« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月13日 - 2008年1月19日

2008年1月17日 (木)

白銀に、すべてのものが、凍てついて、麗しきわが、裏磐梯よ!

たしか、このブログのタイトルは、”アウトドア雑記帳in裏磐梯”であったはず。 しかし、ここ最近はまったく裏磐梯を取材していなかった・・・ まったくこの体たらく!と自分で自分を責める日々が続いた。 やっと、やっと、、、大好きな裏磐梯に行ける! 本日は休日なり、本日は休日なり、天気晴朗なれど、風やや強く、寒さ厳しい。我が艦隊はこれより聖地、裏磐梯へと進路をとる!

出発時刻は午後2時少し前。到着予定時刻は午後3時。カメラと防寒着と長靴を持った。スズメバチを連れて行こうか迷ったが、時間も遅いし天候が冬型に変わって来ており、荒れそうな予報なので今日は連れて行かない事にした。国道49号線を猪苗代方面に、、、 30分も走るともう猪苗代湖だ。

P1000672_2

冬の猪苗代湖は鉛色の空を湖面に写し、波荒く、冷たくそこに横たわる。

P1000676

冬の風物詩、しぶき氷。波が打ち砕ける時、しぶきが凍って、木に付着して出来る。

P1000679_2

さまざまな形のものが出来る。自然の芸術品。

P1000678

ん?これは、、、 あ〜なんてリアルなのだ!! 自然の悪戯?。いやいや道祖神だ、きっと!

P1000685

猪苗代の街を抜け、磐梯山麓に広がる猪苗代スキー場を眺める。

P1000680

スーパーズームインッ!! お〜、すいている、ほとんど貸し切り状態。久々にスキーがしたくなった。

猪苗代の街をスキー場を横目に走ると、若かりし日々の記憶がまざまざと甦って来た。昔はずいぶんとスキー場に足を運んだものだったが。今はとんとご無沙汰である。なんだか上の写真の2人を見ていたら、なんだか無性にスキーがしたくなった。でもハードルは高い。スキー一式、家族の分まで新規購入しなければならない。う〜んとため息、そしてこの時期、全くと行っていいほど土日に休みが取れない仕事。家族でスキーは夢なのか・・・ かなしい現実。

iPodから ユーミンをチョイスした。彼女自身が冬をイメージした曲をチョイスしたアルバムを聴きながら車を走らせると、ずいぶん昔、同じ曲を聴いてこの道を走った記憶がやけになまめかしく甦って来た。ユーミン、山達、広瀬香美、槙原、竹内まりあ、etcを聴きながらスキー場へのスノードライブをしたものだった。「年をとったなあ、、、」とちょっとセンチになりながら、道は雪道へと変わった。

P1000689

ユーミンを聴きながら・・・

P1000687

道は雪道へと変わり、粉雪が降って来た。

P1000693

秋元湖まではもうすぐ・・・

P1000692

P1000694

P1000695

デコ平が見えてきた。白銀が煌めき、とてもきれいだ。

P1000697

さあっ!URABANDAIだ!!!  テンションアップ!

P1000699

秋元湖へと右折すれば、道はさらに白くなり・・・

P1000700

さらに雪は深くなるが、僕の心の中では進軍ラッパがプププププー!!

P1000701

僕を出迎えてくれるために晴れ上がった秋元湖に到着!ありがとう!秋元湖、晴れてくれて。

P1000703

発電所から先は車は無理なので徒歩になる。ここでスノーシューが欲しくなるのである! しかし、、、まだ買えないので・・・

P1000796

こうなる・・・ ズボズボ、、、

P1000706

動物は足がスノーシューになっているのかな? いいなあ・・・

さあ、キャンプ場に到着だ。雪、雪、雪、白銀の世界、そして静寂の世界が僕を迎えてくれる。 なんとも贅沢な時間。そしてどうぞ、見てほしい!このすばらしき景観を・・・

P1000715

真冬のキャンプ場。

P1000727

裏安達太良と秋元湖、おなじみの風景だが冬はひと味違う!

P1000760

なんという荘厳さであろう・・・

P1000792

西側に目をやれば、磐梯山が後光を浴びる姿が・・・

P1000768

聖なる白、中吾妻山は神々しいほど気高いのがいい。

P1000771

白布山と秋元湖。今年は今日現在、ほぼ全面結氷していると思われる。スズメバチで遊べる! 一応、地元の方へ確認してからにしよう。スノーモービルが全面走行OKであれば、、、OK

P1000743

今日の飛行機。"スカイマークエアラインズのBOEING767” 

P1000755

P1000753

P1000763

P1000788

箕輪山、鬼面山、安達太良連峰北端。

P1000730

山は、雲の動きにより太陽光が微妙に変化する事によって、刻々とその表情を変える。

P1000840

秋元夕景。

P1000843

中吾妻残照。

P1000720

いつかは登ってみたい、安達太良山頂の冬。

P1000795

日が暮れかかって来たので、ファンカまで戻る。一歩一歩ゆっくりと、なるべく雪に潜らないように・・・来た時の足跡を利用して歩く。

P1000780

磐梯山の夕暮れは哀愁が漂う。たぶん帰らなければならない僕の気持ちを映しているのだろう。

P1000832

ファンカへ無事帰還完了。しかし、右リヤタイヤの空気圧が異常に低く、まるでパンクしているようだ。急いでGSへ行こう!

P1000839

ところが、秋元湖は写真家さんたちに大人気。あれあれ、帰り道が塞がれた。東京から写真撮影の為にやってきたそうだ。

P1000863

仕方ないので、僕も写真撮影。雪が降って来た。

P1000854

P1000871

あっという間に視界が落ちてしまった。この天候の急変が遭難事故をよぶのだ。

秋元湖が結氷しているのが分かった。 ワカサギ釣りもいい。自転車で走ってもいい。この次はスズメバチと一緒に来よう。そしてスノーシュー・・・ほしい。 装備さえ、きちんとすれば、ウィンターキャンプなんていうのもやってみたいなあ、と思う。 たき火のありがたさが身に凍みるのだろうなあ。車中泊でもいいし。そして朝、秋元湖の写真を撮って、、、その後スズメバチで遊ぶ・・・冬はきらいだけど、考えてみるとなかなか愉しいかもしれない・・・こんどはいつかこんな遊びもしてみたいと思う。

P1000752

秋元湖へ     近いうちにまた来るよ・・・ 

P1000910

すっかり暗くなって来た帰り道。

帰りに表磐梯に立ち寄ってみた。星の写真、山の夜景を撮ってみるために、、、そしてこんな写真が撮れた。FZ18、いいなあ〜。

P1000936

磐梯山冬夜景

P1000940

川桁山と冬空

P1000938

冬の夜の飛行機

いかがかな?今度は天の川も撮らないと、、、また課題が出来てしまった。  嬉!!

| | コメント (6)

2008年1月16日 (水)

山々が 凛と姿を 見せたから はじめてのった 観覧車。

ひさしぶりに山がきれいに見えた。いままでは、冬型の気圧配置の為
西側の山々はウィンターグレーの雲の中にその姿を隠していた。
今日は久しぶりに、西側の山々が姿をはっきりと見せてくれた。
仕事で本宮方面へ行ったので、合間に以前から気になっていたあれに
乗ってみることにした、、、観覧車。ながめ、いいんだろうなあ〜。
観覧車に乗るのは、ほんとにひさしぶりである。もう10年以上前にな
るが、横浜のランドマークタワーのそばにある大観覧車に奥と乗った
のが最後だった。

観覧車があるのは、郡山市の北、日和田町にあるジャスコなどがある
ショッピングモール。郡山市外はもとより、福島空港などかなり遠方
からも眺める事が出来るから、観覧車側からも眺めがいいはずである。

P1000312


観覧車、いざ乗らん!でも男一人で乗るのは、、、かなりビミョ〜。
平日のため、お客さんはほかに誰もいないのが幸いだが、「写真撮る
ためじゃけんね〜、けっしてロマンチック気分なんかじゃないけんね」
とカメラをさりげなく目立つように係のお兄さんに見せながら、いざ!


P1000315

さあ、いざ出発!わくわくどきどき。

P1000337


おー、高い高い!じつは僕、高所恐怖症なのだ。あんまし下を見ると、、、コワい。

さて、山々はどうだ!

P1000329


安達太良山と川桁山塊(裏母成山塊)


P1000334


安積山(額取山)、大将旗山、など郡山の西の山たち。


P1000323


須賀川の西側、羽鳥湖方面の山々。

P1000364


遠く那須連山をのぞむ。

P1000354


郡山市街地方面。中央にランドマーク、ビッグアイが見える。


P1000331

ズームイン!

P1000350

うすい百貨店やNTT電波塔などもはっきりと、、、

P1000347


頂上付近。


P1000372

北、本宮市方面。


P1000377


東側、阿武隈山地の山々と郡山市街。


P1000371


郡山から見るとここから、磐梯山が見えるのだが観覧車からは見えない、、、。

15分くらいで一周した。あっという間である。大人500円なり。少し高いような、、、

まあ、眺めは良かった。写真を撮る為のポイントを探すといつも高圧線や、電線、
など様々なものが邪魔をして純粋に山を撮るのが難しい。
しかし、観覧車からは電線が邪魔をする事は無く、いい眺めである。
一人で乗り込むのはちょっと、、、であるが、たまにはいいかもしれない。
今日は雲があったが、雲一つない絶好の天気の時はいいだろう。
また夜景も良さそうである。今度機会があったらチャレンジしてみたい、でも夜は
カップルが多そうで、、、うむむである。


P1000380

| | コメント (7)

2008年1月13日 (日)

わが街の 玄関口に たたずみて 納得いかぬ この名前には・・・

昨日の夜、会社帰りに駅前のヨドバシカメラに立ち寄った。ちょっとした買い物を
した。 1時間分の駐車券をもらった。まだ、30分以上時間があるので、たまには
駅の中を覗いてみようと、カメラバッグをかかえて、いざ潜入!

