音楽

2007年6月28日 (木)

昔、こんなものを書いていた。

 大学の頃、オートバイでツーリングに行った後で、紀行文的なものを書いていた。 暇だったのか、書く事が好きだったのか、よくは分からないが、おそらくその両方なのであったのだろう。書いたものは、一部の友人が読んだだけだった。まだ、大事にとってあるので、今回はその一部を写真として、載せてみよう。


P1030724_1

表紙、これは冬の乗鞍に単独でキャンプをしに行ったときのもの。

P1030725_1


P1030726_1

手書きの地図も作った。

P1030727_1

拡大すると・・・

P1030733

写真もたくさん入れた。


P1030742

これって、今だったら、ブログだよね。

P1030744_1

今度、この紀行文をこのブログの上で公開してしまうつもりである。へたくそな文であるが、見てみて欲しい。

| | コメント (5)

2007年6月 5日 (火)

カセットテープ

iPod、携帯着唄フル、?ん こう書くんだっけ 現在、色々な携帯型
音楽プレーヤーが出回っている。 ご多分に漏れず僕もiPodオーナー
である。 使用感、実用性、音の良さ、全てに大満足である。  が、
最近思う。昔は一曲一曲を大切に聴いていた気がする。 CD以後
当たり前ではあるが、スイッチ一つで瞬時に頭出しが出来る。
とてつもなく便利ではあるが、その反面、聴きたい曲以外はすぐに
飛ばしてしまったりするのは僕だけではないはずだ。
昔、レコードとカセットテープが全盛だった頃、頭出しは結構大変
だった。レコードは勿論だが、テープもあまり頻繁に頭出しを行うと
のびてしまうとか、ヘッドが傷むとか、最悪、テープが絡まったりもした。
だから、一曲一曲をきちんと聴いた。 それでこそ、巡り会える隠れた
名曲もあったりしたもんだ。 

高校時代に裏磐梯を自転車で走っていた頃、僕はSONYのWALKMAN
を愛用。聴きながらのツーリングだった。 <音楽を聴きながらの自転車に
ついては、賛否両論あるとは思うが、ここではあえてその問題は伏す。>
そんな中で一番良く聴いたのが、松任谷由実 、ユーミンのアルバム
だ。PEARL PIERCE ・・・ なぜかお気に入りだった。 中でも、大好き
だった一曲が DANG DANG 。 静かなピアノのインストからはじまり、
徐々に盛り上がっていく、恋愛に疲れた女ごころをさわやかに歌った
名曲である。 今、この瞬間も聴きながらブログを書いている・・・・・


青春時代と呼べるであろう、高校時代に、裏磐梯の景色の中、風をきって
走りながら聴いた曲は、いまでも、いつまでも、たいせつな宝物。
自転車のフロントバッグの中で、DANG DANG、ボロボロになっていった
カセットテープ。


P1030555
何百回聴いたか分からない、このカセットテープを今も大切に持っている。
CDや iPodなどで音楽を聴くだけではなく、たまにはあえて、カセットテープ。
   高校時代の裏磐梯にふと戻れそうな・・・・.なんだか、逆に少し贅沢な時間。

| | コメント (0)