駅伝の第三走者はTYくん。まなびらの第三走者は、YYくんであります。

Dsc03163

実: 駅伝のKHくんがスゴいペースで走ります。はるか前方に見えますのが、まなびらのYYくんです。

解: この差は大きいですね、最後にHHさん、がんばりましたね〜。 後ろにまとめた髪がきっと原動力だったんですね〜

実:??

Dsc03167

実: 淡々としたペースで走ります、まなびらのYYくんであります。 一定のペースで走っております。コースは登りにかかります。このペースを維持する事が出来るかどうかが鍵であります。

解: YYくんは、まなびらの7区、OAくんに似てますね〜、、、 わたしは兄弟かと思っちゃいました。

実: そ、そうですか??

実: ここで後続の様子が入ってまいりました。

Dsc03147

実: 2区の美しき仲間たちは、HAさん2年生、小さな体でがんばって走っています。

Dsc03171

実: 3区を懸命に走る、MHさんです。

解: いやあ〜、感動しますね。両選手とも小さな体で、、、涙ぐましい〜

実: そうですね。がんばる姿は、本当にいいものであります。素晴らしい光景です。

Dsc03172

実: 第2B中継地点です。今、まなびらのYYくんからHHくんに、たすきが渡ります!

解: YYからHHとはゴロがいいですね〜。

実: ・・・   

Dsc03178

実: さあ、3区Bを走るHHくんです。ここも登りがキツいですからどうでしょうか、 スタミナが課題でしょうね。

解: 私はね〜、このHHくんと、5区担当のSSくん、6区担当のFKくん、8区担当のSKくんが似ていると思うんですよね〜。これは譲れないのですよ〜

実: そ、それは単に眼鏡をかけているからなのでは??・・・

Dsc03180

実: 駅伝の3区BはTKくんです。まなびらとの差をどこまで縮められるか。

Dsc03189

実: 美しき仲間たち もタスキが渡りました。3区Bは、女子KMさん。かわいく頑張ってます!

解: こういう写真も撮れました。

Dsc03193

解: ど〜です!タイミング的に超ムズかしい写真ですよ〜

実: な、何がでしょう、、、?

Dsc03202

実: 中継車が後続を追っている間にまなびらと駅伝、それぞれタスキを渡しました。 まなびらは、4年のエース! NHの登場です!! そして、駅伝は3年のエース!TKだ! エース級の二人の対決!非常に楽しみな闘いであります。

解: まったくもって、予断を許さない展開になりますよ〜。

実: ここの区間が一番の登りの区間です。さあ、中継車はどこに行っているのでしょう?    

解: だいだい、追いつけるかどうかが問題ですね〜、うちの中継車は・・・

Dsc03204

実: おっ!中継車の映像が入ってきましたよ。なんだか画面が揺れております。 上り坂をゆらめきながら登っております。見にくい映像をお許しください。

解: 何をやってるんでしょうね〜、まったく。

Dsc03207

実: なんだか沿道のお客さんから中継車が励まされています。ありがとうございます。

解: まったくもってパワーが無い中継車ですね〜。情けない・・・

Dsc03211

実: お〜、やっととらえられました、まなびらのNHくんの勇姿です。 きれいな前傾をしております。NHくん、4年のエース。がんばらなければいけません。 しかし、坂がきついです。この坂対策のためにこの区間に投入されたと言っていいでしょうNHくんであります。

解: しかし、油断出来ませんよ〜。3年のTKくん、手元の情報ですとNHくんを上回るタイムで駆けてきてますね〜。

 Dsc03215

実: おやおや、沿道の応援がいいですね〜。雰囲気が明るくなります。 しかし、選手には見えているのか、かなりキツいコースです。NHくんも必死の形相で頑張ります!

解: 応援、これはありがたいですよ〜、わたしは、グーフィーだと思っていましたが、これは プルートっていうのですね。いやあ、勉強になりました。

実: ・・・

 Dsc03216

実: くだらないことはさておいて、おおっと!まなびらのNHくん、中継ポイントに飛び込んできましたあーっ!! 今、次のランナーにタスキを渡します! 続いてのランナーはSSくん黄色のソックスがキーポイントですね!! コースはSSくんで折り返し地点を向かえます。

解: さあ、ちょっと駅伝が差を詰めてきましたよ〜。

 Dsc03221

実:うぉー! 駅伝のTKくん、中継所前でものすごいスパートだあー!!

Dsc03222

実: 西向少年少女駅伝部とはげしく争いながら、同時にタスキを渡します!  スゴい光景です。さあーっいけーっ!! 薫小学校!

Dsc03224

実: 後続の映像です。なにやら、美しき仲間たちは、一般の女性に追いかけられています。 いったい、どうしたというのでしょうか?

解: きっとファンの方々なのでは無いでしょうか?? 

実: ・・・

実: さあ、これからの展開が楽しみなところなのですが、アメリカ大統領選挙の関係でここで一旦、放送を中断させていただきます。誠に申し訳ございません。続きはなるべく早めに開始したいと思います。少しの間、お待ちください。 それでは、一旦ここ、常葉町からさようなら、、、

続きを読む "常葉町ビートル駅伝!! 前編"

| | コメント (4)

2008年11月 2日 (日)

しろべえ?さよなら、、、そしてありがとう、、、

あかべえ、本当に寂しく、寂寞の思いが胸に広がった、、、 似たような話が我が家にもあった。つい先日、我が家の洗濯機の風呂の残り湯吸い上げ機能が故障して、お風呂の残り湯を吸い上げられなくなった。奥はブーブー文句を言いながら、一人、風呂場の残り湯をバケツに汲んで洗面所にある洗濯機に移し替えていた。かなりの重労働であるのは確かだ。ポンプを買い替えれば行けたかもしれないのだが、純正のポンプって結構なお値段がする物だ。考えてみれば、今までの洗濯機、仮名(しろべえ)は購入し使用開始から10年間働いてくれている。大きく機能ダウンしているところは無いのだが、今回は思い切って買い替える方が得策だという結論に達し、いろんな電気屋さんを見て回った。  今の洗濯機は大きく分けて二タイプに別れる、ドラムタイプといわれる、新型の縦型洗濯機と従来タイプの洗濯機。ドラム式はなんで?と思うくらいに値段が高く、従来タイプの2倍から3倍近くする。しかし、乾燥機能がついていたり、節水効果が期待出来る。今までのおおよそ半分の水道代ですんでしまうらしい。だから購入時に高くても必ず、水道代の差で元は取れると言う。それどころか逆に得だというのだ。奥と一緒にかなり迷ったのだが、結局、ドラム式を購入する事にした。

購入してから4日後、新しいドラム式洗濯機が我が家にやってきた。と、喜びもあるのだが、やってきた、という事は、別れの時も来てしまった訳で。 今まで10年間、我が家の洗濯物を一生懸命に洗ってくれていた洗濯機、(名前は無い、、、当然か。まあ、仮名で ”しろべえ”と名付けよう)あっさりとお別れなのである。

P1110149

これが我が家のしろべえ。今まで10年間、一生懸命に我が家の洗濯ものを洗ってくれていた。

P1110162

やってきた配送のお兄さん方に運び出される、、、、、

P1110168

お兄さんにつ〜れられ〜て〜い〜っちゃ〜った〜♫ なんだかやっぱし寂しい気がする、、、

ドラム式の洗濯機が入った我が家。ただ喜ぶばかりではなく感謝の気持ちで送り出したい。 ありがとう、しろべえ、、、 

P1110158

続きを読む "しろべえ?さよなら、、、そしてありがとう、、、"

| | コメント (6)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »