« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »

2008年4月13日 - 2008年4月19日

2008年4月17日 (木)

晴天の、吾妻に雪辱、雪回廊、小富士登って、至福の休日。

今日は代休。そして、ぴっかぴかの晴天。先日の雪辱を果たすのにはもってこいのお日和。  というわけで、またしても残雪の磐梯吾妻スカイラインへ!!

P1060435

自宅近くの開成山公園の桜も今が見頃。

P1060437_3

R49を急いで北上する。春霞安達太良山が奇麗である。まってろよ〜!って感じ。

P1060443

母成峠。林の中に少量の残雪がある。木々の枝はうっすらと萌え木色。

ここでちょっと寄り道。癒しの場所。

P1060469

CMの撮影にも使えるようなシチュエーション。いいんだよ〜。グリンだよ〜!って感じ。

P1060479

この広さ、開放感、凧上げに最適な場所。癒されるのだ〜。

おもわずここで一日が終わってしまいそうになるので、、、さあっ先を急ごう!  

中丿沢温泉をすぎ、R115を福島方面に。道はず〜っと登り。標高がどんどんと高くなっていく。横向大橋を渡ると、箕輪スキー場、横向温泉方面へと左折。 左折するとすぐ箕輪スキー場、横向温泉。

P1060485

横向大橋を渡ると、スカイラインまではもう少し。周囲の山々の残雪と青い山肌のコントラストが美しい。

P1060487

ずんずん、、、

P1060488

ずんずん登る。勾配は徐々にキツくなっていく。

P1060498

そして、到着!

P1060499

ここからが本当のスタートである。ここまで登っても快晴無風。最高の天候だ。

料金所手前の廃屋となったレストランの前にファンカを停め、着替えをする。今日も先日と同じくディスカバリーチャンネル。ロードじゃないじゃん! て言われそうだが、、、まあそう言うなかれ。TREKだし、まあ、いいじゃあないか〜。って 僕も新しいジャージが欲しいのだが、なかなか欲しいものが出て来ない。オリジナルを作りたいのだが、、、もうちょっと時間がかかりそう。 今回はディスの2007Tdf仕様限定バージョンをおろして来てみた。コレクションとして取っておこうと思ったが、着ないと意味がないし思い切っておろす事に、、、でもなんだか、ミーハーだなあ。 まあミーハーなのだからいいかっ! 

着替えをして準備をし、いざ、出発!

 P1060846

料金所のおじさんである。にっこにこな笑顔が素敵なのである。昨年もお世話になり、先日は丁重に断られ、もうすっかり顔なじみ、、、嬉しいなあ〜。 今日の天気は一年のうちでも珍しいほどのグッドコンディションだそうだ。

さあさあ、がんばって行こう!今年始めての本格的な登り、嬉しいと思うのが不思議だが、たぶんシチュエーションがそう思わせるのか、、、  スカイラインは土湯側から登り始めると最初は緩やかな勾配でけっこう楽なのである。しかし、徐々にというか、急にというか、それなりにキツくなる。

P1060502

安達太良連峰の北側を目の前に望みながら、坂を登る、最高のシチュエーションだ!でも足が、、、乳酸が、、、

ワッセワッセと登るのだが、ここはあまりにも景色が良すぎるので、ついつい写真撮影の為に小休止してしまう。まあ、まだ足慣らしだからいいのだ、、、 ほんとか〜? でも、効果的?な小休止が足の負担を軽くしてくれるので楽なのだ〜こんなんじゃダメなんだけど、ほんとは、、、

P1060527

湖見峠に到着。ここは、猪苗代湖、秋元湖、小野川湖、そして檜原湖、四つの湖が見えるポイントである。

P1060820

遠くに霞む猪苗代湖。

P1060810

大好きな秋元湖である。

P1060812

小野川湖である。

P1060815

一番大きな檜原湖。大きく露出オーバー、、、

P1060535

わっせわっせと登ります、、、はあ、はあ、はあ、 疲れます、、、うそである、このペースで登れたら、プロになれるかも?

P1060539

標高1400㍍地点にて、、、

P1060540

時計のアルティメーターを調整する。去年もやったなあ。同じ事、、、

P1060542

雪の山に乗り入れてみた、ここからダウンヒルなのだ!! いきま〜あす、ってうそである。

P1060551

標高が高くなって来た。足には血がまわって来たので、ダンシングでGO!GO!!

P1060789

高度が増すに連れ、樹木の様子も変わってくる。森林限界線が近い。

高度が増すに連れ、残雪が多くなってくる。そして、ついにあれがやって来た、、、

P1060568

あれとは、これである、そう!雪の回廊。自転車で見たのは始めてだ、、、

P1060567

そして、あの場所へやって来たのだあ〜!!

P1060586

最後の登りをすぎ、ちょっと下れば、、、

P1060614

浄土平に到着なのである。!!

P1060634

すばらしき眺望。駐車場では関東ナンバーのステーションワゴンのご夫婦が、チェアーとテーブルを出してリラックスタイム。すてきな時間の過ごし方だなあ。

すばらしき眺めに達成感を味わいつつ、そして写真を撮りつつ、レストハウスへと向かう。おっ昨年のおばさまがいた! レストハウスの外で 自転車を停めてたら、にこにこしながら、「自転車?、いいねえ、今日は最高でしょう〜」と声をかけてきてくれた。「去年もお世話になりました。今もモモアイス、やってますか?」と聞いたら、今はさくらアイスなのだそうだ。「あとでお世話になります。」 まず、腹ごしらえ、パンと玉こんにゃくを注文する。

P1060640

ケレーパン、200円也。五穀が入っており、食感はもっちもち、温めてくれるので、あっつあつの状態でやってくる。中はカレー味。また、一緒に食した玉こんにゃく、味がしみてて最高!

P1060641

はふはふ言いながら食べるのだ、食感もっちもちで、カレー味が美味い!ちょっと薄いけど、、

パンと玉こんにゃくを平らげ、休憩を終了。今日はもう一つのミッションがあるのだ。

それがここを登る事!

P1060637

P1060636

昨年は登れなかったので、今年はぜひチャレンジしたかったので、、、これがけっこうきつかった。

P1060754

丸太で整備された登山道、これが、、、なかなか強敵。

一般の方々に迷惑をかけないように、じゃまにならないように配慮しながら登る。みなさんにお声をかけていただきながら、頑張って登り続ける、、、前輪をウィリー状態に引き上げ、丸太をひとつひとつ超えさせる。フロントバッグがついているのでけっこう重いのである。重労働、、 登り始めて、15分後、皆様から応援していただきながら、頂上部に到着した。

P1060712

吾妻小富士頂上にてのスズメバチ。絶景である。しばし茫然。

P1060678

P1060659

P1060675

P1060732

P1060736

P1060746

P1060644

P1060682

いやはや、絶景かな、絶景かな、、、なにをかいわんや、なのである。 キツい思いをして登った甲斐があったというものだ。ここでは、自転車には乗らず、押し歩きをしていたが、下りだけはちょっと失礼させていただいた、、、もちろん邪魔にならないように、、、そして路面にインパクトを与えないように、ブレーキをロックさせないようにして。 両側が崖、路面は雪解け直後のため”ふかふか”の状態であるため、フロントが簡単にとられるので、不安定なラインになってしまう。滑落しそうで、、、ちょっと緊張のライドであった、、、 

P1060756

レストハウスに戻り、さくらアイスを食す、、、うまい!! ホッとする味。 感動したし、ほっとしたし、そして糖分を若干多すぎるほど取得したし、もう帰らなければならない、、、これ以上ここにいると、また何かを食しそうだ。 帰りはほぼ全域下り&若干の登り有り。さきほどの小富士登山がちょっと効いて、ふとももの内側が少しつりそうな感覚。辛い、、、 しかし、最高の天気が疲れた僕を後押ししてくれる。 本当に最高のお日和であった。

P1060626

暑くもなく、寒くもなく、また風にも悩まずして、景色は絶景なり

P1060596

ここに来るハ、君のおかげにて、、、やはり君はたのもしき友なりて、、、

P1060779

また好きになる、輪の遊びか、、、

午後6時、無事自宅着。ちょうど開成山に花見に出かけようとしていた奥と祐太郎に同行して、スズメバチに再度またがる。心地いいそよ風、人の賑やかさ、出店から流れてくる香ばしい香り。そして心地いい疲労感と充実感。咲き誇る桜の美しさ、喉の乾き、、、、、

帰宅後は、かんぱ〜い!!! となったのは言うまでもない。焼き鳥+ビール=至福の時間 ああ、やめられない、やせられない、、、、、

前回登ったのは、昨年の9月14日。その時の記事がこちら、、、↓

http://mattoshi-k.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_db45.html

よかったらぜひご覧ください。山の季節による表情の違いがいいですよ!!

| | コメント (19)

2008年4月13日 (日)

またですよ、東京出張、渋谷考察、、、

話が相前後して、申し訳ないのであるが、またまた、東京ネタの続きなのである。 今回は、仕事で訪れた、国立、立川、の様子。そして、それからの事を書きたいと思うのである。

今回、はじめて訪れた街、国立、立川。東京の西部に位置する閑静な街である。訪問するのが楽しみなのである。首都高から、中央高速に入り、国立で降りた。ICからほどなくして、見慣れた光景が、、、あらら、こんなところまで進出しているんだ、すごいなあ〜 と改めて感心した。

P1050756

幸楽苑、わが街に本社がある、ラーメンチェーン、上場企業でもあるのだ。ここまで進出しているとは、、、

ちょうど、桜の時期、国立の駅前を訪れてみたら、、、

P1050764

駅舎は新築しているのか、仮駅舎のような感じであった。以前はたしか、三角屋根のおしゃれな駅舎だったような気がしたのだが、、、 調べた結果、まもなく中央線が高架化されるので、工事のため、三角屋根の駅舎は一旦解体された。しかし、解体された駅舎は工事の後に復活予定の為、国立市が大切に保管していると言う。街を大事にしているんだなあと思う。

国立の駅前は駅から三方向へ道が延びている。そして、メインの通り、大学通りには、、、

P1050768

延々と、見えなくなるまで続く桜並木。そして花が満開。いい時に来たなあ〜。

これが本当の桜通りなのである。う〜む、わが街郡山にも、桜通りという通りがあるのだが、そのほとんどが柳並木であり、桜通りという感じではない、、、ちょっと悔しいけど、国立市の桜、見事である、本当に見事!!

P1050766

駅前にあるスタバにはオープンカフェがあり、、、花見をしながら最高の珈琲が味わえる。 なんとも贅沢、なんともお洒落である。

P1050767

いいなあ〜、、、こんなシチュエーションが自然にある街。人口はわずか7万人ほどだが、しっとりと、落ち着いた街。

P1050771

駅からほどない街のど真ん中に、一橋大学がある。ここを核として、街は発展して来たのだ。 そのほかにも国立音楽大学や、各付属高校などがあり、若物たちが多い街。

国立市。閑静な山の手の雰囲気。さりげなく上品なところが、いかにも東京的でもある。そして 多くの市民が自分の街を愛していると聞く。以前あった、大学通りに高層マンションが建つ計画を市民総出で猛反対した経緯がそれを物語る、、、 派手ではないが、住みやすい街だと思う。

P1050780

国立市から、お隣の立川市へと移動。市街地を眺めると駅前周辺は大きなビルが建ち並び、賑やかさがうかがえる。

P1050786

立川の駅前通り。ケヤキ並木が美しい。

P1050785

なかなか賑わいが有る街である。駅前のペデストリアンデッキには多くの人々が行き交う。

P1050784

P1050782

駅前には一本の桜の木が地面から生えていて、可憐に花が咲いている。多くの人がこの模様を携帯で撮影していた。

P1050783

中央線の大型駅らしく、多くの乗降客が、、、

P1050787

LUMINEは全国に沢山あるのだなあ、、、  

わが街とくらべれば、なんといっても駅前を行き交う人の多さが全く違う。立川の賑やかさ。郡山の閑散さ、、、う〜む。 しかし、仕事でお会いしたお客様に聞いてみたら大きな共通項が! ちょうど、1年前にこの立川からも、あの”丸井”が撤退していたのだ。しかし、空いたビルには即座にテナントが入り、空白はなかったとの事。これだけ人が出ていれば、進出するテナントもあるのは当然だ。やはり、郡山には駅前に人を集めるエネルギーが欠けている。何とかならんものか、、、他の街から学びたいものである。

P1050790

中央線で新宿へ移動。最新式の電車。

P1050791

きれいな車内。ドアの真上にはよく路線図のポスターが貼られていたものだが、今は液晶画面になっており、刻々と色々な情報を流している。すごい進歩だ、、、

P1050806

まもなく新宿、新宿に到着いたします。降り口は左側です。

P1050811

新宿まで乗った電車。運転手はなんと女性だった、しかも美人!興味深く眺めていたら、不審人物に思われたのか、睨まれた、、、とほほ スケベそうな顔で見てたのかなあ〜?

さて気を取り直し、山手線で渋谷へ。もう仕事のミッションは完了したため、後はのんびり、、、 しかし、人ごみが嫌いな僕がなぜ渋谷なのか、、、それには目的がcat

P1050843

せっかく来たのだから、日本一の繁華街を考察してみた。考察であって、盗撮ではない!gawk

P1050826

渋谷センター街、にぎやかやな〜。

P1050827

スペイン坂には小さくお洒落なお店がところ狭しとひしめき合う。

P1050822

道玄坂。狭い通り。人、車がこれでもかと行き交う。

P1050825

広告宣伝トラック。地方ではまずお目にかかれないのだが、渋谷などでは必ずと言っていいほど見るのだ。

ふと、見てみると、自転車が多いのだ。様々な自転車が、、、ちょっと切り取ってみた、、、

P1050821

P1050818

TREK1200、普通に、置いてある。まあ、マドンじゃないから、、、

P1050817

P1050819

P1050813

スポーツサイクルが路上にたくさん止まっているのも、都会ならでは、、、

P1050829

P1050833

公園通り。丸井と丸井JAM。僕は完全に”丸井コンプレックス”となってしまった、、、crying

P1050835

丸井の向かい側は、西武A館とB館が、、、 西武と丸井。往年の郡山を思い出す、、、

P1050840

ぶらぶらしながら、目的地へ到着!それはここ、センター街にある”HMV渋谷” 。その2F には、、、サテライトスタジオがあり、月〜金までの16時30分〜20時まで、J-WAVEの人気プログラムである、GROOVE LINE が生OAされているのだ! 僕の大好きな番組でモバHOでよく聞いているのだ。ぜひ一度生で見たい!そして番組の名物!? であるリスナーからの差し入れを届けたいと思っていたので!持参した差し入れは、もちろん郡山名物、”三万石のままどおる”!!smile そうすると、番組内で名前を呼ばれて、何を持って来てくれたか紹介されるのだ!  ドキドキしながら、店内2Fへとエスカレーターで上がる。お〜!!なんだかスゴい人だかりだ。ざっと100人以上は並んでいる。店内は撮影禁止なのでその模様はお見せできないが、そんなに広くない店内は熱気に包まれていた。番組はもうすでにはじまっており、DJのピストン西沢氏と秀島史香さんの声が聞こえている。今日はどなたかゲストが来ているようで、、、その一目当てでギャラリーがこんなにいるらしい。一体誰!?                  答えは↓

http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

そう、桜というシングルを出した、エレ○○が本日のゲスト。道理でギャラリーが多いわけだ。

差し入れ紹介のコーナーで、名前を呼ばれた。ラジオネームを伝えなければならないので、渡されたメモに、マットシ と書いたのだが、メモの下敷きは空のCDケース、、、書きづらくて、、、字が汚かったのか、、、秀島さんは、優しい声で、「は〜い 差し入れいただきましたあ〜。えー、福島のおみやげに ”まつとし”さんから、”ままどおる”をいただきました。ありがとうございます」、、、て僕はマットシであって、”まつとし”ではないのだが、、coldsweats02 まあいいか、、、

20時まで、すべてを聞き終え、帰りにステッカーをお土産にいただく。やった〜。

P1050838

かなりミーハーなオヤジに変貌しつつ、HMV渋谷を後にした。今度来る時は、エキソンパイか、檸檬を持って来よう!!

さて駅までの道すがら、渋谷の景色を撮影しながら歩いていると、、、

P1050845

P1050854

P1050856

P1050858

P1050851

109を撮っていたら、不良外人にからまれた〜。英語で、

不外「俺を撮っただろう!」って言うから、

僕「撮ってねえよ!」

不外「じゃあ、何撮ってる?」

僕「渋谷の景色だ!」 

不外「なんの為に?」

僕「インターネットの、ん。」

ブログって英語じゃない。う〜んなんて言おう、思わず、

僕「インターネットニュースの取材だ!」 

不外「インターネットニュース?Ok! どこの会社だ?」

ロイターって言ってやろうかと思ったが、

僕「君は多分知らないよ!ローカルニュースだから。 ほら、写真見てみろよ。」

面倒だからカメラの液晶画面を見せてやったら、納得して帰っていった。あ〜、東京には怖い奴も一杯いるから気をつけよう! でも、英語でこれだけ話せたら、まあいいだろう、、、と変な自己満足。

P1050866

未来のコブクロになれるか! がんばれ!!若者たち! 青春っていいなあ〜、ってジジ臭いコメントである、、、

P1050864

東急プラザと背後にそびえる、セルリアンタワー東急。

P1050847

渋谷をあとに、一路、東京駅へむかう。すっかり遅くなり、結局最終のやまびこに乗車。 ゆ〜くりと渋谷をお上りさんになって帰って来た僕なのである。久々の渋谷であった。やはり日本で一番と言われる繁華街だけのことはあるなあ。スゴい人の多さから生まれるエネルギー。それは善もあるが、悪もある。このふたつがドロドロと溶岩のように解け合っているような気がした。いい勉強になったなあ〜。

P1050880

とっても愉しい一日だった。色々と小さなトラブルもあったが、それがまたいい!ひとりで知らない街を歩くのは、なんとも刺激的で、また時に感傷的だったり、また、小さいけど愉しい発見があったり、感性が磨かれる気がするのである。ひとりで色々な場面に遭遇した時の自分の反応も興味深いし。そのうち一人で自転車もって東京とか、大阪、京都などをまわれたらいいなあ、、、まあ、老後の楽しみにとっておこうか。

帰郷してみたら、、、

郡山駅には23時頃到着。駅前のタクシープールでタクシーに乗ろうとしたら、、、なんだか明るい。

P1050894

おやおや!何かの撮影中である。ADの女の子になんの撮影かを尋ねてみたら、テレ朝系のドラマの撮影だとわかった。なんで郡山なのかはよくわからないが、、、宝塚出身の有名な女優さんがタクシーに乗り込むシーンを撮影していた。すこし、ホッとしたというか、不思議な安堵感を感じる。まったくといっていいほど人がいない普段のこの時間。しかし、今日は煌煌と照明がたかれて人だかりがあった。ちょっと賑やかな夜中の駅前が東京帰りの僕の心にそんな感情をあたえたのだろうか。

| | コメント (14)

« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »