« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »

2008年3月23日 - 2008年3月29日

2008年3月29日 (土)

東京で、自転車遊び、愉しいな、夜中の都心、ペダルも軽く。PART2 "銀ぶらぶらぶら”

 銀座、はっきり言って僕の生活にはほとんど関係ない場所である。最近マスコミを騒がせているのが、超一流の外国ブランドの直営店が自社ビルを建てて、続々進出している事。 こんなに不景気な日本なのに、格差社会の象徴とも言えるのではなかろうか。 まあ、御固い事はこの辺にして、まあ、見る事はただなので、、、銀座をぶらぶら歩いてみた。  歩行者天国になっている中央通りを銀座7丁目から4丁目までぶ〜らぶ〜ら、、、奥とは別行動をとる事にした。女性は買い物、僕は子供達を連れて、ぶらぶら。しかし、人が多いなあ〜。まあ、天下の銀座だからあたりまえだ。しかしすごいものである。

P1050056

ここはまだ人がまばらだが、4丁目に近づくに連れて、混み合ってくるのだ。

しかし、ぶらぶらしていても、僕が入りたいお店は全然なかったりするわけで、、、なんか適当な事を子供達に説明しながらただ、歩いているのみ。お店はみな高級な店構えで、「分かってますでしょうね、うちは5万円以下の商品はありませんことよ、、、庶民の方は御入りにならないでください。あっ!御入店いただいたら、絶対に御買い求めいただかないといけないのですよ ホッホッホ」というお店の声が聞こえてきそうだ。 ARUMANI とか GUCCI とかPRADAとか、CHANELとか、ああ〜、まったく関係ない。僕にとっては別世界である。「すげ〜なあ〜」とただ感心しながら歩く。「しかし、一着30万とかいうスーツ、買える人がいるんだもんなあ、30万あったら、スーツ3着買って、そのうえ、自転車も買えちゃうなあ、、、」

P1050078

手前がアルマーニ、奥がクリスチャンディオ−ルのお店、、、まあ、僕には関係ないのだが、、、catface

4丁目にやって来た。うんうん、この風景、銀座って感じだなあ。

P1050057

なんせ、ミーハーな性格であるから、ちょっと舞い上がる、、、

P1050058

銀座鳩居堂前にて、、、日本一の地価の場所である。立っただけでお金とられそうである、ンな訳ないか、、、

P1050073

鳩居堂さんと道をはさんで反対側、宝くじ売り場を発見! せっかくだからスクラッチ ♫ 、、、はずれた、、catface

気がつけば、宝くじ売り場のそばには、人だかりが、、、お〜っこれはこれは、いかねばならぬ〜。

 P1050059

燦然とかがやくこのマーク。銀座日産ギャラリー!!

そして中に入れば、、、じゃ〜ん♫

P1050063

新型GT-RのSUPER GT マシンがそこに。lovely つい先日、今期第一戦、鈴鹿サーキットで鮮烈にデビューウィンを果たしたマシン。過去、数々のレースシーンで伝説を創ってきたあのマシンがふたたび、伝説とともに還ってきた。

P1050067

サイドのデザイン、すごい! さすがSUPER GT である。

P1050071

ノーマルのGT-R、これもすざましく速いのであるそうだが、、、宝くじが当たったら、赤いGT-Rがほしい僕なのである。

日産ギャラリーにて充分なる目の保養をさせていただき、表に出た。交差点を渡り、銀座三越へ、、、三越と言えばこれ!

P1050076

おのぼりさんゆえ、とりあえず カシャ!  三越のシンボル ライオンと、、、ミーハー

P1050082

さて、ここで一本、裏通りへ入ってみた。うんうん、なんだかちょっと懐かしい感じ。しかし、さりげなく駐車車両がすごい! PORSCHE -TURBO 1千万以上のくるま。

P1050080

ちょっと気になった看板。ナイスデザインである。東京はデザインの宝庫、気にしだしたら切りがない。

P1050083

建物のデザインも、、、いいなあ〜この渋さ。

裏通りで箸の専門店を覗いてみた。すばらしいデザインの箸がところ狭しと並んでいる。箸置きもあるのだが、数が半端じゃない、、、子供達にそれぞれ好きな箸を買ってやる事にした。祐太郎は、野球馬鹿なので、プロ野球などで折れてしまったバットで作った箸をチョイス。値段を見ないで決めてしまったが、1350円也、、、かくして彼は我が家で最も高い箸を持つ男となった。 

P1050077

 

いやはや、銀座のほんの一部を垣間見ただけだったが、僕にはあまり縁がない街。しかし、縁がない世界であればあるほど、覗いてみたいと言う気持ちも、、、まあ、宝くじが当たっても呑みには来ないかなあ、、、でも小さなお店を覗きながらもっと歩いてみたかった。また来るぞ!銀座。

P1050087

P1050088

こうしてヤイノヤイノと、おのぼりさんツアーは続くのだ、、、

| | コメント (6)

2008年3月28日 (金)

東京で、自転車遊び、愉しいな、夜中の都心、ペダルも軽く。PART1 ”江戸東京博物館”

 東京に行って来た。僕と息子の祐太郎は自転車をルーフに積んで持って行った。今回は、ちょうど東京ドームで、メジャーの開幕戦、レッドソックス VS アスレチックスが行われるのは有名な話だが、僕たちが行く日は、巨人 VS レッドソックスの試合が行われるので、それを見に行く事と相成った。僕もドームは外から眺めたことはあったが、中に入るのははじめてであり、かなりドキドキワクワクなのである。チケットはぎりぎりでなんとか入手できた。しかし、幸か不幸か取れたのは3塁側1階A席、お一人当たり 7000円也。ひぇ〜、、、高い!しかし、これしか取れないのであるから仕方がない。でも愉しみ! 今回のお宿は、千代田区麹町。都心のど真ん中である。そこから東京ドームまで自転車で移動する予定。東京の移動はなんといっても自転車に限るのである。多少道に迷ってもそれがまた面白いし、距離も東京って意外に狭く、そこにぎゅーっと凝縮されてものすごーく多くのものが集まっていて、通りにぶつかるたびに宝箱を見つけたような、なんだかそんな気になるのである。田舎者故、目に留まるものが次々に出て来て面白すぎるのだ!!

今回はそんな東京の遊びの模様を数回にわたってお知らせしたいと思う。

P1040947

さてさて、最初に立ち寄ったのはした下町、両国。その駅前には二つの巨大な建物がある。一つは言わずと知れた、両国国技館。そしてもう一つ、”江戸東京博物館”。子供達の勉強にもなるし、以前から来てみたかった場所である。ここは、江戸、そして、近代 東京について、わかりやすい展示で外国人観光客にも人気のスポットである。

P1040973

寛永の町人地というテーマの展示。そのむかし、こんな広い通りがあったのだ。

P1040978

江戸城大広間の模型展示。

P1040982

寛永時代の大名屋敷のつくり。すごく豪華な門である。

P1040987

館内にある本物の木で出来た橋。日本橋を模しているのか。実際に渡れる。

P1040997

その土台。すばらしい土木技術である。木の加工技術は世界的にもトップの技術であった。

P1040996

江戸時代の芝居小屋が原寸大で再現されていて、週末には落語などが上演されるそうである。

P1050006

神田明神の御祭りで引かれる山車の実物である。豪華絢爛!粋だなあ〜

P1050010

神輿と一緒に練り歩く様の模型展示。う〜む、御祭り好きな僕にはたまらない刺激である、、、

とにかく広い建物の中には紹介しきれないほど数多くの展示物があり非常に興味深い。江戸時代に世界最大の人口を誇った都市。今も古い歴史の遺構と超近代都市の顔、それぞれが巧みに絡み合っている世界最大の都市である。海外でもよく言われるそうだが、世界最大の都市は、 NYでもPARISでも、LONDONでもないそうである。間違いなくそれは東京なのだそうだ。この博物館はその歴史の深さを認識する事が出来る素晴らしき場所である。

P1050013

人力車と祐太郎。今も浅草に行くと実際に乗る事が出来る。

P1050014

昭和初期に走っていた自転車タクシー、通称輪タク。ん?そういえば、現代もベロタクシーがあるなあ、、、その御先祖様なのだ!すばらしい!! 後ろの客は同行した姪たちである。

P1050016

昭和30年代の展示、”3丁目の夕日”の時代の展示。

P1050021

3種の神器。冷蔵庫、テレビ、洗濯機。あたたかみを感じるなあ〜。

P1050026

戦争遺産も数多く展示されている。これは、東京大空襲の際に火災の熱でグニャグニャに変形した橋の橋脚部品。もちろん本物である。

P1050028

B29から投下された本物の焼夷弾。先日TVドラマでやった東京大空襲を真剣に見たが、ここでこういうものが見れて非常に興味深かった。戦争はこわい、、、

P1050038

こんな展示も、、、自転車乗りにはたまらない?

江戸東京博物館、いやあ、非常に興味深く、とっても面白かった。東京の歴史の深さ、巨大さ、面白さを凝縮して見る事が出来るおすすめのスポットである。東京に行った際はぜひ!行ってみていただきたい。

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

| | コメント (2)

« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »