自転車登山

2008年10月18日 (土)

磐梯山、遅刻が響き残念無念。リベンジ誓った秋の休日。

昨日、一昨日と連休だったが、一日目は、疲れが抜けずどんよりと過ごしてしまう。あ〜もったいないもったいない、、、  二日目。天気もいいし、さあ!! 裏磐梯へっ!いざ、あっしゅつじ〜ん!!! と張り切りたいところであるが、気が乗らない。実は足を負傷中なのだ。それも足裏のため、歩行がキツい。事はお祭りにまで溯るのだが、地下足袋が足に会わなかったのか、足裏にいくつもの”まめ”が出来てしまい、それがつぶれて痛くて仕方がなかったのである。やっと治ったかと思われたのだが、今度は足裏がガサガサに乾燥してしまい、ついには皮膚がパックリ割れてしまった。ひび割れとかあかぎれとか言われるアレである。いやはや、痛いのなんの、、、それで遊びにも気が乗らないのだ。

そんなことで、気が乗らないので出かけるのが遅くはなるし、何をして遊ぶかを決めかねているし、なんだかとても中途半端な、モヤモヤした休日。檜原湖を一周するか、スカイバレーを登るか、Kojiさんにならって、スカイラインを登るか、それとも、、、それとも、、、と色々と考えたが、最終的には磐梯山の頂を目指す事にした。

P1120041

ゴールドライン入り口までファンカで移動。ここからスズメバチで出動! 通行料金70円也。 ちなみに普通車は730円也、、、10分の1以下の料金。ちなみに駐車料金は、サービス!

ワッセワッセとひたすら登る、、、久々の坂道ライド。準備運動も無しでひたすらこぐ、、、 うん、思ったほど足の痛みはない。今日はシューズも自転車用のナイキはやめて、革製のトレッキングブーツにした。内装が厚く足の痛みも和らいだので。

P1120043

う〜ん 紅葉が最高!!いーなーあ。夏が去って寂しいが、やはり紅葉の裏磐梯は、、、最高だ。

P1120044

今日は、サングラスをイェローレンズバージョンにしてみた。僕の目にはこう見える。

P1120049

頑張って登るのである。スズメバチでの久々のヒル。

P1120052

磐梯山と雲。

P1120053

秋の道、華やかだけどやっぱり、どこか寂しい感じがする。

30分ほどで八方台に到着。さあ、トイレに行って小用を足し、さっそくいくぞ!!

P1120054

八方台の登山口入り口。さあ!いくぞっ でも只今の時刻、午後1時30分。遅!

P1120057

最初のうちはいい感じのダブルトラックでMTBにとってはナイスロード。

P1120058

明るい雑木林の中を登っていく。

P1120059

30分ほどで、中の湯に到着。硫黄の香りで満たされる場所である。

中の湯、ここは昔は湯治場であった場所らしいが、だいぶ前に廃止され、今は廃屋と、火山性硫化水素ガスが噴出しているちょっとデンジャラスな場所である。ガイドブックやネットで調べたら、たま〜に入浴している物好き登山者がいるらしい、、、?

P1120063

道端の水たまりにはブツブツ言いながら火山性のガスが噴出中、、、大丈夫かな?

P1120168

かつての湯治場は、完全なる廃墟となっている。ちょっとコワい、、、

中の湯を過ぎ、道は急峻に、そして険しくなっていく。しかし、めげずにスズメバチを一生懸命に押し上げる。登山道に入ってからここまで、20組以上の登山客の方々とすれ違う。皆さんから感嘆とか励ましの言葉とか色々な反応をいただく。さすが、紅葉シーズン、登山者が多い事多い事。まあ、性格に言えば下山客と言うのだろうか。 すっかり出遅れた僕は下山客とはすれ違うが、ついぞ登山客は一人もみなかった。 「あらら〜、自転車だよ!!」 「どこまで行くの?」「がんばるね〜!」「若いなあ〜」「帰りはここを下るのかい?」「がんばってね〜」、、、、、、 とまあ、本当に皆さんからたくさんのお言葉を戴く。僕も皆さんに笑ってほしいので、いろいろな冗談で返す。「あららあ〜、なんで自転車なの〜?」と聞かれれば、「皆さんの持っている杖と同じですよ。実は新型の杖を開発中なんですよ、下りの時は結構いいんですよ〜、でも難点は重い事と、ガサバル事なんです、、、」なんて言ったり、、、その場その場で色々な冗談で笑っていただく。ただ、自転車が本来乗り入れない場所なんだから、皆さんの邪魔にはならないように注意を払いながら、、、 

P1120068

道はこんな具合に大きな岩がゴロゴロの険しい表情になった。頑張れ頑張れスズメバチ!

P1120069

自分で自分を撮る余裕はない、、、 フロントタイヤを浮かし、自転車を押し上げる。

スズメバチ、岩にあたる、、、う〜ん新車を買ったら、出来なそう。スズメバチは名誉の傷だらけ だ。まあ、MTBだからこれが本来?の姿だ!!   自転車登山、みんなに言われる、、、何が愉しいのか?って、、、 う〜んなんと言っていいか、僕もよく解らないが、でもけっこう愉しいのだ。岩場をどうやって自転車を押し上げるか、、、考えながら登っていると、無心になれるし、体力も結構つきそうだし、これを数多くやっていれば、いいトレーニングになるし、ダイエットにもいいかもしれない。( 僕はたま〜にしかやらないから、全然痩せない、、、ほっほっほ〜smile ) でも、タイヤを岩場のどこに当ててやれば自転車が安定するとか、リヤを持ち上げて、自転車を真横に振って押し上げちゃうとか、色々と知恵が必要になり、それを解決しながら登っていくのは、慣れてくるとかなり面白かったりする。クロスワードパズルを解きながら登っていくような感じ。そして、難しいセクションをクリアしながら一緒に登っていくスズメバチがなんだか愛おしく感じたりして、、、癖になる。  しかし、いかんせん、今日は出発が遅過ぎた、、、それに磐梯山の登山道は、昨年登った安達太良山よりもキツい感じがする。最初のうちは頂上まで行こう! なんて思っていたが、途中でこれは無理だなあ〜、と感じ始めた。まあ、いいや。今日はコースの下見と、練習にしよう。と方針転換。「どこまで行くの〜?」と数多く聞かれていたので、「行けるところまで、、、」と答える。

P1120070

視界が開けた! 磐梯山の爆裂火口が見える、、、絶景!

P1120078

檜原湖一望。ワオっ! 

P1120076

秋元湖と小野川湖も、、、ちょっと分かりづらい写真で失礼、、、

P1120074

秋元湖を望遠にて望む。いつも遊んでいる、”野営場”の辺りも見える!わかるかな?

いつも遊んでいる裏磐梯を上から見下ろす。スカイバレーとかから見るのとはまた違う感慨深さを感じる。ワッセワッセと自転車に乗って登るのとはまた違う、不思議な感覚。考えてみれば馬鹿みたいなことである。うん馬鹿だ。でも馬鹿、、、が好きなのだ。ていうか、馬鹿なのだ。

P1120081

三湖を望む。左から、檜原湖、小野川湖、秋元湖。

P1120083

スズメバチも、、、パチり。

P1120089

こんなロックセクションの連続になってきた。キツいけど愉しい。

一体、何組のパーティーとすれ違っただろうか、なんだか申し訳ないぐらいに驚いてくださる方の連続。登れば登るほど感嘆の表情がオーバーになっていく。シャレを効かせて答えている。多分、最終的には100組以上のパーティーとお話ししたと思う。自転車が邪魔にならないように、SHERE THE TRAIL のスタイルで、下山の方々に道を譲る。譲りながら、休憩を取ると言った方が正解だが、、、 ただ登るよりも皆さんとお話し出来て愉しい。今回は全ての皆さんとお話した、、、アッハッハ、愉快愉快。 こんな会話があった。5、6人のおば樣方のパーティーとすれ違った時の事。 「あららら〜 自転車で登ってきた人がいるよ! 」 「どこまで行くの?」 ここまでは普通である。 「どこで自転車乗るのかしら?」 「あ〜、上の方で乗れるとこあったじゃない。」 「えっ?あ〜 でもあそこ100㍍位しか乗れないじゃないのお〜」 こんな会話を交わしながら、岩場を降りてきたおば樣方。少し離れた所から僕はこう言った。 「その100㍍のために行くんですよ〜お!」と。 するとみんなが、「こんにちは」と挨拶してくれる。そしてすかさず、、、 「100㍍って、、、え〜? だってあなた、それまでにちょっと半端じゃないエネルギー使うじゃない!」 関東地方の上品なおば樣方の会話。イントネーションがそれを伺わせる。 「あなた!ダメよ〜、それは消極的生き方の発想よ!!」と先頭を歩くおば様がちょっと語気を強めながら言う。「ねえ〜」 という先頭のおば様。ぼくは、そのおば様の事がなんだか好きになってしまった。素敵なおば樣方は、「 がんばってね〜 オ〜ッホホホホ〜 」 高笑いを残して下っていった。 ははは、こんな会話が出来るのも聞けるのも、傍らにスズメバチがいてくれるから。ただそれだけなのに、、、面白いものである。

 しかし、磐梯山はなかなかの強者であって、登行ペースは遅々として進まない。時間的な余裕も残り少ない。Uターンに至るタイムリミットを15時30分と設定した。もうタイムリミットに近い。残念だが今回は弘法清水にも辿り着けない。だんだんと下ってくる方々も減ってきた。 15時。僕は登るのを中止。今回はここで潔く諦めよう。そしてそこで遅い昼食を取る事にした。

P1120092

今回はここで中止。

P1120095

陽は西に傾き、もうお帰りなさい、と言っている。

登りよりも下りの方が気をつけないと行けない、、、つまずいて転んだりすれば、脚にかなりの怪我をするのは間違いないのであって、狭く急峻なロックセクションは、本当に細心の注意を払いながらくだる。 自転車登山の場合、登る時は、自転車を先に行かせ、自分が後から続くのだが、下りの場合は、その逆で、自分が先に降り、自転車は後から、、、なのである。もちろんセクションによっては、その逆にしないと行けない場合もある。先にも言ったが、普段あまり使わない頭を使い、自転車を登らせたり下らせたりするのは、面白いものである。フロントタイヤをどこの位置に持っていったらいいか。リヤタイヤをどう処理するか。ここは自転車を担ごう。とか一人で楽しめる遊びだ。しかしなにか事故ったらヤバいのも確かなので、出来れば二人以上のパーティで入った方がいいと思う。まあ、僕は単独行が大好きなのだが。

そうそう、今回はちょっと、不可解な出来事に巡り合った。最後の方で下ってきた方に、「あと何人くらいいらっしゃいますか?」と尋ねたところ、「あと2人くらいかな?あとは山小屋のオヤジだけだね。」 と言われた。 それからすこし登った所で、上から中年のご夫婦らしきカップルが降りて来られた。少しお話をして、僕は食事にすることにした。先の質問の答えからすれば、中年のカップルは最後の登山客のはずだ。登山客はみな鈴をつけている方が多く、鈴の音が聞こえてくるのが、目印ならぬ耳印で登山者が近づきつつある事を知る事が出来る。最後のご夫婦も言葉を交わしたあと、しばらくは下の方から鈴の音が聞こえていた。 20分ほど食事休憩をとり、僕とスズメバチもいそいそと下り始めた。下り始めて15分ほどした頃だったろうか。ちょっと難しいセクションにぶちあたったので、立ち止まってどのようにアクセスしようか考えた、その時の事、ちょっと上の方から男女の会話が聞こえてきた。なんと言っていたかまでは聞こえなかったが、間違いなく人の声だった。 「さて、まだ残っている人がいたのかな?」と思い、耳をそば立たせてみた。 というのも、やはり、一人で下るよりも同行者がいたほうが安心出来るし、まして時間が時間、さらに僕が最後の下山者であるらしいし、何かあれば確実に遭難!と言う事も考えられるから、、、 下ってくる方がいれば一緒に下ろう、と思い少し足を止めてみた。しかし、いくら待ってもその声は二度と聞こえて来ない。それに鈴の音も聞こえて来ない。そして何よりも人の気配がないのだ。声が聞こえたのは間違いなく上からだし、距離も遠くなかったし、おかしいのだ。辺りには風に揺れる笹の葉の音だけ、、、う〜んちょおっとまずいんじゃないかな? と思ったが、ここであんまり不吉なコワい事を考えても、焦るだけだし、考えない事にして再び下山開始。

P1120106

人、一人分のトラック。そして片側は落差200㍍はあろうかと言う崖。注意!!

しばらくすると、ヘリのエンジン音が聞こえてきた。ちょうど視界が開けたので覗いてみると、 福島県の防災ヘリが飛んでいる、しかも眼下を、、、、、

P1120108

眼下でホバリングしている防災ヘリ。

P1120109

ズームインして眺めてみた、、、乗り物好きが疼きだす、、、

P1120117

隊員が身を乗り出して下を伺っている。誰かをレスキューするのか?

P1120121

ヘリの真下を見てみたら、スモークが焚かれているのを発見。あれが目印だ!!

P1120126_1

P1120131

P1120139

面白くて、と言ったら言葉が悪いが、興味津々でずーっと見ていた。

しかし、気づけばまずい!このまま見てたら、日が暮れてしまう。日が暮れたら命取りになる。(マジで、、、)僕がヘリを呼ぶ事になってしまうではないか! ということで、隊員が降下するのを見届けて、ヘリ見物は終了とした。

P1120144

P1120149

西日に照らされる磐梯山火口壁。こういう雲が好きである。

P1120166

茜色。

P1120175

茜色と飛行機雲、、、

P1120176

本日の飛行機、、、ANAのB4。

P1120187

秋日残照。

P1120188

中の湯を過ぎ、雑木林区間までやってきた。ここから1㌔ほどはスズメバチにまたがってダウンヒルを楽しむ。雑木林に転げ落ちるかのような落日の陽が差し込んでいた。急がねば、、、

なんとか無事に落車することもなく、無事八方台に到着。しかし、休んでいる暇はない。すぐにゴールドラインを下り始めることにした。

P1120193

帰りは一台の車とすれ違っただけ。八方台の駐車場にも車は無くなっていた。

ここちよくゴールドラインのコーナーを下る。しかし、点検せずに下っていて大丈夫だろうか?山道を押し上げた時に何か異常を発生させていないか、一抹の不安がよぎる。 振動や、ブレ、特になく快調に下ってゴール!!

P1120196

スズメバチ、ファンカに収容! 今日も一日ご苦労様!

P1120195

「頂上まで行ってきたのかい?」と料金所のおじさん。しばし談笑。

いや〜疲れたなあ。と回想しながら、ゴールドラインを後にした。なんだか少し欲求不満なので、檜原湖によって写真撮影。夕方の静けさが支配する船着き場は、昼間の喧噪が嘘のように静まり返っていた。i-podから、映画「黄昏」のテーマ曲をさがし、窓を開けて止めたファンカから曲を聞きながらしばし写真撮影に興じてみた。

http://jp.youtube.com/watch?v=QLa7kMIUAaI&feature=related

↑名画「黄昏」 On Golden Pond のテーマ曲をリンク。クリックして聴いてみていただきたい!

P1120217

静かに、秋の空気と秋の光とに支配された檜原湖。秀逸なひとときであった、、、、、

P1120221

暗闇につつまれてしまった秋元湖秋景。(写真は少しいたずら加工をしてみた。)

P1120222

暗青の秋元湖、、、シュールであった。

最後に、、、

P1120224

夜の磐梯山。今日は頂きに辿り着けなかったが、今度はもっと早く来て、頂を目指したい!!

今日は本当に予行演習と言った感じで終わってしまったが、ようよう頑張って、次の機会には、頂上を目指そう!! 今年、行けるかな?? スズメバチとこんな事をして遊んだ、秋の休日。

磐梯山は、安達太良のそれよりも、道幅も狭く、険しい感じがした。ペースも遅かったし、こんどこそは、絶対に!!! リベンジだあ〜!もっと早起きしなきゃいかんなあ。とつくづく思った秋の休日。

| | コメント (12)

2008年4月17日 (木)

晴天の、吾妻に雪辱、雪回廊、小富士登って、至福の休日。

今日は代休。そして、ぴっかぴかの晴天。先日の雪辱を果たすのにはもってこいのお日和。  というわけで、またしても残雪の磐梯吾妻スカイラインへ!!

P1060435

自宅近くの開成山公園の桜も今が見頃。

P1060437_3

R49を急いで北上する。春霞安達太良山が奇麗である。まってろよ〜!って感じ。

P1060443

母成峠。林の中に少量の残雪がある。木々の枝はうっすらと萌え木色。

ここでちょっと寄り道。癒しの場所。

P1060469

CMの撮影にも使えるようなシチュエーション。いいんだよ〜。グリンだよ〜!って感じ。

P1060479

この広さ、開放感、凧上げに最適な場所。癒されるのだ〜。

おもわずここで一日が終わってしまいそうになるので、、、さあっ先を急ごう!  

中丿沢温泉をすぎ、R115を福島方面に。道はず〜っと登り。標高がどんどんと高くなっていく。横向大橋を渡ると、箕輪スキー場、横向温泉方面へと左折。 左折するとすぐ箕輪スキー場、横向温泉。

P1060485

横向大橋を渡ると、スカイラインまではもう少し。周囲の山々の残雪と青い山肌のコントラストが美しい。

P1060487

ずんずん、、、

P1060488

ずんずん登る。勾配は徐々にキツくなっていく。

P1060498

そして、到着!

P1060499

ここからが本当のスタートである。ここまで登っても快晴無風。最高の天候だ。

料金所手前の廃屋となったレストランの前にファンカを停め、着替えをする。今日も先日と同じくディスカバリーチャンネル。ロードじゃないじゃん! て言われそうだが、、、まあそう言うなかれ。TREKだし、まあ、いいじゃあないか〜。って 僕も新しいジャージが欲しいのだが、なかなか欲しいものが出て来ない。オリジナルを作りたいのだが、、、もうちょっと時間がかかりそう。 今回はディスの2007Tdf仕様限定バージョンをおろして来てみた。コレクションとして取っておこうと思ったが、着ないと意味がないし思い切っておろす事に、、、でもなんだか、ミーハーだなあ。 まあミーハーなのだからいいかっ! 

着替えをして準備をし、いざ、出発!

 P1060846

料金所のおじさんである。にっこにこな笑顔が素敵なのである。昨年もお世話になり、先日は丁重に断られ、もうすっかり顔なじみ、、、嬉しいなあ〜。 今日の天気は一年のうちでも珍しいほどのグッドコンディションだそうだ。

さあさあ、がんばって行こう!今年始めての本格的な登り、嬉しいと思うのが不思議だが、たぶんシチュエーションがそう思わせるのか、、、  スカイラインは土湯側から登り始めると最初は緩やかな勾配でけっこう楽なのである。しかし、徐々にというか、急にというか、それなりにキツくなる。

P1060502

安達太良連峰の北側を目の前に望みながら、坂を登る、最高のシチュエーションだ!でも足が、、、乳酸が、、、

ワッセワッセと登るのだが、ここはあまりにも景色が良すぎるので、ついつい写真撮影の為に小休止してしまう。まあ、まだ足慣らしだからいいのだ、、、 ほんとか〜? でも、効果的?な小休止が足の負担を軽くしてくれるので楽なのだ〜こんなんじゃダメなんだけど、ほんとは、、、

P1060527

湖見峠に到着。ここは、猪苗代湖、秋元湖、小野川湖、そして檜原湖、四つの湖が見えるポイントである。

P1060820

遠くに霞む猪苗代湖。

P1060810

大好きな秋元湖である。

P1060812

小野川湖である。

P1060815

一番大きな檜原湖。大きく露出オーバー、、、

P1060535

わっせわっせと登ります、、、はあ、はあ、はあ、 疲れます、、、うそである、このペースで登れたら、プロになれるかも?

P1060539

標高1400㍍地点にて、、、

P1060540

時計のアルティメーターを調整する。去年もやったなあ。同じ事、、、

P1060542

雪の山に乗り入れてみた、ここからダウンヒルなのだ!! いきま〜あす、ってうそである。

P1060551

標高が高くなって来た。足には血がまわって来たので、ダンシングでGO!GO!!

P1060789

高度が増すに連れ、樹木の様子も変わってくる。森林限界線が近い。

高度が増すに連れ、残雪が多くなってくる。そして、ついにあれがやって来た、、、

P1060568

あれとは、これである、そう!雪の回廊。自転車で見たのは始めてだ、、、

P1060567

そして、あの場所へやって来たのだあ〜!!

P1060586

最後の登りをすぎ、ちょっと下れば、、、

P1060614

浄土平に到着なのである。!!

P1060634

すばらしき眺望。駐車場では関東ナンバーのステーションワゴンのご夫婦が、チェアーとテーブルを出してリラックスタイム。すてきな時間の過ごし方だなあ。

すばらしき眺めに達成感を味わいつつ、そして写真を撮りつつ、レストハウスへと向かう。おっ昨年のおばさまがいた! レストハウスの外で 自転車を停めてたら、にこにこしながら、「自転車?、いいねえ、今日は最高でしょう〜」と声をかけてきてくれた。「去年もお世話になりました。今もモモアイス、やってますか?」と聞いたら、今はさくらアイスなのだそうだ。「あとでお世話になります。」 まず、腹ごしらえ、パンと玉こんにゃくを注文する。

P1060640

ケレーパン、200円也。五穀が入っており、食感はもっちもち、温めてくれるので、あっつあつの状態でやってくる。中はカレー味。また、一緒に食した玉こんにゃく、味がしみてて最高!

P1060641

はふはふ言いながら食べるのだ、食感もっちもちで、カレー味が美味い!ちょっと薄いけど、、

パンと玉こんにゃくを平らげ、休憩を終了。今日はもう一つのミッションがあるのだ。

それがここを登る事!

P1060637

P1060636

昨年は登れなかったので、今年はぜひチャレンジしたかったので、、、これがけっこうきつかった。

P1060754

丸太で整備された登山道、これが、、、なかなか強敵。

一般の方々に迷惑をかけないように、じゃまにならないように配慮しながら登る。みなさんにお声をかけていただきながら、頑張って登り続ける、、、前輪をウィリー状態に引き上げ、丸太をひとつひとつ超えさせる。フロントバッグがついているのでけっこう重いのである。重労働、、 登り始めて、15分後、皆様から応援していただきながら、頂上部に到着した。

P1060712

吾妻小富士頂上にてのスズメバチ。絶景である。しばし茫然。

P1060678

P1060659

P1060675

P1060732

P1060736

P1060746

P1060644

P1060682

いやはや、絶景かな、絶景かな、、、なにをかいわんや、なのである。 キツい思いをして登った甲斐があったというものだ。ここでは、自転車には乗らず、押し歩きをしていたが、下りだけはちょっと失礼させていただいた、、、もちろん邪魔にならないように、、、そして路面にインパクトを与えないように、ブレーキをロックさせないようにして。 両側が崖、路面は雪解け直後のため”ふかふか”の状態であるため、フロントが簡単にとられるので、不安定なラインになってしまう。滑落しそうで、、、ちょっと緊張のライドであった、、、 

P1060756

レストハウスに戻り、さくらアイスを食す、、、うまい!! ホッとする味。 感動したし、ほっとしたし、そして糖分を若干多すぎるほど取得したし、もう帰らなければならない、、、これ以上ここにいると、また何かを食しそうだ。 帰りはほぼ全域下り&若干の登り有り。さきほどの小富士登山がちょっと効いて、ふとももの内側が少しつりそうな感覚。辛い、、、 しかし、最高の天気が疲れた僕を後押ししてくれる。 本当に最高のお日和であった。

P1060626

暑くもなく、寒くもなく、また風にも悩まずして、景色は絶景なり

P1060596

ここに来るハ、君のおかげにて、、、やはり君はたのもしき友なりて、、、

P1060779

また好きになる、輪の遊びか、、、

午後6時、無事自宅着。ちょうど開成山に花見に出かけようとしていた奥と祐太郎に同行して、スズメバチに再度またがる。心地いいそよ風、人の賑やかさ、出店から流れてくる香ばしい香り。そして心地いい疲労感と充実感。咲き誇る桜の美しさ、喉の乾き、、、、、

帰宅後は、かんぱ〜い!!! となったのは言うまでもない。焼き鳥+ビール=至福の時間 ああ、やめられない、やせられない、、、、、

前回登ったのは、昨年の9月14日。その時の記事がこちら、、、↓

http://mattoshi-k.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_db45.html

よかったらぜひご覧ください。山の季節による表情の違いがいいですよ!!

| | コメント (19)