 普段車での移動ばかりなので、駅にはほとんど行かない。なにやら僕の知らぬ間に
駅中もだいぶ変化してしまっているらしい。入ってみると Pivot郡山というショッピ
ング街(街というほど大きくはないが・・・)がある。ここはたまに親と食事に来て
いたので知っている。しかし、Pivotを抜け、駅構内に入るとなんだか、見慣れぬ景色
が広がっている。たしか、何年か前に郡山駅構内のリニューアル工事をやっていた。
それから、ほとんど入った事が無かったのだ、、、 なんだかお店が増えているが、
駅自体は狭苦しく感じる。


P1000275


改札口付近から見た駅構内。南側をのぞむ。


P1000274


同じ地点から北側をのぞむ。昔は" SunCity"だったのだが、今はS-PALになって
しまった。
" Sun City~♫” というCMの歌がなつかしい。やっぱし郡山はSunCityだった
ほうが郡山らしかった気がするのだが・・・よその駅と一緒になってしまったので
オリジナリティがなくなった気がしてならない。


P1000272

コンコースの真上に設置されたステンドグラス、新幹線駅として開業した際に作られた
オリジナル、郡山をイメージして創られた。今も行き交う人々を静かに見つめている。

P1000273


在来線の改札口。郡山駅は在来線として、東北本線、磐越西線、磐越東線、水郡線
と4本が乗り入れているのだが、この規模の街で4本の線が乗り入れているのは珍し
いらしい。道路を含めれば交通の要衝としては全国でも指折りとの事。

P1000229


せっかく来たのだから、たまには新幹線でも見て帰ろうと、自販機で入場券130円也
を購入。
さっそくホームへ階段を上る。ちょうど下りの”つばさ”と”MAXやまびこ”が入線
して来た。


P1000232
 

一分間の停車。 コンピューターの合成ボイスが、「郡山、郡山です、ご乗車ありが
とうございます」とアナウンスする。
 


P1000245


すぐさま、上り東京行きのMAXやまびこも入線。下りのつばさ、MAXやまびこはすで
に発車している。


行き交う列車を眺めるのも久々、、、こんなのもたまにはいいなあ〜。


大学生だった頃、大手のレンタカー会社でバイトをしていた。夏休みなどの長期休暇
の際にも同じ会社の郡山営業所でバイトをしていた。回送のバイトだった。回送とい
うのは乗り捨てられたレンタカーを回収してくる事が主な業務。福島県内はもとより、
東京や東北六県、新潟、栃木、埼玉、まあ、色々なところへ行った。毎日のように新
幹線に乗っていた。乗らない日の方が珍しかった。
おかげで、列車内のアナウンスを暗記してしまったほどだ。

P1000263

この駅名表示板を見るとホッとした。ぼくのふるさと、郡山。


P1000266


Kioskにはお世話になりました、、、今も冷凍みかんって売っているのだろうか?

P1000264


Kiosk脇にならぶ郡山の名産品の数々。なかでも僕が一番好きなのは、、、

P1000265

やはりこれ・・・三万石の”ままどおる”である!!


P1000222

人気の無くなった夜の新幹線ホーム。哀愁が漂っている。

P1000267

昨年、埼玉県大宮市に新しい鉄道博物館がオープンした。連日、鉄ちゃんで連日大賑わ
いだったとの事。そして鉄ちゃんを凌ぐ勢いで増殖している”かくれ鉄ちゃん”なる人
々が今、鉄道人気に拍車をかけているのだとか!
実は僕もかくれ鉄ちゃん。電車は大好きなのである〜。高校生の頃、実は鉄道模型のジ
オラマを部屋に作った過去を持つのだ。そして実は、飛行機も、バスも、船も、みんな
好きなのである、そう僕はいわゆる乗り物マニアなのだ。もちろん自転車も、、、 だ
から今年はぜったいに鉄道博物館に行くのだ!! いまひとつ興味がわかない息子を強
引につれて、、、

P1000271_2

そして!! 僕が許せないのがこれ!郡山駅始発の 新幹線”なすの”。
なぜに ”なすの”なのか!! 郡山始発であったなら、”あだたら”とか”
”あぶくま”とか”あさか”にすべきであって、”なすの”はおかしい!!
ここは栃木じゃないって言うの!宇都宮始発だったら分かるのだが、ここは
郡山であるのだ!JRさん!絶対に変えるべきっ!!


P1000288


駅を一歩出れば、惜しまれながら来る、2月29日で閉店する”丸井郡山店”、、、
売りつくしバーゲンが始まり、毎日すごい人出だ。


3056540497

駅、その街に着いた旅人が最初に降り立つ場所。
人々が集う、その街で一番にぎあう場所。
その街の香りが一番強い場所なのに、よその街の香りが嗅げる場所。
その街の玄関口であり、その街を一番象徴する場所。   

                 駅・・・


11_04

P1000279

    
   
   決して衰退しては行けない大事な場所・・・

| | コメント (6)

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »