« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

2009年1月11日 - 2009年1月17日

2009年1月13日 (火)

初スキー、あれあれけっこう、うまいじゃ〜ん!

幼稚園お引っ越しの晩、祐太郎といっしょにお風呂に入っていると、祐太郎はスキーに行きたいと言い出した。う〜む、まあ、今日は頑張ったし、明日は僕も休み、祐太郎の冬休みも残り少ない。普段、週末はほとんどが仕事で遊んであげられないしなあ、、、というわけで、次の日は祐太郎とふたり、初心者のメッカ、沼尻スキー場へ向かう事となった。祐太郎は過去2回スキー場に行った事があるが、実際に自分の足で滑るのは今回が初めての事、僕は現在、”スキー休眠族”である。

”スキー休眠族とは30代から40代の既婚男女で、原田知世主演のホイチョイプロダクションムービー「私をスキーにつれてって」を青春時代の冬期間用バイブルとして、三上博史と原田知世のコピーと化してゲレンデを埋め尽くしていた連中。結婚し、子どもが出来、経済的理由、そしてスキー文化の大きな変革により、長ければ長いほど上手いとされたスキー板はカービングなる未知なる短小幅広スキーの登場により、板の買い替えを余儀なくされているが、貧乏でなかなか買えず、若者たちがボードでゲレンデを独占している様を「ボーダーなんて、、、けっ!」と憂いながら、家でこたつに当たり、みかんを食べている者たちをさす。”彼等が休眠しているお陰で、各地のスキー場はガラガラ状態が続き、破産したゲレンデは後を絶たない、、、

ゆえに僕も道具が無いので、スキーも持たずに出かけた。「まあ、ボーゲンでほんのすこ〜し滑れるようになるくらいだろうと、いう予想で、祐太郎はレンタルスキー三点セットを借り、僕はゲレンデでスキーを履かずに祐太郎を支えながら、ボーゲンを教える。

P1140053

初スキーの祐太郎、、、板の扱いを懇切丁寧に教えてあげる。

P1140057

理屈を教え、実践させると、おっ 膝はいい具合に入っているぞ、、、

しかし、開始1時間後、祐太郎はリフトに乗りたいと言い出す、、、まだ早いよ、と諭すのだが、言い出したら聞かない我が息子、、、後悔すんなよ〜!と言い、僕もレンタルスキーを借りる。そしてリフト券を購入。これが結構高い! 出がけに奥から5000円しかもらって来なかった、、、自分の手持ちを入れても、あらら、残りは1000円ちょっと。とほほ〜、、、まあ、仕方がない! 頑張って滑ろう。一番の緩斜面のリフトに乗る。しかし、僕も5年ぶりくらいにスキーを履いたので、ちょっと不安。超初心者の祐太郎をフォローしながらきちんとリフトに乗る事が出来るだろうか、、、、、

P1140062

沼尻スキー場、一番の緩斜面。さあ、ちゃんと滑れるかな?

P1140074

さあ、滑ってみようか! おい、大丈夫か? と聞くと、楽勝〜♫ と祐太郎。

さあ、その様子を見てみよう〜

スキーが性に合ったのか、メチャメチャ楽しい様子。何度も何度も滑りそしてリフトに乗りたがる。だんだんと慣れてきて、ターンも少しずつ出来てきた。一旦休憩し、昼食を取ることに、、、 しかし、スキー場の食事はなぜにこう高いのか?? 手持ち金がほとんど無くなってしまったため、祐太郎に食事をさせ、僕はジュースと肉まんで我慢、、、せつなかった〜。やっぱしもっとお金を持ってくるべきだった、、、っていうか、カード払いが出来るようにしてくれ〜。

午後から、少し滑ると、今度はコースに飽きたらしく、中級用のコースに行きたいとのたまう、、、そばの中斜面を少し徒歩で登って滑らせてみる事にした。

P1140085

エッチラオッチラと斜面を登る。しかし、ここはちょっとフカ雪だったので一応、フカ雪の滑り方を教えたのだが、、、

P1140089

案の定、、、

しかし、こけてもめげない。一体どうしちゃったのだ! と思うほど、ハマってしまっている。 もう一度、緩斜面コースに戻り、今度は一人でリフトに乗る練習。僕とは一旦別れて、僕は緩斜面頂上から反対側に滑り降りる男坂なる斜面へ、、、 祐太郎は緩斜面を滑り、ひとりでリフトに乗り戻ってきた。へ〜、なかなか度胸が座っているなあ〜。

P1140100

男坂の斜面。なぜだかボード初心者が群れをなして斜面上に座っている。その様子はなんだかちょっと波待ちサーファーの様?? でも正直、ちょっと邪魔!

その後、祐太郎とリフトを移動し、高速クワッドに乗り、ファミリーコースを滑る、、、 親が言うと説得力が無いのだが、なかなか上手い。僕が最初にスキーをやった時より数段上手いかも。重心の位置がいいし、転ばないし、、、嬉々として滑りまくる息子。あらら、完全にハマっちゃった。今まで僕が休めない事と、金がかかるから、、、という理由で我が家では禁断の扉としていたスキーだったが、あっさりと祐太郎が開けてしまった・・・

P1140141_2

上体がかぶり気味だが、膝が入っていて、重心位置がいい。帰宅後、スキーのイントラをしていた兄に聞いてみたところ、初日にしてはかなりいい感じとの事。教え方が上手いからか?

僕は景色の美しさに惹かれる、、、そうだ、スキー場ならば標高が高い場所から、冬山の写真が容易に撮れるのだ! こりゃ一石二鳥だ。

P1140115

和尚山、浮かび上がる雪白の表情と陰のコントラストがいい。

P1140076

考えたら、グランデコや、アルツ、猫魔、裏磐梯、箕輪、と標高が高く、景色の撮影にはうってつけのゲレンデが目白押しだ。こりゃあ、一石二鳥!若いときには、あまり気づかなかったなあ〜

P1140082

祐太郎は黙々と滑りまくり〜。

P1140162_2

結局夕方まで滑りまくり、リフト停止をもって終了。

P1140166_2

レンタルスキーを借りるよか、やっぱし買った方がいい! と購入の検討を開始。昨日、祐太郎のスキーを購入。あ〜あ、禁断の扉が開いてしまった。僕のも購入しなきゃいけないし、奥のも買いたいなあ〜、、、あ〜あ、奥がため息吐息、、、祐太郎は嬉々として、、、僕は奥の顔色を見ながら、自分のスキーを物色中。 僕のスキー買ったら、僕の休みの日、ナイターに出動予定! もう少し安くしてほしいなあ〜、リフト代、、、せめて、子どもだけでもただにしんしゃい! スキー場は将来の需要に投資しとけばいいのに、、、

さあ、スキー、買うぞー!

| | コメント (20)

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »