« 同窓会の夜は、そりゃもう、いと愉し。 | トップページ | 初スキー、あれあれけっこう、うまいじゃ〜ん! »

2009年1月 8日 (木)

大好きな双葉第二幼稚園のお引っ越し!!

祐太郎がお世話になった双葉第二幼稚園も新園舎が完成した。そして、この日は仮園舍からのお引っ越しの日。祐太郎が卒園してからもうかれこれ5年になるが、その後もなにかとご縁があり、お世話になったりしているのでお引っ越しのお手伝いに出かける事にした。最初は僕ひとりでいく予定だったが、冬休みだし、祐太郎も一緒に行く事にした。 駐車場が混むかもしれないから自転車で出発。午前10時に園に到着。もう先生方は忙しく動き回っていた。(今日は双葉第一の先生方もお手伝いに駆けつけていただいていた。)僕たち親子はご挨拶もそこそこに、さあ! さっそく行動開始だ!

プレハブ園舍から、たくさんの荷物を運び出す、、、新園舎までの距離が結構あるのでなかなか大変。 開始早々、結構大きなロッカーをたけ◯り先生と一緒に運ぶ、、、途中で腕が完全にあがってしまい、握力が無くなってしまった。先生が音をあげないので、僕も限界を超して頑張るしかなかったが、キツかったのは先生も同じだったらしいことが運び終わった後、わかった。キツいときはお互い変な見栄は張らずに声を出して、休憩した方がいいのだなあ〜。 その後は腕は上がっているし、握力が回復しないし、もう大変。腕はパンパンに張ってしまっている。 荷物を運ぶ筋肉というのは、普段使わないものであるらしく、明日以降、筋肉痛になることは容易に想像出来た。

P1140015

幼稚園であるから当たり前だが、女性の先生方がほとんど、、、しかし、みんな重い荷物を黙々と運ぶ。

幼稚園の先生方は、体力あるなあ〜、とあらためて実感。か弱き女性たちが重い荷物をかかえて階段を登ってくるので、「大丈夫ですか〜?」と声をかけるとみんな決まって、「大丈夫です!!」と気丈に答えて、黙々と階段を登っていく。僕は腕はパンパン、脚はガクガク、、、握力はほとんど皆無となってしまい、もういっぱいいっぱい、、、 でもみんなが頑張っているので、弱音も吐けず、、、

そうこうしているうちに、あっという間にお昼になって、昼食は”たけや”のおにぎり弁当!を御馳走になった。これがすばらしく美味いのだ! 大好きな”たけや”のおにぎりと先生が作ってくれた温かい豚汁をみんなで車座になっていただく。足りない人用におにぎりも余分に用意いただいていたらしく、「菊池さん、ぜひ!どうぞ遠慮しないで」と勧められたが、お正月太りの解消のために、、、といって辞退する。(本当は食べたかったんだけど、、、)代わりに祐太郎と二人、豚汁のおかわりをいただくことに。 しかし、これが誤算、、、祐太郎の奴、おかわりした豚汁をほとんど残した! 結局僕がそれを食す事となり、豚汁を都合3杯いただいた、、、おにぎりを遠慮した意味、まったくなかった〜。

苦しくも愉しく、久々の肉体労働。夕方近くに作業はほぼ終了した。細々とした分別作業は先生方にお任せして、僕たちの仕事は終了〜。祐太郎は不満一つ言わずによく働いた、、、親なれど、あっぱれあっぱれ、、、いいぞ! 3年間お世話になったお礼を込めての働きっぷり。よく頑張った!

ここであらためて書かせていただくと、双葉第二幼稚園。郡山の全幼稚園のなかでも一番だ!と僕は断言したい。それは園長先生をはじめ、とにかく教育に対して真摯な態度で臨んでいただける事、(茶髪の先生は誰もいない、、、)そして子どもたちの立場におりて考えていただける事。カリキュラムが充実している事。ことに音楽に関しては、郡山市民文化祭に幼稚園部門として唯一、双葉第一と第二だけが参加しており、一生懸命に子どもたちが演奏する姿には、僕も目頭を熱くしたものだった。 そして何より先生方の人間性が素晴らしい! もうその一言に尽きるのである。奥がよその幼稚園に通っているお母さんたちと話をしていると、双葉の素晴らしさに、ほかに通わせているお母さんが目を丸くして、後悔した話は何百回聞いた事か、、、 これから郡山で幼稚園をお探しの方々、絶対に失敗しない幼稚園選びをしたいのでしたら、ぜひ双葉第一と第二幼稚園は見学してみてほしい。絶対に満足するはずである。卒園してから5年も経つのに、未だに何やかにやとお邪魔している僕が言うのだから、間違いはない!!!!!

そして、この春から、新園舎! 祐太郎はうらやましかったらしく、う〜 ずるい〜 とか言ってひがんでいたので、再入園を薦めたが、それはいいっ! と首を振った。 笑  それではここで、本邦初公開、双葉第二幼稚園の新園舎をここに少しだけ、ご披露しよう!

※ 公開にあたっては園長先生から許可をいただいた。多分一般外部への公開はこのブログが初お披露目かな。

P1140025

シンプル且つ機能的な玄関。清潔感と気品が感じられ、セキュリティも充実。先生が訪問者を確認しないとドアが開く事は無い。

P1140026

非常に広々とした玄関ホール。すぐ脇が職員室。安心の空間。

P1140021

なつかしい組の名前。ちなみに祐太郎は、ふじ組、うめ組、ばら組、と3年間お世話になった。

P1140016

まだ雑然としているが、ここが職員室である。広くって機能的な空間。

P1140030

全館に木のぬくもりが溢れている。こんな環境、いいなあ〜。階段脇は読書スペース。

P1140027

交番!? と思ってしまったが、なんとこのボックスも、絵本の読書スペースらしい。

P1140039

明るくウッディーな教室。窓が大きく園内が明るい!

P1140041

これはなに?? な〜るほど、、、すごい! 気になる方は見学に行くといいでしょう! 愉しいなあ♫

P1140046

じゃーん! これが体育館だあーっ! すごく広くて、そして明るい! クリスマス会が楽しみ〜。

P1140017

担任だった、ひ◯み先生! 久々の対面。祐太郎のみならず、僕も奥も大好きな先生!!

P1060414

卒園の時、、、こうして見ると大きくなったなあ〜。

P1140049

園長先生と副園長先生。ほんとうにありがとうございました。そして新園舎ご落成、おめでとうございます!

P1060413

卒園の時、、、 お変わりないですね〜。

先生方にお別れを言って、帰途につく。祐太郎に今日の感想を聞いてみたら、先生たちが喜んでくれたので、良かった、、、と少し恥ずかしそうにポツリと言った。なんだか小さな息子が大きく感じた。そしてこの姿があるのは、双葉第二幼稚園の先生方のおかげさま、、、 ほんの少し恩返し出来たかな?

P1140051

現在在園中のいとこ(真ん中)と、その仲間たちと、、、やっぱし、お兄ちゃんだ。、、、当たり前か。

P1140023

|

« 同窓会の夜は、そりゃもう、いと愉し。 | トップページ | 初スキー、あれあれけっこう、うまいじゃ〜ん! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

KENさんへ
初コメント! ありがとう!! 大歓迎ですよ〜。
そうなんだ〜、お嬢さんもスキー始めたんだ、ウィンタースポーツ、僕も久々だったけど、楽しいね!スポーツマンのKENさんはスキーもお手の物なんじゃないかな〜。お嬢さんも上達早いだろうね、きっと。
春休みにでも一緒に行きたいね、えっ? その時は長半纏は着なくていいよ〜 wink

投稿: マットシ | 2009年1月16日 (金) 21時40分

 親子でスキー、いいね。祐太郎君は筋がいい。目指せ、国体!

猪苗代スキー場の西ゲレンデ(ファミリー向け)もおすすめですよ。1月12日の午前中は、天気もよく最高でした。うちの娘もスキー始めたんです。今度はスキー場で会いましょう。

投稿: KEN | 2009年1月15日 (木) 18時30分

ピナ男さんへ
おはようございます。そうですね〜、おっしゃるとおりこのウッディーさがいいですよね。木のぬくもりが一番! わがやもログハウスに建て替えたいです〜あっ、まだまだローンが残ってました、、、catface

さて、お正月も終わり、寒さ厳しく、まったく運動出来ず、、、これはまずいなあ〜と思いながら一昨日も美味しい料理とうまいお酒と愉しい仲間たちと(子どもたちも)素晴らしい宴を行ってしまいました。愉しい宴、重い自重、苦しいダイエット、、、う〜ん自分をいじめないとヤバいですね〜。思って入るのですが、、、うん思ってはいるんです、、、、、

投稿: マットシ | 2009年1月12日 (月) 07時57分

うわー綺麗な園舎ですねー。無機的なコンクリート造りではなくて木目を活かしたウッディーな感じが好きです。きっと将来立派な人材が世に飛び立つでしょう。ところで最近、自転車に乗れないので運動不足気味。体重、体脂肪率ともに増加傾向です。春の到来が待ち遠しい限りであります。

投稿: ピナ男 | 2009年1月11日 (日) 10時43分

ゆうさんへ
途中入園、出来ると思いますが、まずは園にご相談をしてみてください。不動産屋さんまわりも、、、という事ですが、残念な天気ですね。車で廻られるのでしたら、どうぞ気をつけて行かれてくださいね。

投稿: マットシ | 2009年1月10日 (土) 01時30分

明日 郡山に行って不動産巡りの予定なんですけど 雪が心配です(>_<)

双葉第二幼稚園 園舎も綺麗で先生方もすばらしい方達なら言うことなしですね☆

途中入園できるといいんですけどね↓↓

投稿: ゆう | 2009年1月 9日 (金) 23時45分

ゆうさんへ
名倉ですか〜、幼稚園にスゴく近いですね。
何度も言っちゃってアレなんですが、僕は本当にいい幼稚園だと思います。ここだけの話、先生を目指す学生さんの就活においてもすごーく人気だと聞きました。
今泉学園グループに、今泉女子専門学校があります。被服科がありますので、おゆうぎで使う衣装なども作っていただけるようです。ですからお遊戯の際の衣装の素晴らしさも、もう格別ですよ!!
ぜひ、双葉の子として、お子さんが成長される事を願ってやみません。

投稿: マットシ | 2009年1月 9日 (金) 21時39分

お返事ありがとうございます☆☆助かりました!
名倉で住まい探しをしている所なので 幼稚園にも連絡してみたいと思います♪

投稿: ゆう | 2009年1月 9日 (金) 21時24分

HIDEさんへ
こんばんは〜。とうとう雪、降っちゃいましたね〜。
HIDEさんは太っていないでしょう。ヤバいのは僕ですね。そしてまた、痩せようと言う気持ちがあまり無いので、、、う〜んいかんですね〜。 あはは。

荷物を運ぶというのは、テニスやジョギング、自転車、どれとも違う筋肉を使うようですね。しいてあげればウェイトリフティングかな? 笑
HIDEさんのおっしゃる通り、体を動かす事は素晴らしき事、、、まして人のお役に立てるのならば、こりゃ一石二鳥であります。happy01

投稿: マットシ | 2009年1月 9日 (金) 21時20分

ゆうさんへ
コメントありがとうございます。早速ですが、質問にお答え出来うる限りの事を書かせていただきます。

入園料        30000円
保育料月額
年少         21750円
年中         19800円
年長         21600円
往復バス代       4500円
延長保育料(ホームクラス)
年少         10000円
年中         13000円
年長         13000円
土曜、夏期冬期休み期間のお弁当代
             330円 
 
年長さんについては卒園アルバム代の積立て代含みのため少し高くなるようです。本代も少し高くなるのかな〜?
手元の資料が平成13年のもののため、確認しましたところ、月謝は数十円上がっているかもしれないとの事でした。途中入園でしたら、かからないとは思いますが、通常の場合は願書受付料として10000円がかかります。この辺の事に付きましては、園に直接お聞きいただいた方がいいかもしれません。

どうぞ、お気軽にご連絡のうえ一度見学に行ってみられたらいかがでしょう。お子さんを真剣に見てくださる、本当に素晴らしき幼稚園です。他とは一線を画しているようですので、ゼーッタイにお薦めですよ〜。 

投稿: マットシ | 2009年1月 9日 (金) 21時10分

体を動かさないと、駄目ですね~
正月から、自転車にも乗れないことが多くなり
なんか、太りそうな、いや、太っているかも~

マットシさんも、引越しご苦労さまです。
筋肉痛になるのも、たまには、良いかも。
あちゃ~
雪がすごく、降っていますね~
また、ORIONに乗れないですよ~トホホ

ENDLESS HIDE

投稿: hide | 2009年1月 9日 (金) 20時52分

kojiさんへ
こんばんは、コメントありがとうございます。
やっぱし、人間はコミュニケーションですね〜。お互いに自分の今の状態をきちんと相手に伝えてあげる、これは登山などのシチュエーションや自転車のマスロングライドなんかでも言えるのでしょうね。登山などでは最悪、命に関わる場合もあるわけですから、そういう時は重要ですよね。僕も変な見栄は捨てた方がいい、、、解ってるのですが、強がっちゃったりして、夫婦喧嘩の原因になったりしますので、やっぱし正直にいったほうがいいですし、でも、う〜んやっぱし、男の見栄は捨てきれないなあ〜 と悩んでいます。笑
お手伝い、祐太郎にとって、いい体験だったかと、思います。これからもボランティアとかあったら、協力していきたいものですね。

投稿: マットシ | 2009年1月 9日 (金) 20時49分

初めまして☆双葉第二幼稚園に途中入園を考えていて いろいろと調べてたら このブログを見つけてコメントしました♪

月謝や入園金など教えてもらえますか??

投稿: ゆう | 2009年1月 9日 (金) 19時52分

祐太郎くん共々、たいへんお疲れさまでした。
“mattoshiさん”がおっしゃっているように、重い荷物を二人で運ぶとき、相手が降参しないと、意地の張り合いというか、弱かすで申し訳ないような、そんな心理が働いて、自分から「いやー、重くて参りました。チョット休みましょう。」などとははなかなか言いにくいものですよね。これは、いろんなシーンでよくあることですから、これを大いに参考にして“自分が参っているときは、相手も参っている”のですから、そう言い出せない相手のために、“自分があえて、弱かすになって”「いやー、しんどうねえ。ちょっとタイムです。」などと、あまり頑張らず、さりげなく言ってやることは、自分の為であり、相手の為なんだなあと、つくづく思いました。いやーとても参考になりました。
それにしても、“mattoshiさん”と祐太郎くんの心意気には感心しました。

投稿: koji | 2009年1月 9日 (金) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同窓会の夜は、そりゃもう、いと愉し。 | トップページ | 初スキー、あれあれけっこう、うまいじゃ〜ん! »