旅行・地域

2008年4月23日 (水)

もういちど、星をもとめて、滝桜、、、

昨日、天気は晴天だった。夜になっても天気が崩れる事もないので、またしても滝桜へ、、、 今度は時間を遅くして、23時すぎに出発。途中寄り道をしたこともあって、滝桜へ着いたのはちょうど真夜中24時。さすがにこの時間になると人はいないだろう、、、  と思ったら、暗闇の中からぼそぼそと、声が聞こえる。ややや、、、 近づいてみると、大型のカメラが、どでかい三脚に据え付けられているのが見えて来た。その傍らに黒い人影が二つ。「こんばんは〜」と声をかけると、「おはようございま〜す」と挨拶が返って来た。いくら24時を過ぎたからっておはようはないだろうと思ったが、ん? 考えてみればその言い回し、業界人っぽい、、、  聞いてみたら、東京からいらっしゃった、プロの方との事。やはり、、、  滝桜のそばにはもうお一方、仙台から桜の写真を撮るために”旅”している若者!? 暗くて顔が見えない、、、声から察すると20代後半か、、、しばし、色々なお話をしながら、お互いに撮影をする。

なんとか今回は僕の考えていた感じの写真が撮れた、、、気がする。こんな感じである。

P1060956

いつになるのかは忘れたが、この滝桜の種が日本の宇宙実験棟”きぼう”に搭載され、一年間宇宙を旅するとの事。 滝桜と宇宙、ミスマッチのようなこの組み合わせ、僕は意外にベストマッチングのような気がする、、、

| | コメント (4)

2008年3月 3日 (月)

駅前の、歴史の展示、眺めつつ、もっと知りたや、わが街のこと。

前回ちょっと書いた、ビッグアイのパネル展示についてである。 パネルは6階の市民サービスセンターのフロアに展示してある。郡山市役所の担当部署、公聴広報課に許可をいただき、掲載させていただく事にした。 郡山という街は、名が体を表すように、もともと 郡衙、つまり、郡の役所があった場所であり、そこから、郡山という名前がついたと言われている。その歴史は古く、遠く古墳の時代から歴史は続いている。しかし、現在のような近代都市になったのは、明治に入ってからの安積開拓によって、猪苗代湖から安積疎水を引く事に成功したことに起因する。郡山駅も明治20年の上野ー郡山間の開通とともに設置された。駅を作るということはやはり、容易ならざる事で、駅の誘致には多額のお金が必要であった。先人達はその資金の調達にずいぶんと苦労したようである。

P1040210

開業当時の駅のイラスト。

P1040209

明治時代末期の蒸気機関車。

日本ではじめて鉄道が開設されたのが、新橋ー横浜間、時は明治5年(1872)のことであった。郡山まで開通したのが、明治20年(1887)、その年の12月には仙台まで延長なった。そして、東北本線が青森まで全線開通したのが、明治24年(1891)、当時の技術力から言うとこれでもすざまじいほどの速度で鉄道が全国に網羅されて行ったのが想像できる。ちょうど携帯電話の普及のイメージかも、、、いや社会の変革という観点ではそれ以上であっただろう。富国強兵が声高に叫ばれていた頃のおはなしである。ちなみに駅が開設された頃、郡山はまだ郡山村であった。

P1040207

大正時代の郡山駅。

明治22年 郡山は村から町へと移行する。人口8031人だったと記録されている。明治30年には岩越鉄道(後の磐越西線)が中山宿まで開通した。岩越鉄道の起点駅には、白河、須賀川、本宮も名乗りをあげていた。郡山は東北線(日本鉄道)における貨物輸送量が他の候補地と較べて、最大であり、場所的に県の中央である事や、用地の平坦さなどを訴えたという。最初は官設鉄道として誘致していたのだが、なかなか決定されず、途中から私設鉄道の創設と言う形に変わって行った。そして、郡山町の有志と安積郡の有志達は56万円の巨額の資金を集める事に成功し、明治29年、岩越鉄道株式会社を設立。徐々に鉄道は延伸され、大正2年には新潟県の新津まで開業した。

P1040205

大正期の郡山駅前。ご夫人の服装が時代を映している。

岩越鉄道の開通は郡山の発展にとって重要な意味合いを持った。明治24年には三春方面へ、鉄道馬車が設置され、1時間20分もかけて三春まで走った。しかし、大正3年には平郡鉄道(磐越東線)が開通し、その後利用者が急激に減り、時代の流れとともに消えて行った。

P1040260

ビッグアイ展望フロアの鉄道ジオラマには大正期の駅前の模様も再現され、鉄道馬車の姿も。

岩越鉄道の成功は、後の平郡線(磐越東線)や昭和9年に開通した水郡線に大きな影響を及ぼし、郡山は交通の要衝という地位を確立させ、近代都市へと生まれ変わる大きな大きな礎となった。

P1040203

昭和初期の駅前。駅裏には保土谷化学の建物が見て取れる。かなり賑やかになって来た。

P1040188

昭和初期の駅前の様子、古き良き時代の歓楽街があったのであろう。

P1040201

昭和26年に新しい駅舎に生まれ変わる。

大正、昭和初期と郡山は幾度も様々な変貌を遂げながら、一気に都市化していく。太平洋戦争時、 昭和20年4月12日、B29での最初の空襲は駅前、そして駅東側の保土ヶ谷科学工場を破壊した。その他にも日東紡、東北振興アルミ、浜津鉄工場などに及びこの日だけで死者460人を数える。

P1040165

昭和20年代の空撮による郡山駅前市街地の様子。まだまだビルが少ない。

P1040177_2

昭和30年代の駅前、バス輸送が盛んになって来ている様子が分かる。

P1040178

P1040179

P1040181

昭和30年代後期の様子。

P1040174

そして昭和40年代、雑居ビルが建ち並び、賑やかになってきた。しかし、なんだか雑然としている。

P1040162

P1040175

この頃は駅前に丸光デパートがあり、うすい、津野、とデパートが人でごった返したいい時代であった。

そして、昭和50年、丸井、そして西武、ダイエーが立て続けに開業し、郡山の駅前市街地が黄金時代をむかえる一方、競争激化の時代へ、、、

P1020246

開業当時の丸井郡山店、この頃は森永のレストランがあり、屋上にラジコンのコースがあり、子供達の遊び場だった、、、

P1020247_2

西武(開業当時は西友ストア郡山店)にはガラス張りのエレベーターがあり、すごく革命的なエレベーターだった。

昭和57年、待望の東北新幹線が開業。駅舎も大きく様変わりした。同時に駅ビル SunCityも開業し、駅前は多くの買い物客で賑わった。あれからもう25年も経つ、、、

P1040159_2

新幹線駅に大きな変貌をとげた郡山駅前市街地空撮。まだビッグアイの姿は無い。

P1040170

近代化した駅舎とすっかり取り残されてしまった西口再開発予定地。

P1040160

市街地のもうひとつの核である中町地区。昭和50年代、まだ”第一うすい”と”第二うすい”があり、中央通りの人の多さはすざまじかった。ことに土日は人ごみをかき分けながら進むと行った感じだったのだが・・・

P1020260

在りし日のダイエー郡山店。いまは完全なる空きビルになって、大町地区に当時の隆盛の面影は無い。

P1040195

新幹線のキャッチフレーズ、”ひかりは北へ” だった。新幹線開業当時の看板が懐かしい。

西口再開発は難航した、バブル後の経済状態であった事もあり、三越や大丸などの大手百貨店に出店オファーをしたものの、断られ続け唯一出店に前向きだったのはそごう百貨店だった。しかし、時期を同じくした市長選の結果、地元百貨店の息がかかっていると噂された候補者が当選し、それからの交渉はそごう側に出店の意向を転換させるのに十分な内容に変わったと言われる。結果、市長の対応を不誠実と受け止めそごうは計画を白紙撤回した。これによって郡山の駅前再開発は大きく遅れてしまい、地権者と市の間にも大きな溝を作ってしまった。その後かなりの時間が経過して、最終的に誕生したのが”ビッグアイ”であった。この事で郡山の経済発展が10年は遅れたとも言われた。しかし、考えてみればその後のそごうデパートも赤字経営に苦しみ、地方店の撤退が相次いだため、郡山店が出来たとしても撤退していたかもしれない。そしてまた、鳴り物入りで出来た”ビッグアイ”もテナントが埋まらない赤字経営が続いており市街地の再生は難しい舵取りを要求されている。

P1040157

現在の駅前市街地。再開発によってビッグアイがそびえ立ち、近代的に生まれ変わった。

しかし、客の流れは完全に郊外型大規模店に奪われ、シャッターをおろす小売店が続出。当初言われていた駐車場不足もかなり改善されたのだが、時すでに遅し。客足が遠のいてしまった。また多くの店舗が駐車場を自前で持てる郊外に移転し、富田地区や八山田、日和田などの地区が賑わっている。市や商店街、なども協力してイベントなどを行い活性化を模索しているがいまのところ決め手に欠けている状況である。そうした中、2月の終わりに丸井郡山店が32年間の歴史に幕をおろし、福島県の商業県都といわれている郡山にも大きな大きな影を落としている。中町という街なかに生まれ育った僕にはとても哀しい現実であり、なんの力も持ち合わせないのだが、”無い頭”で僕なりにこれからの事も考えて行きたい。

駅前、人々が行き交い常に情報の中心点である場所、その町の中心地点としての賑わいがある場所、うきうきしながら歩ける場所、その町の象徴として誇れる場所、そういった本当の意味での駅前の復活を期待したい。             郡山街っこのたわごと、、、

P1040229

| | コメント (15)

2006年9月 6日 (水)

はじめまして!!

はじめまして、このブログでは僕の大好きな裏磐梯を中心にその魅力を少しでも多くの方へ
伝えられたらいいなあと思って書いてみたいと思います。
くだらない事も多いかもしれませんが、もし良かったら立ち寄ってみてください。

裏磐梯っていうと皆さんは、どんな印象を持ってらっしゃいますか?
多分修学旅行で行った事がある、 とか、会津観光のなかで立ち寄った、 とか、スキー合宿で、、、
なんて方が多いのではないでしょうか?
五色沼、檜原湖、小野川湖、秋元湖、曽原湖、などなど、湖沼群が多く、また表側とはまったく異なった
荒々しい噴火口を見せる磐梯山も魅力的な素晴らしい場所ですよ。
東京からだと、那須、日光で遊ぶ方が多いようですが、もう少しだけ足を伸ばしてみてください。
アミューズメント的なものは、ほとんどありませんがそのかわり、俗化されてない大自然があなたをまっていますよ。 僕はカヌーや、自転車などで遊んでいますが、キャンプやハイキング、登山、釣り、写真撮影
冬はスキー、スノボ、ワカサギ釣り、などいろいろな遊び方が堪能できます。
是非、遊びに来てください。穴場など、情報交換もできたらいいなとおもっています。よろしくお願いしま〜す。

| | コメント (0) | トラックバック (1)