« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »

2008年8月24日 - 2008年8月30日

2008年8月30日 (土)

自転車について最近 思うこと、、、

 8月も間もなく終わろうとしている。今年は例年になく自転車に乗れていない。一番の理由はやはり、天候に恵まれないこと。前にも書いたが、お盆と言う日本人にとっては、とっても大きな存在の長期休暇(日本人にとっては、、、)が天候不順のため事如く、ダメダメな休暇となってしまい、予定していたキャンプなどの行事などがつぶれた。強者は雨の中ででもキャンプをしたりしているのであろうが、僕にとっては雨のキャンプは、ストレスを解消するどころか、逆にストレスがパワーアップしてしまうので、極力避けるようにしている。    この事はキャンプについてだけじゃなく、自転車にも言える事である。僕は雨の日のライディングは基本的にしない。まあ、スズメバチだったら行かないわけじゃあないのだが、、、ギンヤンマは基本的に晴れの日にしか出場しない。 ロードバイクは根本的にタイヤが細い、そしてほとんどがスリックタイヤに近いような形状だ。 であるから、濡れた路面はスリップダウンからの落車を誘発しやすいし、ブレーキも効きが悪くなる。自転車が錆びる、、、 いろんな言い訳を用意して辞退しているのだ。これについてももう少し自分を逞しくさせる必要性があるのかもしれない。

 曇りや雨に外出しない大きな理由がもうひとつある。これは、景色である。どうにも写真が好きで、景色を撮りためている。ブログと言う存在に出逢ってからは、それらの一部を発表出来る場を得たわけなので、僕にとってはスゴくいい環境がそろったのだが、しかし、曇り空の中何も見えない写真撮影と言うのがたまらなく嫌だったりする。旅に出てしまってからは諦めもつくのだが、あえて出かけようとする際に、曇り空が広がっていると気持ちが萎えてしまう。どうせならいい写真を撮りたい。ここに気持ちが集約している帰来があり、なかなかダメであったりするのだ。トホホな性格である。

P1090982

今月号の 「自転車人」なる雑誌を買った。表紙の写真もいい。そして中身もいい。夏旅 というキーワードがそそられる。そうなのだ、最近、旅 というものをしていない。すこし日常を離れ、旅をしてみたいものである。ぼくのブログのリンクに ”休日は風を切って ”という素敵なブログがある。kojiさんが自転車であちらこちらを駆け回っていらっしゃる様子をとても素敵な写真を織り交ぜて書いてある、本当に素敵なブログなのである。今回も一日をかけて僕の大好きな裏磐梯を旅した内容が書いてある。最近富にグウタラ化している僕にとって、素晴らしき世界が広がっている。

 ”休日は風を切って ”  は下記からどうぞ。  

       http://blog.goo.ne.jp/koji5678/e/7829fe29b9cdb010f88a56fbf5cdce93

 9月7日、あと2週間ほどで、第3回 裏磐梯スカイバレーヒルクライム大会が行われる。初秋の裏磐梯、旧スカイバレー、白布峠を登る坂登りレースである。僕はこの大会、第一回から参加している。今年ももちろん参加する。しかし今年は、天候不順などが響き、練習が思うように出来ず、脚がついて行くかどうか、、、まったく不安な状況である。 さて、レース当日まで、、まだ迷っている事がある。実は着用するジャージの問題である。 僕は、TREKに乗っているので、昨年までのワークスチーム? ディスカバリーチャンネルの大ファンだった。しかし、ディスカバリーチャンネルは消滅してしまい、TREKはチームアスタナに移籍してしまい、僕的には残念な限りな訳である。そんな僕は、自転車に乗る際にディスカバリチャンネルのレプリカジャージを着用して乗る事が多いのだが、単独で遊びに行く際はあまり気にならないのであるが、レースの際には如何なものか、、、迷うのである。というのは、速さの実力があるならばまだしも、そんなに実力もない。いつだったかやはり「ぼく初心者です!!」光線をビッカビカに出している人がレースに出ていて、彼が誇らしげにディスカバリーチャンネルを着ていたのである。まあ、現状の僕もそんなに変わらないのだが、、、 でも何とはなしにかっこいいものではなかった。その時はMTBであったので、僕はFOXのジャージで出場した。現在はロードであるのでディスカバリーで出場しようか と思っていても、その時の思いが強くなんとなく抵抗を感じる。  ジャージは色々と探しているのだが、なかなか気に入るデザインのものに出逢わない。地味であったり、色使いの趣味が?? だったり。みんなでオリジナルジャージを作れれば一番いいのだが、(ENDRESSさんたちのように。)まだそれには至らない。さあ、どうするのだ、、、ヒルクライムまであと一週間、、、ああ、悩みどころ。え?そんなことより練習だって?? た、確かにごもっとも、、、

Dsc01044

昨年のツールドフランス、栄光のチームディスカバリーチャンネル。

P1090012

一昨年のディスカバリーチャンネルを身にまとう僕、、、う〜む デブにはやはり黒の方がいい。

| | コメント (14)

2008年8月25日 (月)

雨、雨、雨のマラソン大会。

先日の日曜日、毎年参加している須賀川市の藤沼湖マラソン大会が行われた。参加と言ってももちろん祐太郎だけであって、僕は走らないのだが、、、、、。( この大会は中学生までの参加資格なのである。まあ、大人が出れても参加しないとは思うが・・・) しかし、雨。この天候は一体なんなのであろうか。もう一体何日間晴れ間が見れていないだろうか。前回檜原湖に行った時に晴れていたのが最後だから、、、もうかれこれ一週間になる。

 午前7時過ぎに自宅を出て、会場近くのシャトルバス乗り場に向かう。自宅からは約20㌔。自家用車でここまで行くと、もうぐっちゃぐっちゃにぬかるんだ駐車場へと車を誘導された。ちょうどすぐそばに先日一緒に遊んだN家の一行も車を停めていた。そうN家とは毎年一緒に参加している。福島交通のワンマンバスが会場である藤沼湖森林公園までシャトルバスとしてピストン輸送を行っているのも毎年の光景だ。「いつもはめちゃくちゃ暑いのにね〜」と奥がため息まじりに言う。そうなのだ、この大会は必ず暑いさなかであって、こんな雨の中、それもこんなに気温が低いのは初めてである。

P1090872

会場へ向かうシャトルバスから。窓の外はしょぼ降る冷たい雨、、、

会場には15分ほどで到着する。さあ、急いで受付だ。雨だと何をするのも一苦労。受付を済ませても、今度は居場所の確保をしなければならない。N家ではビーチで使う簡易テントを二つ持ってきたというので、一緒に使用させていただく事に。

P1090875

受付をする奥とテントの中なのに傘をさしているアホ祐太郎。

P1090877

N家のテントの中でくつろぐ”選手達 ”。

スタートまでの短い時間をテント村?で何やかにやと準備をしているともう一人、毎年一緒に参加しているO家のA君がやってきた。三人がいつものメンバー。いつもの会場、いつもと違うお天気。さ、天気に負けないように頑張ろう!

トップバッターはN家のR!! 親子の部に出場である。サポートはもちろん父親のコウちゃん! さあ、頑張ってこいよ〜、とスタートを見送る。

P1090880

スタート地点で余裕の表情をみせるコウちゃんとR。がんばれよ〜!!

コウちゃん達は最後尾に陣取り、スタートの時を待つ。鉛色の空からは、あいかわらず雨が降っており、ちいさなアスリート達のユニフォームもすっかり濡れてしまっている。

P1090887

親子の部のスタート!! 一斉に駆け出す。最前列の親子達はみな、特別な気合いが入った常連組

P1090889

混雑のなか、コウちゃんとRも足元を確認しながら、順調なスタートである。

P1090898

折り返し、スタート地点付近に戻ってきた。昨年に比べてスゴく走りが成長しているR!! それにしても、コウちゃん、、、まじめに走ろうよ、、、coldsweats01

雨に打たれながらも、しっかりとした足取りで目の前を駆けぬけて行ったR!いいね〜え、成長している姿をしっかりと確認した。兄ちゃんのYに負けないアスリートになっていくのだろうなあ。 ゴール後、話を聞くと昨年よりも格段にタイムが縮まっているとの事。そしてなにより、コウちゃんがつなごうとする手を振り切って、ひとりで完走したとの事。ニコニコしながらコウちゃんが教えてくれた。その笑顔がなんとはなしに嬉しかったりする。

P1090896

さて、Rのレースの次は、祐太郎たち、三、四年生のレースである。さあ、気合いを入れて行こうぜ!

P1090902

しかし、、、おいおい緊張感が感じられないのだが大丈夫なのか? O君。

P1090908

それぞれ、個性があるのであるが、まったく緊張感が感じられなかったのが、O君と祐太郎。引き換え、緊張しまくりの感じがNY!う〜ん精神統一しているのか? 試合前のコンセントレーションは大切なのであり、適度な緊張感がいい結果につながったりするし、この緊張感がレースの醍醐味なのであり、いいんだなあ。と、、、僕は思う。

しかし、女子の部がスタートを切り、自分達のスタートが一分前になると、、、様子は一変!

P1090916

緊張しまくっている、、、、そうそう、緊張しなさい!そしてこれを楽しむようになりなさい。

P1090921

さあ、緊張のさなか、最前列に陣取った祐太郎達ご一行様、いざ!! 位置について〜 よお〜い

P1090922

バーン!! 号砲一発!一斉に猛ダッシュ〜 なのである。いけーっ!!!!!

P1090943

折り返し、最初に帰ってきたのは、NY、さすがである。やっぱ練習、努力の人は強いのだ。

P1090948

遅れること、十数秒、祐太郎とOがやってきた。ランナー達みんなキツそうな表情なのである。

全員、無事完走! 順位は、NY、シングル8位〜。さすが、、、祐太郎は15位、、、うんまだまだである。

P1090952

疲労困憊のご一行様。祐太郎は、まるで一年ぶりに陸地に上がったかのように大地に頬ずり??

P1090957

力なく、水分補給のドリンクをもらう祐太郎、、、雨のレースは堪えたか?

今回はみんな初の雨中レース。結果はそれぞれ、、、でもみんな記憶に残るレースであったことは間違いないだろう。いいのだいいのだ。キツければキツいほど記憶に残る、でも時間が過ぎ去った後に、思いとして強く、愉しく残っているのは、キツかったことなのだ、、、

過ぎ去れば全てが笑い話、、、 今回はキツかったけど、でもずぶ濡れになってしまえば、気持ちいい。前身ずぶ濡れでドブネズミのようになって友人達と走ったあの日。いつかみんなで笑ってほしいなあ。

P1090965

突然ですが、ここで今日の一押しバス!行きも帰りもお世話になった福島交通の運転手さん。 揺れが少なく、ベテランの走りであった。ありがとうございました〜。

また、次の機会もみんなで走ろうぜ〜。と心から思う父、なのであった。しかし、もう雨はたくさんなので、夏さん、いい加減にデバッて来てくださいよ〜。と心から思うマットシなのであった、、、

| | コメント (12)

2008年8月24日 (日)

本一講のお祭り会議、開始ーっ!!

昨日は我らが本一講の秋祭りに向けての役員会議であった。早いもので、あとひと月ほどでまた 郡山の総鎮守 安積国造神社の秋季例大祭、まあ簡単に言えば秋祭りである。これがなければ僕の一年は始まらないし、終わらないのである。 今年も若連会長として、一生懸命頑張るのみである。皆さまの協力をお願いいたします。

P1060572

ロウソクのゆらめく灯と、埃っぽい匂い、子どもたちの黄色い声、太鼓と笛の音。また、あの季節が巡ってくる。

縁の下の力持ち、、、事前準備にかかる事務方の皆さん、毎年有り難うございます。 婦人部のお母さん方、いつもいつも細かい仕事まで、忙しい中有り難うございます。 若連のみんな、今年も本一講のお祭りを目一杯!盛り上げてくださいね。 小若連の子どもたち、君たちが主役だ!!大きな声を出して、とことん楽しんでね。

Dsc01290

一年で一番、郡山駅前がにぎわう瞬がやってくる、、、大いに、大いにまた盛り上がろう!

| | コメント (7)

« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »